技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

欧州体外診断用医療機器規則 (IVDR) の要求事項と対応ノウハウ

欧州体外診断用医療機器規則 (IVDR) の要求事項と対応ノウハウ

~QSIT指摘事項トップテン ・査察対応、査察時期、査察日数のポイント~
東京都 開催 会場 開催

概要

2022年5月の体外診断用医療機器規制 (REGULATION (EU) 2017/746 In Vitro Diagnostic Regulation IVDR) 移行が迫っております。
本セミナーでは、IVDRを分かり易く解説し、CEマーク取得における具体的対応ノウハウを解説いたします。

開催日

  • 2020年3月23日(月) 12時30分 16時30分

修得知識

  • IVDRの基礎知識
  • CEマーク取得に関するノウハウ
  • NBとの対応方法
  • 体外診断用医療機器の定義
  • 市販後調査報告

プログラム

 欧州委員会は、2017年5月、欧州連合官報 (Official Journal of the European Union) にて、新たな規制となることを発表しました。体外診断用医療機器指令 (IVDD 98/79/EC) は、2022年5月に体外診断用医療機器規制 (REGULATION (EU) 2017/746 In Vitro Diagnostic RegulationIVDR) に移行いたします。これに伴い、体外診断用医療機器の製造者は、従前より厳しい規制に対応しなければなりません。
 本講演は、IVDRを分かり易く解説し、CEマーク取得における具体的な方法を説明いたします。

  1. IVDR原文から要約した解説 (第1章~第10章)
  2. 技術文書の作成
  3. 市販後監視、ビジランス
  4. UDIシステム
  5. クラス分類ルール
  6. 適合性評価
  7. NBの情報
  8. ベネフィット・リスクの決定
  9. エコノミックオペレータ
  10. 製造業者の責務
  11. 適合宣言書 (自己宣言書)
  12. 臨床評価、臨床文献
  13. 一般的安全性と性能の要求
  14. 表示、ラベル
  15. 製品の検証と妥当性確認
  16. トレンドレポート
  17. 市販後性能フォローアップ (PMPF)
  18. 整合規格
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第4展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/17 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 オンライン
2020/7/27 米国における医療機器の法規制と510(k)申請対応 オンライン
2020/7/28 日常医療・未病医療のための生体センシングとデバイス開発 東京都
2020/7/31 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 オンライン
2020/7/31 ISO 10993-1 & JIS T 0993-1改定を踏まえた生物学的安全性評価の基本的考え方と運用 大阪府
2020/8/3 医薬品、医療機器/包装容器・再生医療器材等の滅菌の基礎と無菌性保証、滅菌バリデーションの留意点 オンライン
2020/8/3 Injectable ハイドロゲルが分かる一日速習セミナー 東京都
2020/8/13 コロナウィルス後の中国医療施設の現状と医薬品・ワクチン開発の規制動向 東京都
2020/8/17 診断薬・バイオマーカー開発のためのこれからの新市場開拓とビジネス事業化のポイント オンライン
2020/8/18 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 オンライン
2020/8/18 AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント オンライン
2020/8/19 医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決 オンライン
2020/8/20 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/8/24 IEC62304 医療機器ソフトウェアの規制理解と要求仕様書・アーキテクチャ設計書作成演習 (2日間) 東京都
2020/8/24 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/8/27 体外診断薬の開発・事業化戦略のポイント 東京都
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/9/1 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/9/3 体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略 オンライン
2020/9/4 非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)