技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術

UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術

東京都 開催

開催日

  • 2020年2月28日(金) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • UV硬化樹脂を使用している技術者
  • UV硬化樹脂の使用を検討している技術者

修得知識

  • UV硬化樹脂の硬化不良の原因と対策、未然防止策
  • 硬化不良問題の有無の正しい評価
  • 硬化率の具体的な測定手順

プログラム

 高分子材料は、金属・ガラスなどの材料にはない性質を持つことを念頭に置いて取り扱わないと予期せぬ挙動を示すことがあります。中でもUV硬化樹脂は、その化学的挙動や硬化技術についての基礎的な理解が足りないと硬化不良を起こしやすいという難点があります。
 一方、UV硬化樹脂の硬化状態の評価方法は数多く存在しますが、物理的な評価だけに頼っていると化学反応としての硬化が不完全であることを見逃す場合があります。そこで本セミナーでは、主としてアクリル系のUV硬化樹脂について、まず材料技術と硬化技術の両面で硬化状態に影響する基礎項目を挙げ、次に化学反応に着目し硬化反応を評価する2つの手法として、FT – IR装置を使用する方法と光DSC装置を使用する方法について説明します。
 これらの評価手法については、具体的な手順や間違いやすい点なども解説し、さらに両手法についてデプスプロファイル (深さ方向の硬化率分布) 解析への応用を紹介します。
 また、光DSC装置は世界でも数種類の機種しか販売されていませんが、本セミナーでは一般的なDSC装置を一時的に改造して光DSC装置として利用する事例を紹介します。
 UV硬化樹脂は、その本質を理解していないと硬化不良の問題を起こしやすい材料です。
 本セミナーを受講すると、このような問題を回避するとともに問題の有無を正しく評価する技術を習得できます。硬化率の測定方法については具体的な手順を説明しますが、セミナー当日に理解しきれなかった場合でも、あとでテキストを読めば分かるように書かれています。
 光DSC装置については、実際に使用すると計算結果としての硬化率が100%を超えるという問題にしばしば直面します。この現象の要因や修正方法について触れているものが他では見あたりませんが、講師はこれを独自に追究し解決方法を見出しました。本セミナーを受講すれば、この現象を正しく理解し修正する方法を知ることができます。

  1. はじめに
  2. UV硬化樹脂の現状
    1. 長所・短所
    2. 適用例と硬化不良例
  3. UV硬化樹脂の材料技術
    1. 主な成分とその働き
    2. 硬化反応機構
    3. 硬化反応性に影響するもの
  4. UV硬化樹脂の硬化技術
    1. UV照射装置
    2. 照射強度と照射時間
    3. 酸素阻害
    4. その他硬化状態に影響するもの
  5. UV硬化樹脂の硬化状態の評価技術
    1. 物理的方法
    2. 化学的方法
  6. FT – IR法による硬化率測定
    1. 装置
    2. 測定手順
    3. 注意点
    4. デプスプロファイリング
  7. 光DSC法による硬化率測定
    1. 装置
    2. 測定手順 (内部硬化法)
    3. 測定手順 (外部硬化法)
    4. 注意点
    5. デプスプロファイリング
    6. DSC装置の光DSC化
  8. まとめ
    • 質疑応答

会場

すみだ産業会館

9F 会議室4

東京都 墨田区 江東橋3丁目9番10号 丸井共同開発ビル8・9階
すみだ産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/9 成形体の品質を改善する混練技術 東京都
2020/4/10 材料の破壊と耐久性、信頼性 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都
2020/4/13 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/4/15 大気圧プラズマの基礎と樹脂・フィルムの接着・密着・接合性改善技術 愛知県
2020/4/15 コンタクトレンズを中心としたメディカルデバイス用ポリマー材料の最前線 東京都
2020/4/16 ポリ乳酸の基礎・最新動向と注目のマルチ機能改質剤 愛知県
2020/4/17 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2020/4/20 ヒートシールの基礎と材料設計および品質管理・不具合対策 東京都
2020/4/20 機能性高分子絶縁材料の設計技術と研究動向 東京都
2020/4/21 ポリマー微粒子の作製と機能化・応用展開 東京都
2020/4/23 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 東京都
2020/4/23 プラスチック・エラストマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 : 実践ガイド 東京都
2020/4/24 高分子結晶化入門講座 東京都
2020/4/27 プラスチック成形不良の原因と対策 東京都
2020/4/27 乳化重合・懸濁重合等による高分子微粒子の調製 東京都
2020/4/28 レオロジーの基礎、測定・解釈方法 東京都
2020/4/30 ゴムの配合・混練・加工技術とトラブル対策事例 東京都
2020/4/30 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向と工業化の可能性 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術