技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

強い特許明細書・特許クレームの作成手法 (実務ノウハウを中心に)

強い特許明細書・特許クレームの作成手法 (実務ノウハウを中心に)

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、長年の特許実務経験を有する講師が、近年の実務傾向も踏まえつつ、多くの具体例を基に「あるべき明細書」について、単なる教科書的な知識を超えた、幅広い視点と考えるヒントを提供いたします。

開催日

  • 2022年7月8日(金) 13時00分 17時00分

修得知識

  • 事業に役立つ「強い特許」とは何か
  • 強い特許明細書・特許クレームを作成するための具体的なポイント
  • 個々の特許の位置付けに応じて明細書とクレームを最適化する戦略思考

プログラム

 一般に特許明細書 (特許クレームを含む) の「質」は、権利を確保し易いかに加え、特許活用での使い勝手、さらに自社の事業計画との整合性や市場の競争環境への応答度もふまえて評価され、これら全てを満たして真に事業に貢献できる特許、すなわち「強い特許」といえます。
 このように「質の高い明細書」は個々の出願に期待される役割に応じて柔軟に、全体最適も意識して検討する必要があります。一連の考慮事項に限られた時間で対応することは簡単ではありませんが、ポイントを押さえつつ、関係者と上手く連携することで、戦略目標に沿った明細書作成を効率的に実現できます。
 本講座では以上の観点から、長年の特許実務経験を有する講師が、近年の実務傾向も踏まえつつ、多くの具体例を基に「あるべき明細書」について、単なる教科書的な知識を超えた、幅広い視点と考えるヒントを提供します。主に明細書作成を一通り経験した初級者のステップアップ向けを想定しておりますが、中上級者が実務を振り返り新たな気づきを得る機会としても役立てるような内容といたします。

  1. はじめに – 「強い特許」について
    1. 特許は「早い者勝ち・出した者勝ち」
    2. なぜ「強い特許」が求められるのか
    3. そもそも「強い特許」とは
    4. 特許を「活用」することの意味
    5. 個別最適と全体最適
  2. 「強い特許」の作成を実践するために
    1. 特許出願までのフローを考える
    2. 権利化までのストーリを考える
    3. 補正の「新規事項」のルールと運用を考える
    4. グローバルに考える
  3. 「強い特許クレーム」作成のポイント
    1. 妥当なクレーム数の設定
    2. 多面的・重層的なクレーム作成
    3. 発明の本質を捉えること
    4. 特許的に「明確」な表現とは
    5. 他社品を基準に表現すること
    6. サプライチェーンを意識すること
  4. 「強い特許明細書」作成のポイント
    1. 背景技術
      1. 引用公報の選定と説明の要点
      2. ネガティブ記載とポジティブ記載
    2. 解決課題と効果
      1. 解決課題の設定が成否を分ける
      2. 解決課題と効果の表裏一体性について
      3. 効果を生む理論/機序を記載すべきか
    3. 他の一般記載
      1. クレームのサポート記載の役割
      2. 用語の定義と測定・評価条件
      3. 中位概念を設定することの重要性
      4. 任意的成分・構成の記載について
    4. 実施例
      1. 効果実証データ取得の考え方
      2. 適正なデータ量と効果の表現手法
      3. 実施例の実施可能性について
    5. 図面について
  5. 「強い特許網」構築へのポイント
    1. 全般的な留意点
    2. 戦略的分割出願の可能性の考慮
    3. 先願後願/関連出願の関係性の考慮
  6. おわりに – 知財の「目利き」になろう
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/18 パテントクリアランスの実際 オンライン
2022/8/22 日本および海外における体外診断薬特許戦略 オンライン
2022/8/23 バイオ・ライフサイエンス分野における特許明細書作成のポイント オンライン
2022/8/24 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2022/8/25 英文契約書の読み方・書き方基礎講座 オンライン
2022/8/25 核酸・ペプチド (中分子医薬品) の特許調査の基礎と実践 オンライン
2022/8/25 進歩性の意味、理解できていますか? オンライン
2022/8/25 医薬品R&Dと知財デューデリジェンス オンライン
2022/9/5 他社特許の活かし方と "強い" 特許を得る方法 オンライン
2022/9/5 特許情報・マーケティング情報の収集・分析と商品開発への活用 オンライン
2022/9/8 トラブル事例から学ぶ大学との共同研究契約のチェックポイントと留意点 オンライン
2022/9/26 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン
2022/9/27 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2022/9/28 テキストマイニング、機械学習による特許情報解析、先行技術調査の効率化 オンライン
2022/9/28 特許戦略、分かっていますか? オンライン
2022/9/29 分子設計の基礎から実用化プロセスまでの必須知識 オンライン
2022/9/30 パテントマップを用いた開発戦略・知財戦略の策定と実践方法 オンライン
2022/10/4 特許情報から見る5G技術を支えるLCPの量産化動向 オンライン
2022/10/6 AI (人工知能) の倫理問題と求められる企業対応 オンライン
2022/10/7 創薬シーズを早く活用するためのAI創薬の知財戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書