技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ラボ/研究所での化学物質安全管理

Zoomを使ったライブ配信セミナー

ラボ/研究所での化学物質安全管理

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、危険な薬品や物質を安全に取り扱う基本原則と起こりやすい事故と未然防止策について事例とともに解説いたします。

開催日

  • 2020年11月12日(木) 10時30分 16時15分

修得知識

  • 消防法、毒物及び劇物取締法遵守の使用者の要点
  • 化学物質起因の事故例と安全対策

プログラム

第1部 生産や研究現場での化学薬品管理と管理体制の構築

(2020年11月12日 10:30〜14:30)

  1. 危険物の管理の対象と必要性
  2. 法規制に基づく危ないものの分類
    1. 管理対象となる法規制の種類
      - 意外に知られていない遵守すべき法規制の事例
    2. 法律ごとに意図する規制の対象と対応
  3. 管理体制構築における要点
    1. 危ないものに対するリスクマネジメントの考え方
    2. 活動形態別で準備する管理体制の違い
    3. 守ってもらえる管理体制を構築するには
    4. Excelを用いた管理体制における要点と限界
    5. データベースツールを用いた 管理体制における要点と限界
    6. より厳格な管理を支援する専用システムの例
  4. 厳密な管理を目指した実例の紹介
    1. 研究用薬品在庫管理システムの運用形態
    2. 電子実験ノートによる社内合成化合物のリアルタイム法規制チェック
    3. 社内保有化合物、在庫薬品の 法規制追加指定時のチェック体制
    4. 消防法危険物指定数量の逸脱チェック
    5. 輸出品該非判定委員会
  5. 管理体制の運用の要点
    1. 構築した管理体制を維持するためには
    2. 現状把握の重要性
    3. 管理体制自己点検の進め方
    • 質疑応答

第2部 試薬の安全管理

(2020年11月12日 14:45〜16:15)

 試薬は、研究開発等に不可欠なものですが、その取り扱いを一歩誤ると、火災爆発、健康障害、環境汚染等の事故に繋がることがあります。試薬を含めた化学物質起因の事故の多くは知識不足又は不注意が原因です。一方、化学物質の危険回避のために様々な法律が制定されています。試薬を安全に取り扱うには、法律を遵守し、正しい取り扱いを常に行うことが肝要です。また過去の事故例を解析することは、危険有害性を知る有用な手段の1つです。
 本セミナーでは、試薬等による顕在・潜在する危険有害性に気付くことを目的として、法遵守のポイント (消防法、毒物及び劇物取締法等) 、実際に起こった事故例を交えて、事故防止の対策等について解説致します。

  1. はじめに
    1. 試薬とは
    2. 安全対策の必要性
    3. 知らないと怖い化学物質の危険性
  2. 化学物質に関する法律
    1. 試薬ラベルと法律
    2. 試薬と消防法
    3. 試薬と毒物及び劇物取締法
    4. 試薬ラベル・SDSとGHS
  3. 事故事例及びその対策
    1. 化学物質起因の事故原因
    2. 事故事例
      • 酸・アルカリによる薬傷
      • 混ぜるな危険
      • 有機溶剤による中毒
      • 粉塵による健康障害
      • 化学物質の経皮吸収による疾病
      • リスクアセスメントン未実施による事故、他
    3. 適切な保護具の選択
      • 保護眼鏡
      • 防毒マスク・粉塵マスク
    4. 安全対策の基本
    • 質疑応答

講師

  • 島本 哲男
    ラボコンサルテーション 株式会社
    代表取締役
  • 岩田 勉
    富士フイルム和光純薬株式会社 試薬化成品事業部 法規管理部 試薬法規管理課

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/4/19 海外導入品の資料作成・国内CTD申請における留意点 オンライン
2021/4/19 抗体医薬品における凝集体分析と処方検討 オンライン
2021/4/19 mRNA医薬品の基礎およびワクチン・疾患治療への応用 オンライン
2021/4/20 医薬原薬・ファインケミカル製品における連続生産プロセスの基礎とトラブル対策 オンライン
2021/4/20 一変・軽微変更事例による判断基準の考察と不要な回収を未然に防ぐ承認書の記載および当局要求対応 オンライン
2021/4/20 医薬品等の開発における患者・市民の参画: PPI/PE オンライン
2021/4/21 新JIS準拠GHS対応SDS・ラベルの超基礎講座 オンライン
2021/4/21 DTx・デジタル治療薬・医療用アプリ開発における薬事上の規制対応・保険制度 オンライン
2021/4/21 再生医療等製品の主なCMC課題と対応のポイント 東京都 オンライン
2021/4/21 GMP超入門 オンライン
2021/4/22 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 : 全4コース 東京都 会場・オンライン
2021/4/22 クラウド利用を含むCSVおよびDIの取組みと指摘事例への対応 東京都 会場・オンライン
2021/4/22 一般医薬品における各種試験方法の適切な精度管理と分析法バリデーションの実施方法 東京都 会場・オンライン
2021/4/22 化学プロセスにおけるコスト・設備投資試算の考え方と事業採算性検討 オンライン
2021/4/22 臨床開発におけるePRO/PGHDおよびモバイルヘルスの研究デザイン・データ収集・管理手法と導入事例 オンライン
2021/4/23 グローバルGMPをふまえた最新バリデーションの理解 オンライン
2021/4/26 Data Integrity査察への対応 オンライン
2021/4/26 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2021/4/26 PIC/S GMP査察に対応するための適切な試験検査室管理と指摘事項 オンライン
2021/4/26 研究開発者が知っておくべき化学物質規制と製品含有化学物質管理 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 製品含有化学物質のリスク管理、情報伝達の効率化
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定