技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

進化する二軸スクリュ押出機とコンパウンディング技術

オンデマンドセミナー

進化する二軸スクリュ押出機とコンパウンディング技術

~進展する装置及び混練理論を活用して、ナノフィラーなどの分散・混練の最適化、 機能性ポリマーアロイの高次化を図ろう~
オンライン 開催

このセミナーは2020年11月に開催したセミナーのオンラインセミナー:オンデマンド配信です。
オンラインセミナーは、お申し込み日より14日間、動画をご視聴いただけます。
お申込は、2021年5月28日まで受け付けいたします。
(収録日:2020年11月25日 10:30~16:30 ※視聴時間:4時間44分)

概要

本セミナーでは、二軸押出機の反応装置として活用した新規ポリマーアロイの開発、市販のポリマーに対する改質技術、各種プラスチックのケミカルリサイクル技術などについて解説いたします。

開催日

  • 2021年5月28日(金) 11時00分 17時00分

受講対象者

  • 押出成形・押出加工に関連する製品の技術者、研究者、品質担当者
    • プラスチック製品
    • 自動車
    • 家電
    • 包装
    • 建材
    • 医療部品
    • 日用品
    • プラスチック材料
    • コンパウンド
    • 押出機、成形加工装置 など
  • 押出成形で課題を抱えている方

修得知識

  • 押出成形の基礎
  • 二軸スクリュ押出機の構造と混練および反応の制御機能との関連
  • 二軸スクリュのミキシングエレメントの組み合わせ方法
  • ナノフィラーなどの複合材のコンパウンディング方法
  • ポリマーアロイの構造形成の機構と高機能なポリマーアロイ創製への展開方法など

プログラム

 自動車などの工業資材あるいは電子・光学部材、さらには医療福祉関連資材などに活用されているプラスチック製品には、高機能化・高付加価値化を目指す流れが急展開されている。これらの流れを陰で支えているのが二軸スクリュ押出機を中心とした各種複合材やポリマーアロイの開発や生産に関連するコンパウンディング技術の急速な進展である。二軸スクリュ押出機は無機フィラーや繊維強化剤などのコンパウンディングに広く用いられているが、近年はナノサイズのフィラーやポリマーアロイに対する要求が高まっている。このような高度な要求に対処していくためには、二軸スクリュの構成や駆動トルクなどの装置面の進展、流動解析技術の進化などを活用するばかりでなく、材料面と装置面との相乗的な関係をよく理解することが不可欠となる。
 本講演では、二軸スクリュ押出機を活用するための基本的な知識から研究開発、さらに生産現場において応用展開するための具体的な知見や活用事例、さらには最近の動向などを解説する。
 主として、プラスチック材料メーカー、各種コンパウンドメーカー、成形加工装置メーカー、プラスチック製品を活用する自動車、家電、包装、建材、医療福祉装置メーカーなどの技術者および研究者を対象に二軸スクリュ押出機を用いたコンパウンディング技術の基本から応用までを解説する。
 二軸スクリュ押出機技術を活用するコンパウンディング技術は広範囲にわたるので、ある程度対象の分野を絞る必要がある。ここでは、高機能なフィラーのコンパウンディング技術およびポリマーアロイの創製技術に焦点を合わせての解説とする。講演のレベルは中級以上とする。

  1. 二軸スクリュ押出機設計技術の進展
    1. 二軸スクリュ押出機のスクリュおよびシリンダ構造の変化
      1. 二軸スクリュの溝深さ比 (Do/Di) の増大
      2. スクリュ回転数の高速化
      3. スクリュ長さ〔L/D〕の拡大
      4. スクリュ駆動トルクの増大
  2. 二軸スクリュ押出機に対する混練技術の進展
    1. 二軸スクリュ押出機を用いたコンパウンディング操作因子
    2. 剪断混合作用
    3. 伸長混合作用
  3. 二軸スクリュの組み合わせ技術に関する進展
    1. 広幅および狭幅のニーディングディスクの組み合わせおよびネジレ方向と混練度
    2. 各種のスクリュエレメントと混練挙動
    3. ギア型ミキシングスクリュエレメントの組み合わせと混練挙動
    4. 各種のスクリュエレメントの組み合わせと剪断応力
    5. ニーディングディスクに対する新しい形状設計の進展
  4. 二軸スクリュ押出成形解析手法の進展
    1. 二軸スクリュ押出機内でのポリマーアロイの生成過程の解析手法
    2. 二軸スクリュ押出成形理論解析手法の進展
      1. 二軸スクリュ押出機全体に対する簡易理論解析手法
      2. 二軸スクリュ押出機に対する3次元流動理論解析技術
    3. 二軸スクリュの組み合わせを決定するための新しい手法の進展
      1. 遺伝的アルゴリズムを活用した二軸スクリュ組み合わせ方法の探索
      2. 人工知能AI技術を活用した二軸スクリュ組み合わせ方法の探索
  5. 二軸スクリュ押出機を活用したコンパウンディング技術の進展
    1. ナノクレーに対するコンパウンディング技術
    2. カーボンナノチューブ (CNT) に対するコンパウンディング技術
      1. 従来のメルトブレンド法
      2. 伸長混合型スクリュを活用したメルトブレンド法
      3. 水アシスト法 (水スラリー法) を活用したメルトブレンド法
      4. ポリマーブレンド技術を併用したメルトブレンド法
  6. 二軸スクリュ押出機を活用したポリマーアロイ創製技術の進展
    1. ナノスケールのモルフォロジー制御したポリマーアロイ化技術
    2. 動的架橋を活用したコンパウンディング技術
      1. 動的加硫と単純ポリマーブレンドの比較
      2. 動的加硫を活用した新規ポリマーアロイ創製技術
      3. 動的加硫を活用した使用済みゴムの再生・リサイクル技術
    3. 動的加硫ゴムに対する難燃剤のコンパウンディング技術
    4. ナノクレーを活用した天然ゴムコンポジットの新規モルフォロジー制御技術

講師

  • 酒井 忠基
    静岡大学 イノベーション社会連携推進機構
    客員教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

オンデマンドセミナーの留意点

  • 申込み後、すぐに視聴可能なため、本セミナーのキャンセルは承りかねます。 予めご了承ください。
  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 3営業日後までに、メールをお送りいたします。
  • 視聴期間は申込日より14日間です。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、印刷・送付いたしますので、視聴開始後に届きます。
  • セミナー資料は、申込み日から3営業日以内に発送いたします。
  • 動画視聴・インターネット環境をご確認ください
    • セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    • サンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  • 本セミナーの録音・撮影、複製は固くお断りいたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 樹脂の破面解析と破壊メカニズム、寿命予測と破損トラブルの再発防止策 オンライン
2021/10/25 ナノカーボンの分散技術と高分子複合材料の設計技術 オンライン
2021/10/26 自動車用プラスチックの要求特性、課題、活用例と新材料の売り込み方 オンライン
2021/10/27 ポリウレタンの材料設計と物性制御、劣化対策、構造解析 オンライン
2021/10/27 アクリル樹脂入門 オンライン
2021/10/27 高分子材料の総合解析 オンライン
2021/10/28 ベンゾオキサジン系材料の反応メカニズム、分子設計、複合化、その応用 オンライン
2021/10/28 ブロック共重合体の基礎とエレクトロニクス分野への応用 オンライン
2021/10/29 生分解性プラスチックの高性能・高機能化 最先端技術講座 オンライン
2021/10/29 NMR分析による高分子材料の構造、物性及びダイナミクス評価 オンライン
2021/10/29 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 オンライン
2021/10/29 核剤 (結晶核剤) の基礎と最適使用法・選択のポイント オンライン
2021/10/29 超臨界二酸化炭素を活用した高分子材料の開発 オンライン
2021/11/5 ゴムの架橋と特性解析・制御 オンライン
2021/11/5 高分子材料における添加剤の基礎知識と分析技術 オンライン
2021/11/8 リビング重合の基礎と応用 オンライン
2021/11/9 ポリイミドの設計、特性と低誘電損失化 オンライン
2021/11/9 プラスチックのリサイクル技術の基礎とその使い方 オンライン
2021/11/10 水溶性高分子の基礎と機能設計 オンライン
2021/11/11 高分子材料とその応用製品 難燃化の基礎と最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 水と機能性ポリマーに関する材料設計、最新応用
2021/5/31 高分子材料の劣化・変色対策
2021/5/31 重合開始剤、硬化剤、架橋剤の選び方、使い方とその事例
2021/4/30 建築・住宅用高分子材料の要求特性とその開発、性能評価
2021/1/29 高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術