技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

シリアルATA (SATA) インタフェース技術 初級・基礎講座

Zoomを使ったライブ配信セミナー

シリアルATA (SATA) インタフェース技術 初級・基礎講座

オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

開催日

  • 2021年3月5日(金) 10時30分 17時00分

受講対象者

  • SATAインターフェース・ストレージ製品を取り扱う方
    • SATAの仕様書は入手したが多量の英文を読みこなさないといけないが時間が取れない方
    • SATAの仕様書は読んでいるが理解しきれていない方
    • SATAインタフェースの成り立ち、動作を知りたい方
    • ベンダーおよび製品導入に対する選定方法の手がかりを得たい方
  • SATAインターフェース・ストレージ製品導入して運用している方
    • 改めてSATAインタフェースの基礎について知りたい方
    • 同製品のベンダーから送られてきたSATA製品に関する文書について、より理解を深めるきっかけとしたい方

プログラム

 シリアルATA (SATA) インタフェースデバイス、HDDあるいはSSDが世の中にリリースされ、20年余年が過ぎ、同製品も一般化し、パーソナルコンピュータのみならず、ITを含め、家電における録画用にも広く利用されるようになりました。
 一方、SATA仕様規格書により、規格そのものを理解するには、「規格書は英文900ページを超えて構成されていて限られた時間で読みこなすには容易ではない」、「SATA仕様書単独では、インタフェース成立のいきさつより同仕様書のみではSATA製品に関してカバーしきれない」、「読みこなせても関連性を理解することが容易でない」、など種々の課題が存在します。また、最新のSATA規格Rev3.5が2020年7月にリリースされました。
 このような状況を踏まえ、本セミナーでは、SATA規格の前提の説明、およびSATA規格Rev3.5に沿った内容で基礎的知識、応用展開までを含めた説明を行います。

  1. ATAインタフェース規格
    • 基本情報
      • 関連するレジスタ群
      • コマンドプロトコル
  2. SATAインタフェース規格 (抜粋)
    • SATAインタフェースのあらまし
    • リンクレイヤ
    • Phyレイヤ
    • トランスポートレイヤ
    • アプリケーションレイヤ
  3. ACS – 4補足説明
    • コマンド紹介 (抜粋)
  4. 実アプリへの応用、展開、総まとめ
    • SATAデバイスの特徴、機能
    • 個々の機能、特長を踏まえた選定にあたっての項目
    • SATAインタフェースに関するまとめ
  5. 補足追加
    • SATAインタフェースデバイスに使用されている技術に関する説明を追加補足する

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/17 5G用アンテナの設計と実装 オンライン
2021/3/17 6Gに向けた新たな伝送技術と国際規格の展望 オンライン
2021/3/18 スパースアレーによる拡張アレー信号処理 オンライン
2021/3/22 生体センシング・生体信号処理技術とヘルスケアデータ活用事業・サービス展開への必須知識 (2日間) オンライン
2021/3/22 生体センシング・生体信号処理技術とヘルスケアデータ活用事業・サービス展開への必須知識 (1日目) オンライン
2021/3/23 中国5Gの最新市場動向 オンライン
2021/3/24 UWBアンテナの事例と広帯域アンテナ設計のポイント 東京都 会場
2021/3/30 FOWLP/FOPLP開発の現状と技術動向および今後の展望 オンライン
2021/4/13 生体センシング・生体信号処理技術とヘルスケアデータ活用事業・サービス展開への必須知識 (2日目) オンライン
2021/4/16 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 オンライン
2021/4/16 小型アンテナの必須基礎知識と設計のポイント 東京都 会場
2021/4/22 PCB (基板) アンテナの基礎技術 東京都 会場
2021/4/23 5Gに対応する部品・部材の技術動向と今後の課題 オンライン
2021/4/28 ミリ波材料の基礎・設計・評価方法およびミリ波回路・ミリ波システムへの応用 オンライン
2021/5/28 5G基地局分解による5G対応のキーポイントとビジネスチャンス オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/8 5G基地局分解による5G対応のキーポイントとビジネスチャンス 分解結果のデータDVD
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2006/4/14 詳解 高周波通信用フィルタ設計手法