技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ナノ粒子の分散技術と過分散、凝集対策

ナノ粒子の分散技術と過分散、凝集対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、微粒子を安定分散するための考え方、評価手法と実際の分散手法を詳説いたします。

開催日

  • 2019年7月3日(水) 10時00分 16時40分

プログラム

第1部 実用プロセスにおける粒子分散性・分散安定性の考え方とその評価

(2019年7月3日 10:00~11:00)

  1. 親水性・疎水性とは? – 濡れ現象と樹脂との親和性 –
  2. さまざまなナノ粒子の特性と品質管理
  3. ナノ粒子の親水性・疎水性が関わる事象と品質変動
  4. すぐに役立つナノ粒子表面の親水性・疎水性評価法
    1. 遠心沈降分析法による評価
      1. 原理と使用装置の概要
      2. 適用例
    2. パルスNMR法による評価
      1. 原理と使用装置の概要
      2. 適用例
    3. 電位差滴定法による評価
      1. 原理と使用装置の概要
      2. 適用例
  5. まとめ
    • 質疑応答

第2部 微粒子分散における分散安定化の考え方と分散剤の活用

(2019年7月3日 11:10〜12:40)

 機能性粒子の開発が活発に行われているが、これらを安定にナノ領域まで微分散するための分散技術も重要である。粒子を安定に微分散するための基本的な考え方、実際の分散配合設計の考え方、得られた分散状態の評価技術を解説する。ナノ分散を行うためのポイントを事例を交えて紹介する。

  1. 分散プロセスの考え方
    1. 分散プロセスの単位過程
    2. 分散安定化 粒子間引力を弱めるには?
    3. 分散安定化 粒子間反発力を高めるには?
    4. 分散プロセス設計の手順とポイント
  2. 分散剤の利用技術
    1. 分散剤と粒子の相互作用力
    2. 分散剤の機能と分類
    3. 溶剤系・水系分散剤の構造と分散性能
    4. 親和性を考慮した分散配合設計
  3. 分散の評価技術
    1. 分散度の評価技術
    2. 分散安定性の評価技術
  4. ナノ分散での注意点
    1. 分散機の選定
    2. 微粒子化を促進させるためのポイント
    3. なぜ凝集しやすくなるのか 凝集メカニズムと制御のポイント
    4. 過分散とは何か 過分散を防ぐ分散方法
    • 質疑応答

第3部 ビーズミルを用いたナノ粒子の分散技術と過分散対策

(2019年7月3日 13:20〜15:00)

 分散工程に用いられる分散機には、さまざまな種類・特徴があるため、目的に合った装置を選定し、最適な条件で処理することが重要です。本講座では、分散機であるビーズミルを用いた ナノ粒子の分散技術を基礎から応用まで解説します。
 また、ビーズミルは効率よくナノ粒子を生成することが可能な装置ですが、操作条件の設定を誤ると再凝集の発生や微細化されたにもかかわらず粉体の特性や機能が低下する過分散が発生する場合があります。このビーズミルによる過分散を防止する方法も解説します。

  1. 粉砕・分散・乳化について
  2. ビーズミルの原理・特徴
  3. ビーズミルの運転方法
  4. ビーズミルの粉砕・分散効率に影響を与える因子
  5. 微小ビーズの効果
  6. 投入動力量と粉砕・分散の関係
  7. 過分散とマイルド分散®
  8. マイクロビーズ対応型ビーズミル
  9. ビーズミルでの分散例
    • 質疑応答

第4部 超音波照射によるナノ粒子の液中分散・凝集挙動制御

(2019年7月3日 15:10〜16:40)

  1. 物理的・機械的分散手法によるナノ粒子の液中分散・凝集挙動制御
    1. 超音波分散法のボールミル、微小ビーズを用いたビーズミルとの比較
    2. 超音波処理条件
    3. 粒子濃度と分散剤分子量の影響
  2. 酸化チタンナノ粒子を用いた超音波照射による液中分散・凝集挙動制御
    1. アルコール系スラリーにおける粒子濃度と分散剤分子量の影響
  3. 鉄ナノ粒子を用いた超音波照射による液中分散・凝集挙動制御
    1. 針状鉄ナノ粒子の有機溶媒中の分散条件の検討
    2. 球状鉄ナノ粒子の水 – アルコール系スラリーにおける分散状態制御
    • 質疑応答

講師

  • 武田 真一
    武田コロイドテクノ・コンサルティング株式会社
    代表取締役
  • 郷司 春憲
    郷司技術士事務所
    代表
  • 石井 利博
    アシザワ・ファインテック株式会社 微粒子技術研究所
    主任研究員
  • 石垣 隆正​
    法政大学 生命科学部 環境応用化学科
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/18 濃厚系・非水系・多成分系での微粒子/ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2019/10/25 攪拌・混合プロセスのメカニズム、スケールアップ、トラブル対策 東京都
2019/10/25 シリカ微粒子の表面特性と表面改質および分散制御 東京都
2019/10/25 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 東京都
2019/10/30 高せん断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 東京都
2019/10/30 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都
2019/10/30 懸濁重合によるポリマー粒子合成の基礎とプロセス最適化・機能性粒子調製 東京都
2019/10/31 乳化・分散・攪拌の基礎と操作およびスケールアップ 大阪府
2019/10/31 医薬品の製剤開発/製造工程におけるQbD (Quality by Design) 入門セミナー 東京都
2019/11/6 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 愛知県
2019/11/6 パーティクルカウンタを正しく使いこなすための基礎知識と活用法 愛知県
2019/11/12 乳化・懸濁重合による高分子微粒子の作製 東京都
2019/11/13 粉体化粧品の機能・使用感制御のための粉体物性の理解と機器評価・官能評価手法 東京都
2019/11/14 金属・セラミックスの焼結技術 東京都
2019/11/18 塗布・乾燥のレオロジー 東京都
2019/11/21 Hansen溶解度パラメータ (HSP値) の基礎および微粒子・ナノ粒子の凝集・分散性評価 東京都
2019/11/22 スラリー評価の基礎 東京都
2019/11/26 粒子分散液活用のための総合知識 東京都
2019/11/29 スラリーの挙動と制御技術および評価方法 東京都
2019/12/4 金属ナノ粒子・微粒子のすべてが分かる1日セミナー 東京都