技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

NMR法による高分子の構造、物性解析

NMR法による高分子の構造、物性解析

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、NMRの原理と測定について基礎から解説いたします。
また、試料の調製、測定条件の設定、スペクトルの読み方、実務で使えるテクニックを解説いたします。

開催日

  • 2022年3月16日(水) 10時30分 16時45分

修得知識

  • 溶液NMR法による合成高分子の構造解析の守備範囲、測定の種類とノウハウ

プログラム

第1部 NMRによる高分子分析のための前処理と一次構造解析

(2022年3月16日 10:30〜12:00)

  1. 粉砕
  2. 分離
    1. 抽出・濾過
    2. 溶解再沈
    3. クロマトグラフィー
  3. 反応
    1. 分解
    2. 誘導体化
  4. 前処理における注意点
  5. 高分子の一次構造解析
    1. 共重合比率
    2. 末端基構造
    3. 立体規則性
    4. 共重合連鎖分布
    • 質疑応答

第2部 パルスNMRによる高分子の分子運動性解析

(2022年3月16日 13:00〜14:30)

 パルスNMRはNMRの一種であるが、一般的な高磁場・高分解能のNMRのように、化学シフト情報より化学構造を決めるのではなく、緩和時間測定により試料中の分子の運動性を評価することで、主に試料の物性情報を得る手法である。一方で、結晶性の樹脂であれば結晶部と非晶部について、エポキシ樹脂のような硬化性の樹脂であれば、架橋部と非架橋部についての情報がそれぞれ得られるため、結晶化度や架橋度のような構造解析的な検討も可能である。また、10mmφ程度のNMR管内に試料が封入できれば測定が可能であるため、非常に簡易に測定できる手法である。
 パルスNMRでは、分子運動性が低い固体のような状態の試料ではSolid Echo法、運動性が高い液体のような状態の試料ではCarr Purcell Meiboon Gill (CPMG) 法といったように、試料の状態によって異なる測定手法を使い分ける。それにより、固体から液体まで様々な試料を測定することが可能であり、溶融状態のポリマーや未架橋状態の架橋樹脂など様々なポリマーについて測定ができる。また、温度変化と組み合わせることで熱硬化性樹脂の反応追跡なども可能である。
 本講では、パルスNMRを用いてポリマーの分子運動性解析を行った例について紹介する。

  1. 結晶性樹脂の分子運動性解析
  2. 架橋樹脂の分子運動性解析
    1. 架橋度評価
    2. 架橋反応による架橋点の経時変化の評価
    3. 感温性ゲルのゲル化挙動解析
    • 質疑応答

第3部 溶液NMR法によるポリマーの構造解析

(2022年3月16日 14:45〜16:45)

 合成高分子の構造を溶液NMRで解析・評価する手法について、具体例を挙げながら紹介する。溶液NMR法は、高分子の一次構造・化学構造の解析に有用であると広く認識されているが、高分子固体の凝集高次構造・物性の評価に適用できる場合があることも紹介します。

  1. 溶液NMR法による構造解析を始めるにあたって
    1. 合成高分子の一次・高次構造を整理する
    2. 合成高分子と天然高分子の違い
    3. 溶液NMR法の利点と欠点
    4. 測定試料の調製で気をつけたいこと
    5. 測定条件を設定する上で知っておきたいこと
  2. 構造解析の実際
    1. 末端基定量法で分子量を調べる
    2. DOSY法で分子量・分布を調べる
    3. 立体規則性を調べる
    4. 共重合体組成を調べる
    5. 多変量解析を応用する
    6. 溶液ではない試料を溶液NMR法で調べる
      ~ 共存気体のNMRスペクトルから間接的に凝集高次構造を評価する ~
    • 質疑応答

講師

  • 菅沼 こと
    帝人 株式会社 構造解析センター
    主任研究員
  • 亀谷 俊輔
    株式会社 三井化学分析センター 構造解析研究部
  • 吉水 広明
    名古屋工業大学 大学院 工学研究科 生命応用化学専攻 ソフトマテリアル分野
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/20 ゴム材料のトライボロジー入門講座 オンライン
2022/1/21 プラスチックスのリサイクルやバイオマス利用などの環境対策の現状と技術動向、および今後の展望 オンライン
2022/1/21 ゲル化剤・増粘剤の基礎・特性・評価法 大阪府 オンライン
2022/1/24 CO2を用いた化学品、高分子材料の合成とその応用 オンライン
2022/1/24 ポリビニルアルコール (PVA) の構造、物性およびその応用展開 オンライン
2022/1/24 医用高分子材料の基礎と応用 オンライン
2022/1/24 バイオプラスチックの基礎と応用が分かる半日速習セミナー オンライン
2022/1/25 UV硬化の基礎と不良対策Q&A オンライン
2022/1/25 高電圧機器における高分子絶縁材料の劣化診断技術 オンライン
2022/1/25 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える オンライン
2022/1/26 架橋技術 オンライン
2022/1/27 ゾル-ゲル法の基礎と材料合成、(新規) 材料開発で活用するための実用的な総合知識 オンライン
2022/1/27 射出成形を事例にしたプラスチック加工の基礎と最新の加工技術 オンライン
2022/1/27 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 オンライン
2022/1/28 プラスチック/ゴムの劣化・破壊メカニズムとその事例および寿命予測法 オンライン
2022/1/28 高分子の熱分析 オンライン
2022/1/31 高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成と制御技術 オンライン
2022/1/31 バイオマスプラスチックの開発、環境負荷の低減とその評価技術 オンライン
2022/1/31 EUVレジスト材料開発と評価・プロセス技術 オンライン
2022/2/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン