技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術

バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、バイオ医薬品原薬製造の連続化について取り上げ、連続生産プロセスのメリット・デメリット、乗り越えるべき技術的な課題について現職のバイオ医薬品担当者がわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2020年9月24日(木) 13時00分 16時00分

修得知識

  • バイオ医薬品の基本的な連続プロセス
  • バイオ医薬品原薬製造を取り巻く環境
  • 乗り越えるべき技術的な課題

プログラム

 バイオ医薬品原薬製造の分野では、製造工程の連続化へ高い関心が寄せられている。各局の期待が表れた情報発信、そしてICH Qパートの新ガイドライン整備の動きは、関心から実装に向けた後押しとなっている。
 しかしながら、連続プロセスの採用は今のところ関心の高さと比例せず、慎重な動きに留まっているように思われる。バイオ医薬品原薬製造にとって連続プロセスがメリットばかりではないことの証左と言える。
 本講座では、なぜ連続プロセスなのかという背景より始め、メリットおよびデメリットの整理、そしてレギュラトリーからのサポート状況を確認し、バイオ医薬品の連続生産プロセスの立ち位置について述べる。

  1. 導入
    1. 演者の経歴
    2. 本講演で想定する聴講者層について
    3. 演者とバイオ医薬品連続製造の接点
  2. AGC Biologicsのご紹介
  3. 連続生産プロセスに対する考え方、姿勢
    1. 連続生産プロセスのユーザーに成り得る医薬品企業製造担当の考え方や価値観
    2. 連続生産プロセスのユーザーに成り得るCDMO企業の考え方や価値観
    3. 演者自身のバイオ医薬品原薬の連続プロセスに対する考え方
  4. バイオ医薬品全体のトレンド
    1. 少量多品種、ニッチ
    2. モダリティー
  5. なぜ、今、バイオ医薬品原薬製造の連続化なのか
    1. コスト削減
    2. 経営的な思考回路
    3. 当局からの期待
    4. 技術的成熟
  6. 他産業における製造プロセスの連続化
    1. 産業の高度化について
    2. 他産業の製造の連続化について
  7. 本当に達成したいこと、とは?
  8. 自動化、無人化との相性
    1. 連続生産プロセスの導入による、製造の自動化
    2. 連続生産プロセスの導入による、製造の無人化
  9. 導かれる連続生産プロセスのメリット、デメリット
    1. メリット
    2. デメリット
  10. バイオ医薬品の代表的な連続製造プロセスのレビュー
    1. パーフュージョン培養 (灌流培養)
    2. N – 1 パーフュージョン培養
    3. マルチカラムクロマトグラフィー
    4. 低pH処理
  11. バイオ医薬品の連続生産をサポートするガイドラインなど
    1. ICHガイドライン Q13
    2. FDAからの発信
    3. EMAからの発信
    4. PMDAからの発信
  12. 連続プロセスの今後について
  13. まとめ
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 医薬品ライセンス基礎講座 2日間講座 オンライン
2020/9/28 入門講座 やさしいCSVとデータインテグリティ速習 オンライン
2020/9/28 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 オンライン
2020/9/28 中国・インド・ASEAN主要国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイント オンライン
2020/9/28 新しい医療時代に見据えた体外診断用医薬品/機器の開発・薬事の基礎講座 オンライン
2020/9/29 Quality by Design (QbD) に基づく医薬品開発の基礎と実験計画法を中心とする統計的なデータの取り扱い 東京都 会場・オンライン
2020/9/29 グローバルGCP監査入門 オンライン
2020/9/29 アンメットメディカルニーズの評価と医薬品の開発戦略 オンライン
2020/9/29 QbD (RTRT、デザインスペース等) を用いた承認申請の考察 オンライン
2020/9/30 シェーグレン症候群の基礎と治療の現状・今後の課題・臨床ニーズ オンライン
2020/10/1 FDA PV規制要件・改正されたコンビネーション医薬品の安全性情報/不具合報告を含めたFDA当局の考え方 東京都 会場・オンライン
2020/10/2 連続プロセスによる化学品・医薬品の生産 オンライン
2020/10/6 分析法バリデーション入門講座 オンライン
2020/10/7 ニューノーマル時代の医薬品情報提供活動 オンライン
2020/10/7 医薬品製造 (GMP) のための統計的品質管理入門 オンライン
2020/10/7 製造指図記録書を作成し運用するための重要ポイント 大阪府 会場
2020/10/9 バーチャル臨床試験導入での留意点と活用/運用上の課題 オンライン
2020/10/9 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 オンライン
2020/10/9 ヒューマンエラー防止のための実務に即したGMP教育訓練と評価方法・教育記録管理方法 東京都 会場・オンライン
2020/10/9 凍結乾燥のシミュレーションによるプロセス理解 / 失敗 (トラブル) 事例と対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ