技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新規医薬品の将来患者数予測および市場規模推計と受容性検証

新規医薬品の将来患者数予測および市場規模推計と受容性検証

~新規モダリティや希少疾患など、新しい製品カテゴリの市場をいかに推計、検証するか~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年8月26日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 デスクリサーチによる患者数・市場規模の推計

(2022年8月26日 10:00〜12:00)

 患者数予測と薬価戦略は、将来的な売上予測だけではなく、臨床開発の計画やマーケットアクセス戦略にも重要となっている。
 本講演では、デスクサーチや既存の疫学・レセプトデータおよびNDBオープンデータなど様々な入手可能な情報を活用した患者数予測や、現行の薬価制度とマーケットアクセスを考慮した今後の薬価戦略を概説する。

  1. 患者数将来予測の重要性
  2. 疫学文献や人口動態を用いた有病率・患者数の推計方法
    1. 文献検索の方法
    2. 文献情報の統合
    3. 有病率・患者数推計
    4. 人口動態を用いた将来予測方法
  3. データベースを用いた患者数予測
    1. 日本で使用可能なデータの種類と特徴
      • 疫学データ
      • 医療データ (レセプト・薬局・病院)
      • NDBオープンデータ
    2. NDBオープンデータによる患者数と売り上げ推計
    3. 売上予測における患者数推計の留意点
  4. 薬価制度と薬価戦略
    1. 医薬品承認から薬価収載まで
    2. 薬価算定の方法
    3. 医薬品と医療技術評価
    4. マーケットアクセスを考慮した薬価戦略
    • 質疑応答

第2部 不確実性を織り込んだ新規医薬品の市場の規模/製品売上予測

(2022年8月26日 12:45〜14:45)

 近年、これまで治療が困難であった疾患や症状に対して、また創薬ターゲットへの新たなアプローチとして、改変抗体、核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療などの新規モダリティによる医薬品が数多く開発されるようになってきた。新規モダリティのオリジネーターはアカデミアやスタートアップ企業も多く、新規参入、導入、M&Aを模索する製薬企業側としても、これまで経験したことのない疾患や市場について、より早期の研究開発ステージからビジネス評価を行う必要に迫られている。
 本セミナーでは、市場規模や売上予測の概念、実施方法を解説すると共に、これまで経験したことのない市場、治療薬のない市場やモダリティなどの不確実性の高い新規医薬品の評価に対するアプローチや重要なポイントについて、事例を交えて解説する。

  1. 中外製薬 株式会社 とは?
    • 中外製薬の特徴
    • 中外製薬の事業モデル
  2. 売上予測の概念
    • 売上予測の4つの目的とタイミング
    • 売上予測を行うための典型的なモデル
    • 疫学/需要モデルの構成要素と情報源
    • 売上予測の研究開発ステージと粒度
  3. 市場規模/売上予測が難しくなっている理由
    • 治療モダリティ (治療手段) の変遷
    • 希少疾患ビジネスへの期待と不安
    • 新規モダリティのビジネス評価のタイミング
    • 不確実性の高い評価で悩まされる認知バイアス
  4. 不確実性の高い市場規模/売上予測へのアプローチ
    • 判らない市場を理解するためのアプローチ
    • TPP作成のタイミングと3つのポイント
    • 新たな治療で市場はどう変わるか
    • 売上構成要素/不確実性要素の留意点と推計方法
  5. 製品チームや経営から信頼の得られるビジネス評価のために
    • 中外製薬でのビジネス評価実施の流れ
    • 売上予測/事業性評価の役割と目指すところ
    • 市場調査と売上予測/事業性評価の関係
    • 質疑応答
      (2022年8月26日 15:00〜17:00)

第3部 開発早期における市場受容性・検証でのマーケットリサーチの活用

 製品導入候補品の事業性と開発リスク評価にあたっては、不確実性の高い遠い将来を見通し、市場のニーズを踏まえた事業性評価を行なわなければ意思決定を誤るリスクは高くなっている。市場の声を的確に捉え、Unmet Medical Needsを踏まえた導入の意思決定と戦略策定を行なっていくという考え方と、マーケットリサーチの最適な活用がますます重要になっている。

  1. 早期開発段階の事業性評価の難しさ
    • 遠い将来の不確実性 – マーケットイベントと市場ランドスケープ変化
  2. 早期開発段階で行う事業性評価におけるマーケットリサーチ
    • 早期開発段階で行うマーケットリサーチの種類
    • 新規市場を知るということ
    • 海外のマーケットリサーチ
    • 現在の市場ランドスケープ
    • アンメットメディカルニーズ
    • 開発品コンセプト・TPPへの評価
  3. マーケットリサーチ企画・設計のポイント
    • マーケットリサーチ企画のポイント
    • マーケットリサーチを起案するプロセス
    • 手法選択・基本設計のポイント
    • 調査票・ディスカッションガイド、提示資料 (製品Xプロファイル等) 等、作成のポイント
    • 売上予測のための質問設計
  4. リサーチ会社との付き合い方
    • 質疑応答

講師

  • 大西 佳恵
    クリエイティブ・スーティカル 株式会社
    日本代表
  • 高山 健次
    中外製薬 株式会社 ビジネスインサイト&ストラテジー部
    ビジネスアナリシスプロフェッショナル
  • 佐々木 岳
    株式会社 シード・プランニング
    専務執行役員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/3 再生医療等製品における商品コンセプト構築と開発戦略 オンライン
2022/10/4 3極整合性をふまえたバイオ医薬品における承認申請資料CTD/CMC部分の作成要点と照会事項低減 オンライン
2022/10/4 バイオ医薬品CTD作成コース「製造工程に関するCTD作成」「3極整合性をふまえたCTD作成」 (2日間) オンライン
2022/10/5 ICH・各種規制に対応した原薬CTD、DMFの作成 オンライン
2022/10/5 オーソライズド・ジェネリック (AG) の現状分析とビジネス展望 オンライン
2022/10/5 研究開発部門と他部門の連携によるR&D成果の早期事業化とその仕組み作り オンライン
2022/10/5 GMP監査と当局査察・無通告査察対応セミナー オンライン
2022/10/6 製薬関連の分野における統計的因果推論入門 オンライン
2022/10/6 新医薬品の承認審査資料から読み解く新添加剤の開発戦略と安全性データ オンライン
2022/10/6 中・高分子医薬品DDS技術コース (2コース) オンライン
2022/10/7 CMC試験における信頼性基準適用の考え方と生データの取扱い及びQC/QAの指摘事例 オンライン
2022/10/7 令和4年度診療報酬改定・薬価改定と新薬の薬価収載について オンライン
2022/10/10 GDPに対応する温度・文書管理・バリデーションと輸送業者の管理 オンライン
2022/10/10 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン
2022/10/11 細胞培養の基礎と品質管理/品質評価の実践ノウハウ オンライン
2022/10/11 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 オンライン
2022/10/11 医薬品・医療機器業界における共同研究をリードするための契約実務基礎講座 オンライン
2022/10/11 無菌医薬品、滅菌医療機器のパラメトリックリリース オンライン
2022/10/12 FDA査察対応セミナー オンライン
2022/10/12 新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/7/29 ペプチド医薬品の開発・事業化戦略および合成・分析・製造ノウハウ
2022/3/31 疾患原因遺伝子・タンパク質の解析技術と創薬/診断技術への応用
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール (書籍 + ebook版)
2021/5/27 [Global] 治験/市販後での安全性情報の収集・評価・報告要否とPVベンダーコントロール
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/4/27 各国要求及び治験環境と現地の実情
2020/3/30 当局要求をふまえたデータインテグリティ手順書作成の要点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -