技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子材料の熱履歴解析と活用例

高分子材料の熱履歴解析と活用例

~熱履歴の推定と劣化評価、構造制御、成形加工への応用~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2020年6月26日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 熱履歴を利用した 高分子材料の制御、構造解析技術

(2020年6月26日 10:00〜13:45) ※途中、45分間の昼休憩を含みます

  1. 高分子についての基礎
    1. 高分子の歴史について
    2. 高分子の高次構造の概略
    3. 顕微鏡を用いた構造解析
    4. 散乱法を用いた構造解析
    5. 熱測定
      • DSCなど
    6. その他分光法
      • FT-IR
      • NMRなど
    7. 最近の発展
    8. 広い時間スケールでの測定
      1. 成形加工中での測定
      2. 粘弾性測定
      3. 力学測定
      4. 新規装置の開発
      5. 分子ダイナミクスの測定 (NMR)
  2. 熱履歴
    1. 熱履歴とは
      1. 加熱および昇温プロセス
      2. 温度変化速度依存性
      3. アニールプロセスの制御
    2. 熱履歴と構造解析を用いた評価
      1. 延伸中の構造形成
      2. 剪断中の構造変化
      3. 温度依存性
      4. 気体・液体透過性と結晶構造
      5. Agingについて
    3. 熱履歴を用いた構造制御
      1. 結晶化・結晶成長への影響
      2. アモルファスにおける影響
      3. ミクロンスケールのモルホロジーに対する影響
      4. 熱履歴を用いた材料特性の向上 (結晶化)
      5. 熱履歴を用いた材料特性の向上 (機能面から)
    4. 熱の影響 (酸化、分解について)
      1. 熱の影響の評価
      2. 劣化について (表面)
      3. 結晶性高分子の劣化
      4. 酸化・分解の機構
      5. 酸化・分解の評価
  3. 成形加工への応用
    1. 熱履歴の制御
      1. 熱履歴の影響
      2. 熱履歴の評価方法
    2. 結晶性高分子への応用
    3. 非晶性高分子への応用
    4. 成形加工プロセスへの熱履歴の効果
      1. 成形加工プロセスの評価
      2. 構造の評価
      3. 成形への影響
      4. 機能との相関
    • 質疑応答

第2部 分子材料の劣化による熱挙動への影響と熱履歴の推定法

(2020年6月26日 14:00〜17:00)

  1. 熱分析の基礎知識
    1. 熱分析の基礎
      1. 種類
      2. 定義
      3. 原理など
    2. 示差捜査熱量計 (DSC) の条件
      1. 測定条件の設定
      2. 測定条件の影響など
    3. 示差熱天秤 (TG-DTA) の測定
      1. 測定条件の設定
      2. 測定条件の影響など
    4. 速度制御熱分析、湿度制御熱分析の原理と特長
    5. 加熱時発生ガス分析 (EGA) の原理と特長
  2. 必要な情報をどのように得るか
    1. 熱分析データ解釈の基礎と知っておくべきポイント
  3. 具体的な高分子劣化のケーススタディ
    1. 熱処理による影響
    2. 酸化による影響
    3. 湿度による影響
  4. 高分子の熱測定の実際と注意するべきポイント
    • 質疑応答

講師

  • 松葉 豪
    山形大学 大学院 理工学研究科 機能高分子工学専攻
    准教授
  • 有井 忠
    株式会社リガク 熱分析機器事業部
    主幹研究員

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2020/9/29 シランカップリング剤の反応メカニズム、使い方、密着性や物性の評価 オンライン
2020/9/29 一日で学ぶポリイミド入門講座 東京都 会場・オンライン
2020/9/29 複屈折の基礎と制御方法 オンライン
2020/9/30 押出成形のトラブル対策 Q&A講座 東京都 会場・オンライン
2020/10/1 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/10/6 プラスチック加飾技術の最新の動向と今後の展望 オンライン
2020/10/12 高分子合成における重合反応とリビング重合の基礎から機能性高分子材料の最先端 オンライン
2020/10/13 高分子結晶化入門講座 オンライン
2020/10/14 高分子多孔質材料の構造設計とその応用 東京都 会場
2020/10/15 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 オンライン
2020/10/15 プラスチックの材料特性と設計実務ノウハウ オンライン
2020/10/16 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術 千葉県 会場
2020/10/16 ポリウレタンの材料設計と分子構造・物性の制御 オンライン
2020/10/16 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ オンライン
2020/10/16 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都 会場
2020/10/16 高分子材料の難燃化・不燃化技術と評価手法 東京都 会場・オンライン
2020/10/16 低分子ゲルの基礎と活用法、最新動向 オンライン
2020/10/19 高剪断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 オンライン
2020/10/19 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書