技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新規モダリティの事業価値評価およびGO/No-go意思決定のポイント

新規モダリティの事業価値評価およびGO/No-go意思決定のポイント

~事業化に向けた課題と解決代替案とは?~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年11月9日(水) 13時00分 16時00分

プログラム

 2010年代後半から新規モダリティが市場に続々登場して、アンメット医療ニーズに応答してきた。とは言え、難病を含む多くの疾病領域でアンメット医療ニーズに応答する新薬、新規モダリティの登場は期待され続けるだろう。再生医療等製品、DDS創薬、ADC,PDC,核酸医薬、ペプチド医薬、核酸医薬、低分子医薬などの事業価値に対して、ほぼ最大のインパクトを与えるのは薬価であろう。薬価を含め事業化戦略は各モダリティに共通する部分と、個別に異なる部分がある。社会業界通念、企業内通念が痛念となることも多い。
 本セミナーでは、課題と解決代替案を提示します。講演途中でも直後でも、Q&Aディスカッション大歓迎です。インサイダー情報は開示出来ませんが、その場で応答しますので、どうぞ突っ込んでください。突込みQ&Aディスカッションは美徳と常日頃考えるからです。

  • 2010年代後半から新規モダリティが続々市販、アンメット医療ニーズに応答している
  • 新規モダリティとは?医薬事業化戦略、価値最大化視点から
  • 創薬研究段階でシーズ思考と医療ニーズ思考から市販後の製品像TPP (Target Product Profile) をデザインする
  • TPPは限られたデータと多くの仮説に基づき、標準、上方、下方シナリオを策定
  • TPP策定はR&D戦略と事業化戦略のインタラクションが欠かせない R&D-C-Interaction
  • 市場調査、Product-X コンセプトテスト、何を知りたいか?調査会社と協議、実行、効用と限界
  • 市場調査の委受託そして調査結果の活用には上手/下手あり?その分かれ目は何か? (一部)
  • 患者、医師、医療関係者、当局、保険者、製薬企業 (6P) にとって6方よし実現が求められる
  • 2010年代後半から新規モダリティが続々市販、アンメット医療ニーズに応答している
  • 新規モダリティとは?医薬事業化戦略、価値最大化視点から
  • 創薬研究段階でシーズ思考と医療ニーズ思考から市販後の製品像TPP (Target Product Profile) をデザインする
  • TPPは限られたデータと多くの仮説に基づき、標準、上方、下方シナリオを策定
  • TPP策定はR&D戦略と事業化戦略のインタラクションが欠かせない R&D-C-Interaction
  • 市場調査、Product-X コンセプトテスト、何を知りたいか?調査会社と協議、実行、効用と限界
  • 市場調査の委受託そして調査結果の活用には上手/下手あり?その分かれ目は何か? (一部)
  • 患者、医師、医療関係者、当局、保険者、製薬企業 (6P) にとって6方よし実現が求められる

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/5 一般医薬品における技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 オンライン
2022/12/5 クラウドのCSV実践 / SaaSのバリデーション、クラウド基盤の適格性評価 オンライン
2022/12/6 QC・QAのための分析法バリデーション含む試験方法基礎セミナー オンライン
2022/12/7 技術の事業化シリーズ 2日間講座 オンライン
2022/12/7 供給者の適格性審査の手順・評価・監査のポイントとQAとして求められる査察対応準備 オンライン
2022/12/7 体外診断薬と診断技術に関する特許戦略 オンライン
2022/12/7 米国 医薬品・医療機器におけるFDA規制と査察 オンライン
2022/12/7 臨床研究法において製薬企業及び医療機関が留意すべき事項 オンライン
2022/12/7 不純物を見据えた遺伝毒性 (変異原性) 試験のプロトコル・評価・考察・報告書作成ノウハウ オンライン
2022/12/8 GMP事例集 (2022年版) 徹底解説セミナー オンライン
2022/12/8 医療情報・学術担当者のための医学統計入門 オンライン
2022/12/8 変形性関節症の病態/治療・診断技術の現状と臨床現場が望む新薬像 オンライン
2022/12/8 再生医療等製品・遺伝子治療薬における費用対効果評価と薬価戦略・申請 オンライン
2022/12/9 核酸医薬品における承認申請作成/必要なデータ/パッケージ内容とCMC/品質評価・不純物分析/DDS・製剤化 (2日間) オンライン
2022/12/9 核酸医薬品における承認申請作成/必要なデータ/パッケージ内容とCMC/品質評価・不純物分析/DDS・製剤化 Aコース「CMC・不純物・製剤」編 オンライン
2022/12/9 医薬品のための、凍結乾燥プロセスのメカニズム・必須知識・最適化の考え方 オンライン
2022/12/9 医薬分野における効率的な特許調査のポイント オンライン
2022/12/9 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 オンライン
2022/12/9 核酸医薬品における承認申請作成/必要なデータ/パッケージ内容とCMC/品質評価・不純物分析/DDS・製剤化 Bコース「承認申請・非臨床〜臨床」編 オンライン
2022/12/9 核酸医薬品における承認申請作成/必要なデータ/パッケージ内容とCMC/品質評価・不純物分析/DDS・製剤化 (2日間) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/7/29 ペプチド医薬品の開発・事業化戦略および合成・分析・製造ノウハウ
2022/3/31 疾患原因遺伝子・タンパク質の解析技術と創薬/診断技術への応用
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール (書籍 + ebook版)
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集