技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

表面・界面の考え方と分析の基礎と実践応用

表面・界面の考え方と分析の基礎と実践応用

~技術的テクニック、コツ、ノウハウからを事例を交えて解説~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、表面、界面の基礎から、分析評価を中心にして、その姿を明らかにして利用するためのアプローチについて、技術的テクニック、コツやノウハウから、考え方、アプローチに方法まで応用アプリケーションの事例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2021年10月12日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 表面分析の基礎
  • 表面分析の考え方と活用法
  • 各種表面分析手法の使い方
  • 表面、界面の可視化法
  • 研究開発、問題解決へのフィードバック

プログラム

 表面、界面はあらゆる技術や製品の基盤となるものであり、現在扱われる材料やプロセス、技術、商品で表面や界面が関与していないものは無いと言っても過言ではない。これは言い方を変えると、現代は表面、界面に支配されているということになる。これほど重要なものであることから、分析手法一つにしても多種多様なものが開発され、利用されている。しかし、一方で表面や、特に界面はまだ未解明な部分も多く、その本当の姿を明らかにして利用することは容易ではない。
 本講では、表面、界面の基礎から、分析評価を中心にして、その姿を明らかにして利用するためのアプローチについて、技術的テクニック、コツやノウハウから、考え方、アプローチに方法まで応用アプリケーションの事例を交えて解説する。

  1. 表面に支配される現代社会
  2. 表面とは
    1. 表面 (薄膜) とは?
    2. 表面・界面が代表的事象
    3. 表面の要素
    4. 表面における現象
  3. 界面とは
    1. 界面における現象
    2. 多層膜による界面形成
    3. 薄膜化による界面の変化
  4. 表面・界面を支配するもの
    1. 界面形成
    2. 界面を形成する力
    3. 表面・界面形成を支配するもの
    4. 表面・界面形成因子と評価法
  5. 表面分析成功のキーポイント
    1. 表面分析の心構え
    2. サンプルの取り扱い
    3. サンプリング
    4. 裏表の表示
    5. 汚染の例:両面テープによる汚染
  6. 代表的表面分析手法
    1. 表面分析の分類
    2. 表面分析に用いる主な手法と選び方
    3. 表面・微小部の代表的分析手法
    4. 手法の選択
  7. X線光電子分光法 (XPS,ESCA)
    1. XPSの原理
    2. XPSの検出深さ
    3. XPSの特徴?
    4. ワイドスキャン (サーベイスキャン)
    5. ナロースキャン (代表的な元素)
    6. 元素同定
    7. 化学状態の同定
    8. 角度変化測定による深さ方向分析
    9. ハイブリッド分析
    10. チャージアップ
    11. 化学状態による違い
    12. チャージアップへの工夫
    13. イオンエッチングとダメージ
    14. エッチング条件とスパッタレート
    15. イオンエッチングによるクロスコンタミ
    16. 界面で正体不明のピークシフト
    17. ちょっと便利なサイトやソフト
  8. オージェ電子分光法 (AES)
    1. 微小領域の元素分析手法
    2. AESの原理
    3. AES測定例
    4. 界面拡散の分析
    5. AESによる状態分析例
    6. チャージアップ抑制
    7. 絶縁体上の異物
    8. 化学状態マッピング
    9. XPSとAESの手法の比較
  9. X線マイクロアナライザ (EPMA)
    1. EPMAの原理
    2. 元素分布分析 (被着体金属基板の断面)
    3. 積層膜の分析例
    4. 観察領域 (入射電子の拡散シミュレーション)
  10. 化学構造を知る
  11. フーリエ変換赤外分光法 (FT-IR)
    1. 赤外分光法 (IR) の原理
    2. FT-IRの長所・短所
    3. 測定法
    4. 主な吸収帯
    5. 赤外分光の構造敏感性
    6. 指紋領域の利用
    7. カルボニル基の判別
    8. 系統分析
    9. 帰属の考え方
    10. 全反射法 (ATR法)
    11. In-situ FT-IR
  12. 飛行時間型二次イオン質量分析法 (TOF-SIMS)
    1. SIMSの概念
    2. TOF-SIMSの概要
    3. TOF-MSの原理
    4. TOF-SIMSによる化学構造解析
  13. グロー放電分析 (GD)
    1. GD-MS
    2. 特徴
  14. 形態を知る
    1. 形態観察
  15. SEM、TEM
    1. SEM像
    2. 表面形状と組成
    3. SEM-EDS組成分析
  16. 走査型プローブ顕微鏡 (SPM)
    1. SPMとは
    2. 主な走査型プローブ顕微鏡
    3. 形態観察におけるAFMの位置づけ
    4. 位相イメージング
  17. 界面分析
    1. 界面評価の重要性と課題
      1. 界面の例
      2. 界面の形成と分類
      3. 一般的深さ方向分析
      4. 従来法と問題点
      5. 精密斜め切削法
      6. 斜面角度と深さ方向分解能
      7. 新しいアプローチ
  18. 解析の実例
    1. UV照射による化学構造の評価
    2. 表面構造変化の解析 (XPS)
    3. 気相化学修飾法
    4. 化学修飾法を用いたTOFイメージング
    5. ポリイミドの表面処理層の深さ方向分析
    6. PI/Cu/Si界面の解析
  19. 仮説思考による研究開発と問題解決
    1. 仮説モデルの構築
    2. 目的→ゴール、そして、仮説
    3. 仮説の証明と分析
    4. 課題解決・研究開発とは
    5. 分析の位置づけ 『悪しき誤解』
    6. 単なる道具
    7. 俯瞰視点と仰望視点
    8. 多面視点
  20. まとめと質疑

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/18 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2021/10/21 濃厚系/非水系/多成分系における微粒子・ナノ粒子の分散・凝集制御技術 オンライン
2021/10/22 材料表面への「(超)撥水性」「(超)親水性」の付与技術と制御および評価・応用技術 オンライン
2021/10/27 プラスチックめっきの技術動向と不良対策 オンライン
2021/10/27 シリカの分散・凝集制御とフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2021/10/27 表面化学修飾技術の基礎と最新動向 オンライン
2021/10/28 粘着テープ・粘着剤を使いこなすための必須知識 オンライン
2021/10/28 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2021/10/29 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2021/11/1 接着剤の正しい選び方 & 使い方 オンライン
2021/11/5 超撥水(油)・超親水(油)・滑液性表面の基礎と最先端技術 オンライン
2021/11/5 粉粒体へのコーティング、表面改質技術 オンライン
2021/11/12 アノード酸化 (陽極酸化) プロセスの基礎と応用 愛知県 会場
2021/11/12 塗布膜乾燥のメカニズムと乾燥トラブル対策 オンライン
2021/11/16 濡れ性の基礎と撥水性や親水性を生かした新しい表面利用技術 オンライン
2021/11/16 ゴム・プラスチック / 金属の接着技術と接着信頼性試験・評価方法 オンライン
2021/11/17 大気圧プラズマの基礎及び最適な装置選定指南とその応用 オンライン
2021/11/18 金属の表面処理技術 (化成処理を中心として) オンライン
2021/11/24 熱硬化性CFRPの成形と2次加工の実務ノウハウ オンライン
2021/11/25 塗膜の外観品質に関わる現象の理解と実際 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/1/29 異種材料の接着・接合技術と応用事例
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2016/6/28 異種材料接着・接合技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 両面接着テープ(シート) 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/20 接着剤の正しい選び方・使い方&トラブルシューティング
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/1 超撥水・超親水化のメカニズムとコントロール
2012/1/30 異種材料一体化のための最新技術
2009/7/31 数式のないレオロジー超入門講座
2009/6/30 目的に合った界面活性剤の上手な使い方と選定方法
2008/3/19 多孔体の精密制御と機能・物性評価 新装版