技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用磁気センサの技術開発と設計手法

車載用磁気センサの技術開発と設計手法

~初めて、取り組む方から、現在、開発に携わっている方まで~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは自動車用センサ開発の第一線で多くの実績のある技術士が、失敗例や失敗しないコツなど経験を交えて解説し、実践的な磁気センサの開発手法を詳解いたします。

開催日

  • 2022年3月25日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

 自動車の電子化、自動化が進む今、センサは車両制御、自動運転に必須の技術であり、各メーカーがセンサシステム開発を加速させています。センサに要求される機能、精度や信頼性はますます高くなっており、センサを設計開発あるいは活用するには、センサの種類や特徴、動作原理やその根本を知っておくことが、重要となっています。
 センサは様々な種類がありますが、それらはいずれも磁気、力、温度、光、などの物理原理を適用し組み込むことで、検出を可能にしています。その中でも磁気を使ったセンサは最も応用範囲が広く、多くの用途で使われています。磁気センサは各種センサの中で最も基本的かつ重要なセンサと位置付けることができます。
 本セミナーでは自動車用センサ開発の第一線で多くの実績のある技術士が、失敗例や失敗しないコツなど経験を交えた説明を行うことで、実践的な”磁気センサの開発手法”を理解いただけるかと思います。
 また本セミナーでは”磁気センサ”の技術内容だけでなく、各種センサの特徴やセンサ開発の進め方についても解説紹介しており、実業務で進めるにあたっては、参考になるかと思います。

  1. センサの一般知識
    1. センサとは
    2. 各種センサの主な原理と特徴
      1. 磁気センサ
      2. 温度センサ
      3. ひずみ応用センサ
        • 荷重
        • 圧力
        • 加速度
        • 音波
      4. 光センサ
      5. 化学センサ
    3. 磁気センサの特徴
    4. 磁気センサの用途
      1. 自動車用
      2. 一般工業用
      3. 医療用
        • 心磁図
        • 脳図
  2. 開発の進め方について
    1. 研究開発と事業化
    2. 開発ステップの特徴とターゲットの決め方
      1. 各ステップの特徴
      2. 技術開発から商品化への進め方
      3. マーケティング手法の活用
    3. 開発の進め方
      1. 検出対象の明確化~開発環境整備までのステップ
  3. 磁気回路の設計知識
    1. 磁石の物理的意味
      1. 磁性体とは
      2. 磁気の源は
      3. 強磁性体の構造
        • 磁区
        • 磁壁
      4. 初期磁化曲線
      5. 磁化と磁気異方性
    2. 磁気設計に必要な電磁気知識
      1. 磁界と磁束
      2. 電流による磁界
      3. 磁界中の強磁性体とその関係式
    3. 磁石設計技術
      1. 磁石技術データの見方と減磁曲線
      2. 減磁曲線の詳細説明
        • J – H曲線
        • B – H曲線
        • 最大エネルギー積
        • 反磁界
        • 動作点とパーミアンス係数
        • 可逆減磁と不可逆減磁
    4. 各磁石材質と特徴
      1. フェライト磁石、アルニコ磁石、希土類磁石、ボンド磁石
      2. 各磁石の減磁曲線
      3. 磁石製造工程と磁気異方性
    5. 磁気回路の設計
      1. 各種磁性材料と特徴
      2. 軟磁性コアと使い方の留意点
      3. シミュレーションと実機確認
  4. センシングデバイスの知識と特徴
    1. 各デバイスの特徴、特質
      1. リードSW 、ピックアップコイル
      2. ホール素子/IC
      3. 半導体MR
      4. AMR (強磁性MR)
      5. GMR/TMR
      6. MI素子、ほか
      7. レゾルバ、渦電流式など
    2. よく使われるデバイス例と実使用方法
      1. ホールICの長短所と留意すべき実設計
        • エレメント方式
        • 回路方式
        • 留意点
      2. MR素子の長短所と留意すべき実設計
        • エレメント方式
        • 回路方式
        • 留意点
  5. 構造設計 (付録)
    1. 環境条件と品質設計
    2. 主な構成部品の設計留意点

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 次世代ミリ波システムに望まれる材料と応用 オンライン
2022/7/15 自動車の電動化、脱炭素化の動向と関連製品の今後の展望 オンライン
2022/7/15 カウンタードローン技術、ドローンの安全対策技術および法規制の動き オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/7/25 車載ディスプレイの曲面化と複雑形状に対応する印刷技術等の最新動向 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 画像認識技術およびディープラーニングの基礎・入門と応用展開 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/8/3 CASE実現へ向けた車載機器の熱対策 オンライン
2022/8/5 ドローン/自律飛行ロボットの進化とカウンター・ドローン技術および法規制動向 オンライン
2022/8/9 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (バイオ・フレキシブル・ストレス) オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/22 e-Axleを事例にその周辺部材の小型軽量化と信頼性向上 オンライン
2022/8/31 磁気センサの技術開発と設計手法 オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/2 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン
2022/9/16 距離画像センサの測距原理と3Dセンサの応用 会場

関連する出版物

発行年月
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/10/25 車両の自動運転技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/25 車両の自動運転技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/11 新しい磁気センサとその応用