技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント

Zoomを使ったライブ配信セミナー

診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、近未来の医療を予測し、近未来の医療には新たな価値を持たせた診断薬・バイオマーカーが欠かせないこと、診断薬・バイオマーカービジネスにおける大きなビジネスチャンス、参入の視点・ポイントを解説いたします。

開催日

  • 2020年8月17日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

 現代の医療環境において診断薬・バイオマーカーの使われ方にパラダイム・シフトが起こりつつあり、価値観が大きく変わろうとしています。このパラダイム・シフトに対応できる診断薬・バイオマーカーとはどのようなもので、診断薬・バイオマーカーの新たなビジネスププランを具体化するためにどうすれば良いかを検討しなければならなりません。
 本セミナーでは近未来の医療を予測し、近未来の医療には新たな価値を持たせた診断薬・バイオマーカーが欠かせないこと、診断薬・バイオマーカービジネスに大きなビジネスチャンスが存在することを述べます。近未来医療では今までのような診断薬・バイオマーカーの存在価値は低下し、新たな発想での診断薬・バイオマーカーが必要となり、従来型の診断薬・バイオマーカービジネスが収益事業として成立させることが難しいということになります。つまり、近未来の医療ビジネスの世界では、新しいビジネスチャンスが生まれ、多くの企業に診断薬・バイオマーカー事業への新規参入が可能となるということを意味しています。
 本セミナーでは診断薬・バイオマーカーのビジネスを展開している企業、新規参入企業にもビジネスチャンスがあることを、できるだけ具体的に述べるつもりであります。

  1. 診断薬・バイオマーカーに起こるパラダイム・シフト
    1. 「病気の可能性を診断する」ための診断薬・バイオマーカーの価値はあるのか?
    2. 「個別化医療の価値を上げる診断薬、バイオマーカー」とは?
      - 個別化医療の価値を上げる診断薬、バイオマーカーの役割
      1. 患者を選別する
      2. 選別された患者に最適な治療法を示す
      3. 患者にとって最適な治療であったかを検証する
      4. 治療の費用対効果の検証、医療経済効果の検証を行う
  2. 診断薬・バイオマーカー研究開発は新たなフェーズに入らなければならない
    1. 今までの標準治療のための診断薬・バイオマーカーの使われ方
    2. 診断薬・バイオマーカーの新しいトレンドとは何か?
    3. コンパニオン診断として、薬物療法が有効と思われる患者を選択するための診断薬
    4. ガン治療薬とコンパニオン診断
    5. 診断薬の使い方が変わりつつある
    6. ガン診断薬
    7. バイオマーカーから診断システムへの進化とは
    8. 新たなバイオマーカーとしてmiRNAの活用
      ~なぜ miRNA がバイオマーカーとして適しているのか?~
      1. miRNAがガン治療薬のコンパニオン診断薬となることが期待せれている
      2. 実際、何種類かのガンでバイオマーカーとしての価値は証明されている
  3. 診断薬・バイオマーカーの新たな市場を開拓しなければならない
    • アグレッシブ診断薬・バイオマーカーという概念を作ることで、新たな市場が開拓できる
    • アグレッシブ診断薬・バイオマーカーとは?
      1. 生活習慣病のリスクを判定する診断薬・バイオマーカー
      2. 個別化医療製品の臨床試験のための診断薬・バイオマーカー
      3. 個別化医療のための診断薬・バイオマーカー
      4. 個別化医療の信頼性を確保するための診断薬・バイオマーカー
      5. 高額医療製品の価値を高めるための診断薬・バイオマーカー
      6. 高額医療製品の価格を下げるための診断薬・バイオマーカー
      7. 服薬管理のための診断薬・バイオマーカー
      8. ファッショナブル医療、トレンディ医療、スマート医療における診断薬・バイオマーカーの重要性
      9. 医療経済の観点で医療製品の価値を決めることになる診断薬・バイオマーカー
  4. 診断薬・バイオマーカーの対する考え方を根本的に変える
    1. 診断薬・バイオマーカーの対する考え方を根本的に変えるにはどうすれば良いか?
      • 診断薬・バイオマーカーが医療の主役にはなれないが、少なくとも黒子ではなく、舞台に上る脇役、それも名脇役にならなければならない、ということである。
        1. 個別化医療が有効であるのかを検証する仕組みが必要であるが、検証のための主役が診断薬・バイオマーカーである。
        2. 拡大する医療費を抑制するためには使われた医療費の費用対効果を検証しなければならないが、この時の主役も診断薬・バイオマーカーである。
        3. 近未来の医療が医療経済にどのような影響を与えているかの検証を行うための主役が診断薬・バイオマーカーである。
    2. 個別化医療の定義を広げ、ビジネスの場を広げる
    3. 名脇役になるためには?
  5. まとめ
    1. 近未来の医療においては診断薬・バイオマーカーの存在、その有効活用が医療の質を左右するということができる
    2. 近未来の医療がどのように変わるのかを予測し、近未来医療の価値を高める診断薬・バイオマーカーというものを意識し、近未来医療の研究開発と連携しなければならない。
    3. 例えば診断薬・バイオマーカー研究会を作り、患者の層別化、治療のレスポンダー探しに診断薬・バイオマーカーは重要であることを世間にアピールすることが可能か?

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/17 PMDAによる書面調査とGCP適合性調査及び査察指摘事項 オンライン
2020/8/18 データインテグリティ指摘をふまえたスプレッドシートの効率的CSVと管理 オンライン
2020/8/18 製薬用水の設備設計と維持管理上のポイント オンライン
2020/8/19 原薬製造のためのプロセスバリデーション (PV) 実施のポイント オンライン
2020/8/19 アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用 オンライン
2020/8/19 再生医療に向けた足場材料研究開発の最前線 オンライン
2020/8/20 医薬品マーケティングプランの作成手法 オンライン
2020/8/20 臨床試験における統計解析入門 オンライン
2020/8/21 GMP査察での失敗しがちな英語対応と効果的な説明ノウハウ オンライン
2020/8/21 CSV (コンピュータ化システムバリデーション) とデータインテグリィの実務理解 オンライン
2020/8/21 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 オンライン
2020/8/21 GMP医薬品工場建設 (計画・設計・施工) およびバリデーションのポイント オンライン
2020/8/24 医薬品製造担当者に伝えたい洗浄バリデーションの基礎 オンライン
2020/8/24 基礎から学ぶ国際共同臨床試験で求められる記録と必須文書 オンライン
2020/8/24 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/8/24 炎症性腸疾患の現状、アンメットニーズを踏まえた新規治療薬開発戦略 オンライン
2020/8/25 GDPガイドラインの理解と運用時におけるデータインテグリティ確保の重要性 東京都
2020/8/25 機械学習を活用した創薬研究のテーマ創出 オンライン
2020/8/25 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 オンライン
2020/8/26 製造工程での変更・変動リスクを考慮したフォーミュレーションへの落とし込みと工程改善事例 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点