技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

技術者・研究者のための多変量解析入門講座

技術者・研究者のための多変量解析入門講座

~多変量解析の基礎、解析法、解析ツールなど~
東京都 開催

開催日

  • 2019年12月25日(水) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • これからデータ処理に取り組む予定の技術者・研究者
  • 業務においてデータ処理の知識を広げたい方

修得知識

  • さまざまのデータ整理と可視化技法
  • 多変量解析に共通する数学的な原理
  • データと最適な多変量解析の手法の対応
  • 多変量解析のためのR言語 および Python についての概要

プログラム

 本セミナーでは、データ解析の王道である多変量解析について、その基本原理を理解した上で、重回帰分析、主成分分析、分散分析 (ANOVA) 、クラスター分析など代表的な手法について紹介していきます。ご自身が関わっている業務や研究課題について、どのような手法を適用していくべきか、そのためにどんな準備が必要かについて、ヒントが得られることと思います。また現実の面倒なデータをどう取り扱うかについても触れますが、個別にご質問いただければさらにお答えいたします。
 多くの項目を扱うため、数学的な詳細に触れることはなるべく避けますので、数学に自信のない方でも受講可能です。なお、数学的なレベルは高校数学 (数列、微積、確率) 程度を想定しています。多変量解析のツールとして現在最も人気があるのは、統計計算パッケージの R と、高い数学機能をもつ汎用プログラミング言語 Python です。本セミナーではこれらについての紹介も行います。

  1. 多変量解析の基礎
    1. 二変量データの線形回帰
    2. 共分散の理解がすべての基礎
    3. 相関係数の正しい理解
    4. p値と統計的検定
      • ブレーク いまどき評判のわるい統計的検定
  2. よく使われる解析法
    1. 重回帰分析
    2. 主成分分析
    3. ロジスティック回帰分析
    4. 分散分析:ANOVA
    5. アソシエーション分析
    6. クラスター分析
      • ブレーク 現実の汚いデータをどう扱うか:可視化の威力
  3. 多変量解析のためのツール
    1. 統計分析のためのプログラミング言語 R
    2. 数学計算に威力を発揮する Python
    • 質疑応答

講師

  • 小波 秀雄
    京都女子大学 現代社会学部
    名誉教授

会場

江東区文化センター

4F 第3会議室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

これから開催される関連セミナー