技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

分析法バリデーション入門講座

分析法バリデーション入門講座

~直線性 / 範囲 / 真度 / 併行精度 / 室内再現精度 / 検出限界 / 定量限界 / 頑健性~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、分析能パラメータ、分析法バリデーションに必要な統計の基礎、分析バリデーションの実施例、分析能パラメータの基準値設定の考え方について分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2022年9月28日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 分析バリデーションに携わる担当者、管理者
  • これから医薬品等のCMC関連業務に携わる方

修得知識

  • 統計の基礎
  • 分析法バリデーションの基礎
  • 分析能パラメータの評価方法
  • 分析法バリデーションの実施例
  • 分析能パラメータの基準値設定の考え方

プログラム

 医薬品や原薬等のGLP試験からGMP生産までの開発過程において、試料および関連試料の様々なロットを信頼できる方法で分析しなければならない。使用する分析法が信頼できることを確認するためには、分析法バリデーション (分析能パラメータの評価) を実施し、分析法が意図する目的に合致していることを科学的に立証することが重要である。
 一方、承認申請の際には、講演当日に説明する分析法バリデーションのデータを提出する必要があるため、バリデーションの結果が申請用添付資料に含まれていなければ、審査部門から分析法バリデーションのデータを求める照会が発出される。
 今回は、これから医薬品等のCMC関連業務に携わる方、分析法バリデーションに不慣れな方を対象に、分析能パラメータの評価方法、分析法バリデーションの実施例、ならびに分析能パラメータの基準値設定についての考え方について分かりやすく解説致します。また、質疑応答の時間を十分にとり、分析法バリデーションやその他のCMC業務に関する様々な疑問点にお答えしたいと思っておりますので、奮ってご参加下さい。

  1. 分析法バリデーションの基礎
    1. 分析法バリデーションとは
    2. 母集団 (分布の中心位置とバラツキ) および標本 (平均値と標準偏差) とは
    3. 標準偏差 (バラツキ) に関する基礎知識
    4. 分析法バリデーションをいつ実施しますか?
    5. 承認申請と分析法バリデーション
    6. 医薬品開発初期で推奨される分析法バリデーション
    7. 関連するガイドライン
    8. 新ガイドラインに関する意見募集について
  2. 分析能パラメータの評価方法、並びに必要とされるデータ
    1. 特異性
      • 代表的なクロマトグラム
    2. 直線性
      • 必要に応じて最小二乗法による回帰直線の計算
    3. 範囲
    4. 真度
      • 分析法の全操作を少なくとも9回繰り返す
      • 真度およびt分布を用いる真度の信頼区間
    5. 併行精度
      • 標準偏差およびカイ二乗分布を用いる標準偏差の信頼区間
    6. 室内再現精度
      • 6日間の測定
      • 2日間の測定
    7. 検出限界
      • 視覚的評価又はシグナル対ノイズ比による方法:クロマトグラム
      • 計算又は外挿による方法:別途分析を行い、妥当性を確認
    8. 定量限界
      • 定量限界を求めるときに用いた方法を記載
      • 別途分析することによって定量限界が妥当であることを示す
    9. 頑健性
      • LC分離に関する実施例
  3. 承認審査と分析法バリデーション
    1. 申請時に検討が必要なパラメータ
    2. LCの限度試験において実施すべき分析能パラメータ
    3. 分析法バリデーションに係る審査照会事例
  4. 分析法バリデーションの実施例
    1. 確認試験
      • 呈色反応
      • 赤外吸収スペクトル測定法
      • 薄層クロマトグラフィー
    2. 純度試験
      • LCによる類縁物質の定量
      • 重金属
    3. 定量法
      • LCによる有効成分の定量
  5. GMPにおける局方収載試験法のベリフィケーションとは
  6. 分析能パラメータの基準値についての考え方
    1. 開発過程における基準値の役割
    2. 特異性
    3. 直線性
    4. 真度
    5. 併行精度
    6. 室内再現精度

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/12 CSR/CTDの統計的記述を理解するために必要な統計解析の基礎 オンライン
2022/12/12 治験薬GMPと医薬品GMPの相違点 オンライン
2022/12/12 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/ トラブル事例とQbDに基づく重要品質特性・重要工程パラメータ設定 オンライン
2022/12/13 次世代抗体/バイオ医薬品にむけた低分子抗体の技術的課題と開発・高機能化 オンライン
2022/12/13 グローバル開発でのEU-RMP/REMS/J-RMPの比較・差異とRMP (医薬品リスク管理計画) 作成・安全対策の留意点 オンライン
2022/12/14 事業戦略の視点での外部R&Dイノベーションの評価と事業性予測/評価 (Go/No GO判断) ノウハウ オンライン
2022/12/14 臨床研究法において製薬企業及び医療機関が留意すべき事項 オンライン
2022/12/15 QC・QAのための分析法バリデーション含む試験方法基礎セミナー オンライン
2022/12/15 デジタルヘルスケア・新医療機器・DTx開発における薬機法対応とビジネス戦略のポイント オンライン
2022/12/15 改訂Annex1が要求する無菌製剤製造工程での汚染管理戦略と適切な施設設計 (ハード) ・運用管理 (ソフト) の設定 オンライン
2022/12/15 近未来型ワクチンの開発動向や課題 オンライン
2022/12/16 各国DMF (US中心にEU、CANADA、日本他) の特徴・作成とeCTD/eSubmissionを用いての具体的な登録・変更・更新・LOA申請方法 オンライン
2022/12/16 供給者の適格性審査の手順・評価・監査のポイントとQAとして求められる査察対応準備 オンライン
2022/12/16 臨床試験におけるサンプルサイズ設計の基礎と具体的な事例による実践 オンライン
2022/12/16 オーファンドラッグ開発における事業戦略構築とRWDの使い方 オンライン
2022/12/16 GDPR (EU一般データ保護規則) の基礎と実践 オンライン
2022/12/19 環状ペプチドの効率的な合成・スケールアップと創薬展開 オンライン
2022/12/19 洗浄バリデーションの基礎とQ&Aから見る注意点 オンライン
2022/12/19 QA業務における逸脱防止の具体的対策と再発を防ぐ効果的な教育 オンライン
2022/12/19 アジア申請 (ASEAN、東アジア、インドなど) におけるACTDを含む申請のポイントと各国要求事項 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/8/31 医療機器の設計開発における統計的手法とそのサンプルサイズ設定
2022/7/29 ペプチド医薬品の開発・事業化戦略および合成・分析・製造ノウハウ
2022/3/31 疾患原因遺伝子・タンパク質の解析技術と創薬/診断技術への応用
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール (書籍 + ebook版)
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ