技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

共同研究開発の契約実務とトラブル対策

共同研究開発の契約実務とトラブル対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、共同研究開発を行う上で検討すべき事項、契約書の作成段階で検討すべき留意点について、トラブル事例も交えて解説いたします。

開催日

  • 2019年9月19日(木) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 化学・エレクトロニクス・自動車関連メーカーなどの技術者、研究者、法務部知財部担当者

修得知識

  • 共同研究開発契約に関する基礎知識
  • 共同研究開発契約作成・交渉における注意点
  • 具体的な契約書の条項例
  • 共同研究開発契約に関するトラブル対処法

プログラム

 技術の相互補完、効率化、リスクの軽減、異業種との業際化等を目的として行われる共同研究開発は、近時の技術の複雑化や国際化のもとで、重要性が増しています。共同研究開発を実施するにあたっては、事前に共同研究開発契約の内容を十分に検討し、不測のトラブルを未然に防ぐことが大変重要です。
 本セミナーでは、共同研究開発を行う上で検討すべき事項、契約書の作成段階で検討すべき留意点について、トラブル事例も交えて説明し、産学連携の留意点についても解説いたします。

  1. 共同研究開発契約とは
    1. 共同研究開発契約の意義
    2. 共同研究開発を行う上で認識・検討すべき事項
    3. 共同研究開発のメリット・デメリット
    4. 共同研究開発契約の交渉
  2. 契約書の作成段階で検討すべき条項例と留意点
    1. 定義・対象
    2. 研究開発の遂行に関する事項
    3. 研究開発行為の分担
    4. 研究開発行為のスケジュール
    5. 研究担当者
    6. 費用の負担
    7. 研究開発の実施場所
    8. 情報交換
    9. 報告・会合
    10. 設備・機器の貸与
    11. 成果の帰属等に関する事項
    12. 成果の確認
    13. 成果の帰属
    14. 出願及び手続遂行
    15. 権利の維持・保全
    16. 成果の利用に関する事項
    17. 当事者による成果の利用
    18. 第三者への実施許諾及び譲渡等
    19. 相手方との協力
    20. 秘密保持に関する事項
    21. 秘密保持義務
    22. 学会発表等
    23. 契約期間等に関する事項
    24. 契約期間
    25. 解約
    26. 終了後の措置
    27. デッドロック・紛争解決に関する事項
    28. その他規定すべき条項及び考慮すべき事項
  3. 大学・研究機関との契約における条項及び注意点
    1. 共同研究する理由
    2. 企業と大学の違い
    3. 契約当事者
    4. 研究担当者
    5. 秘密保持
    6. 不実施補償
    7. 第三者への実施許諾
    8. その他
  4. よくあるトラブル事例
    1. 契約締結前のトラブル
    2. 既存ノウハウを巡るトラブル
    3. 秘密保持・競業禁止を巡るトラブル
    4. 成果の帰属・実施・出願・権利行使を巡るトラブル
    5. 職務発明を巡るトラブル
    6. 共同開発の中止・中断を巡るトラブル
    7. 終了後の措置を巡るトラブル
    8. 大学・研究機関との共同研究開発を巡るトラブル
  5. まとめ及び質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/9 テキストマイニングの進め方と研究開発業務への活用 東京都
2020/3/11 人工知能を活用した研究開発業務の効率化と導入のポイント 東京都
2020/3/12 これからはじめる競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 京都府
2020/3/16 研究開発テーマの (定量的) 評価、選択方法とそのプロセス 東京都
2020/3/19 シナリオプランニングによる中長期技術戦略策定と運用の実務 東京都
2020/3/19 特許制度における医薬分野の特殊性と製品のライフサイクルマネジメントにおける特許出願戦略の考え方 東京都
2020/3/23 研究者・技術者のためのパテントマップ入門 東京都
2020/3/23 コア技術をベースにした新事業テーマの発掘と育て方 東京都
2020/3/24 材料・部品メーカーにおける共同研究開発の進め方、契約のポイント 東京都
2020/3/24 DTx (Digital therapeutics:デジタル治療) 製薬企業の取組みと知財戦略 東京都
2020/3/24 「新しい価値」を生み出すアイデア創出法と評価法・開発テーマへの落とし込み 東京都
2020/3/24 日本および海外における体外診断薬特許戦略 東京都
2020/3/25 目的によって読み方を変えよう / 特許請求の範囲、しっかり読めますか? 東京都
2020/3/26 デジタル異業種連携戦略の実践手法 東京都
2020/3/26 技術者・研究者のためのタイムマネジメントの実践手法 東京都
2020/3/27 技術ポートフォリオ作成のコツ 東京都
2020/3/31 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 東京都
2020/4/3 OODAループの基礎とイノベーション・マネジメントへの適用 東京都
2020/4/9 AI (人工知能) による知財業務の効率化と導入、運用の仕方 東京都
2020/4/15 技術英文契約書作成のポイントと的確な読み方 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 油圧機器 技術開発実態分析調査報告書