技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持

ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、自動運転で想定される覚醒状態低下メカニズムと求められる評価、眠気予兆検出技術について詳解いたします。

開催日

  • 2020年5月7日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 自動運転中のドライバー覚醒低下の影響と覚醒維持・回復HMIの効果検証

(2020年5月7日 10:00〜12:00)

 近い将来に普及が見込まれる部分的自動運転では、ドライバーが自動運転を監視したり、適切に運転交代できなければなりません。そのためには、自動運転中であってもドライバーは覚醒を維持しなければなりません。一方、自動運転中のドライバーは、いとも簡単に覚醒状態が低下します。
 本講座では、自動運転中のドライバーの覚醒状態がどのように変化するのか、それをどうやって評価するのかについて検討したドライビングシミュレータ実験を紹介します。さらに、覚醒を維持・回復するためのHMIを検討したドライビングシミュレータ実験と実車走行実験を紹介します。これらの知見から、ドライバー覚醒状態の評価や介入に際しての、実践的な知識や注意点を説明します。

  1. 自動運転中のドライバーの覚醒状態
    1. 覚醒状態の変化と評価指標
    2. 運転交代場面における覚醒低下の影響
  2. 覚醒維持・回復HMIの効果検証
    1. ドライバーに活動をうながす能動的HMI
    2. ドライバーに刺激を与える受動的HMI
  3. まとめと展望
    • 質疑応答

第2部 ドライバー状態の測定、推定技術 – 眠気検知と覚醒維持 –

(2020年5月7日 12:50〜14:50)

 車載用の生体情報センシングシステムを開発経緯と共に紹介します。特に、車載用生体計測では避けて通ることができない、加減速や走行振動に伴うアーチファクトノイズを低減する方法について解説します。
 また、生体情報計測用センサは、多くの種類が提案されていますが、それぞれに一長一短があり、特に低域周波数特性を確保できるセンサインターフェース回路を組み合わせることが重要です。現在、実用化されている時定数増幅技術などを、SPICEシミュレーション結果と共に紹介します。

  1. 生体情報と睡眠との関係
  2. 脈波・呼吸・体動信号と脳波計との相関
  3. ECM型圧力センサによる生体情報計測
  4. 生体情報計測用センサインターフェース回路の開発
  5. 生体情報計測用半導体開発事例
  6. 車載用生体情報計測の課題
    • アーチファクトノイズ
    • 道路事情など
  7. 車載用生体計測システムの開発と評価手法
  8. 生体情報計測技術と医療機器との境界
  9. 生体情報計測用センサのいろいろ
  10. 脈波計測から心電波形計測へ
    • 質疑応答

第3部 眼球運動を指標としたドライバ状態検知技術と眠気予兆の検出

(2020年5月7日 15:00〜17:00)

 眼球運動には、大脳皮質、脳幹、小脳内の多くの領域が関わっており、各々の領野が担う脳機能が種々の眼球運動に反映される。本講座では、そうした各種眼球運動 (瞳孔運動を含む) に反映される様々な脳機能について紹介し、最近の応用研究について解説します。

  1. 眼球運動の解剖学概論
    1. 眼球と筋肉系の構造
    2. 三次元剛体回転の非可換性と眼球運動
    3. 眼球運動に関わる脳部位と生理・解剖学
  2. 様々な眼球運動とそれらの性質 …リアルタイム眼球運動計測によるデモ
    1. サッカード
    2. サッカード後の眼位保持 (中枢神経積分器)
    3. 滑動性眼球運動
    4. 視運動性眼球運動
    5. 前庭動眼反射
    6. 固視微動
  3. 眼球運動に基づく人の状態検知に関する研究紹介
    • 質疑応答

講師

  • 木原 健
    産業技術総合研究所 自動車ヒューマンファクター研究センター
    主任研究員
  • 中村 哲夫
    明星大学 情報学部 情報学科
    特任教授
  • 平田 豊
    中部大学 工学部 ロボット理工学科
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/29 畳み込みニューラルネットワーク (CNN) を用いたノンリファレンス型画像品質評価 オンライン
2020/5/29 次世代パワーエレクトロニクス用リアクトル・トランスのコア材料への要求特性とその事例 オンライン
2020/6/4 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 東京都
2020/6/4 激変するCMOSイメージセンシングの最新技術動向 東京都
2020/6/5 生体情報センシングと製品開発への応用の考え方 東京都
2020/6/5 畳み込みニューラルネットワークの基礎と画像認識への応用・判断根拠の理解 オンライン
2020/6/9 OpenCV4を用いた画像処理プログラミング入門 東京都
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/11 CMOSデジタルイメージセンサ/コンピュータビジョンの最新技術動向 オンライン
2020/6/12 次世代カメラの画像処理 東京都
2020/6/12 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ オンライン
2020/6/15 カーエレクトロニクスの放熱、冷却技術 東京都
2020/6/15 EVをはじめとした次世代自動車とリチウム資源・コバルト資源の最新動向 東京都
2020/6/18 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/18 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2020/6/18 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/6/19 ディープラーニングによる異常検知の基礎と外観検査への応用 東京都
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書