技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

開発段階に応じた品質規格設定とValidation (特に分析法バリデーション) 実施範囲

開発段階に応じた品質規格設定とValidation (特に分析法バリデーション) 実施範囲

~開発段階でのリスクとそれに基づく規格設定/バリデーション~
東京都 開催 オンライン 開催

アーカイブ受講をご希望の場合は、2021年10月8日ごろ配信開始予定 (視聴期間:配信後10日間)

概要

本セミナーでは、各開発段階 (非臨床試験~NDA) における、規格やValidation、製剤を (CQAとの関連を含め) どう考えるか、どこまでデータが必要か、どうあるべきかについて、IQ Consortiumの議論を基に、その取り組み、そして講師の考えを紹介いたします。

開催日

  • 2021年9月28日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • DCSに基づく非臨床試験用製剤の考え方
  • 開発段階に応じた規格設定の考え方
  • 標準品構築の考え方
  • ValidationとVerificationの考え方
  • 品質システムとライフサイクルマネジメントの考え方
  • 査察と適合性調査のポイント

プログラム

 医薬品開発は、非臨床試験が出発点となり、Phase 1, 2, 3試験へと進み、NDAを経て、承認、そして生産につながっていく。この間、製剤 (そのものを含め) の品質規格、Validation (特に分析法バリデーション) は、開発段階に応じたものが求められている。たとえば、FDAの担当官は、講演の中で、‟規格は、開発とともに進化するという一般的な考え方は、十分受け入れられる。”と述べており、こうした開発の進捗にともなう医薬品開発に必要な各種活動の段階的な取り組みが重要となっている。さらに、PIC/S GMP Guidelineには、“医薬品はGMPの要件を考慮に入れた方法で設計され開発されること”と記載されており、開発段階の取り組みとGMPも密接に関係している。
 本セミナーでは、各開発段階 (非臨床試験~NDA) における、規格やValidation、製剤を (CQAとの関連を含め) どう考えるか、どこまでデータが必要か、どうあるべきか、について、IQ Consortiumの議論を基に、その取り組み、そして演者の考えを紹介する。

  1. 医薬品開発プロセスを理解する!
    1. Preformulationと製剤設計
    2. 非臨床試験 – どんな投与方法を採用するか、DCSとBCS –
    3. Phase 1治験 – 一貫性と同等性にどう対応すべきか –
    4. Phase 2治験 – POCとPlacebo製剤製造上の留意点 –
    5. Phase 3治験 – 他の治験薬とどこが違う、Pivotal試験とは –
    6. NDA – CTDについて理解する –
    7. Post-NDA
      • 逸脱・変更管理に基づくライフサイクルマネジメント
  2. 製剤開発のあるべき姿とは!
    1. QbDに基づく製剤開発とは何か
    2. 製剤開発におけるリスクマネジメント
      • リスクとは何か、マネジメントとは何か
    3. どうすれば工程の科学的な理解が得られるか
      • CQA, CMA, CPPと実験計画法の役割り
    4. GMPを意識した製剤開発とは?
  3. すべの活動は、開発段階とともに進化する
    1. 製剤処方・製造プロセスの進化 – 最終製剤はどこで決まるか? –
      • 非臨床用製剤とDCS,
      • Phase 1とPhase 2以降の製剤の一貫性と同等性
      • 処方変更/製法変更への対応
    2. 添加剤の選択と供給業者管理 – 添加剤をどうやって選択するか –
      • 添加剤の選択基準、
      • 添加剤の相互採用、
      • 新規添加剤への対応
    3. 規格及び規格幅の進化 – Report ResultsかFor Information Onlyか –
      • 非臨床試験用製剤の規格の考え方、
      • Phase 1/2用治験薬の規格設定、
      • Phase 3とNDA用製剤の規格の考え方
    4. 分析法・分析法バリデーションの進化 – Validation・いつまでに完了するか –
      • 非臨床段階における試験法のValidation、
      • Phase 1/2 段階における試験法のValidation,
      • Phase 3/NDA段階における試験法のValidation
    5. 標準品の進化 – 一次標準品、二次標準品の作成 –
      • 標準品に求められる品質、
      • 標準品の作成手順、
      • 不純物の標準品はいつまでに?
    6. 治験薬の進化 – Validationか、Verificationか –
      • ValidationかVerificationの判断基準とは、
      • Validationは、なぜ大変か
    7. 技術移転と委受託製造の課題
      • 技術移転に必要となる文書、
      • 技術移転の責任体制、
      • 技術移転と知識管理
  4. 医薬品の品質保証のあるべき姿とは?
    1. 品質システムを理解する – 経営者の役割り? –
    2. Quality Cultureが企業を救う!
    3. Data Integrityと信頼性基準への対応
    4. 査察と適合性調査の事例
  5. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 宮嶋 勝春
    ナノキャリア 株式会社 研究部
    部長

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 30,400円(税別) / 33,440円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナー (アーカイブ配信) のいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。
オンラインセミナーの申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日(開催終了後から10日以内を目途)に、メールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・郵送いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/18 改正GMP省令の理解と現行GMP・改正GMP省令とのギャップ分析をふまえた品質保証体制の整備/文書・記録の整備 オンライン
2021/10/18 食品関連法規と法令違反表現の徹底分析セミナー オンライン
2021/10/19 医薬品エリア戦略における目標達成のための売上データ活用術 オンライン
2021/10/19 経皮吸収製剤における評価と生物学的同等性試験のポイント オンライン
2021/10/20 体外診断用医薬品の事業化、開発マネジメント オンライン
2021/10/20 再生医療を具現化するバイオマテリアル技術の広がりと事業化 オンライン
2021/10/21 GMP製造指図記録書の形式・作成・不適切事例と製造記録の記入方法 オンライン
2021/10/21 信頼性基準適用試験におけるデータ取得時の留意点と海外施設・海外データ活用時の信頼性保証 オンライン
2021/10/21 医薬品GCP 超入門講座 オンライン
2021/10/21 GVP基礎講座 (2日間) オンライン
2021/10/22 GMP入門講座 オンライン
2021/10/22 原薬GMPの実践と適合性評価のポイント (GMP省令改正対応) オンライン
2021/10/25 医薬品売上予測・市場予測の基礎技術と考え方の基本 オンライン
2021/10/25 技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 (ケミカル編) 東京都 会場・オンライン
2021/10/25 三極 (日米欧) の薬事規制/承認審査の相違点をふまえたグローバル開発のポイント オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品におけるCMC・CTD申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント オンライン
2021/10/26 医薬品製造 (GMP) のための統計的品質管理入門 オンライン
2021/10/26 バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化: 保存管理・更新・試験・申請対応に関する注意点 オンライン
2021/10/27 中国・インド・ASEAN主要国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定