技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車体軽量化の技術ロードマップと未来予測

車体軽量化の技術ロードマップと未来予測

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年4月23日(火) 13時30分 16時30分

修得知識

  • 次世代自動車のトレンド
  • 自動車の軽量化ニーズと車体に求められる性能
  • 自動車の材料転換と対応した製造技術開発動向

プログラム

 今日および近未来の自動車には、有害排出ガス規制、二酸化炭素排出量規制、衝突安全および歩行者等保護規制などさまざまな規制が課せられており、その対応にパワートレインの転換と車両の軽量化がすすめられている。軽量化はパワートレインへの負荷軽減効果もあり、最優先課題と言える。
 軽量化の手段としては、設計の合理化、より高強度の鋼材の採用、軽合金や繊維強化樹脂の採用などがあり、それらの展開が今後も進むが、部位ごとに最適な材料を採用、それらを適切に接合することが有望となるだろう。
 さらには、急速に進む自動車の電動化においては、必要とする電動機出力や蓄電池搭載量が車両重量に大きく影響を受けるため、軽量化の重要性は一層高くなっている。
 将来は自動運転技術の導入など自動車を取り巻く技術ニーズも大きく変化することが考えられ、それに備えた材料関係の技術開発も必要となってくる。
 特に、自動車の軽量化について、現行技術の延長線上にある技術だけでなく、構造、材料転換を伴う新規技術導入に興味のある方の参考になるセミナーとしたいと考えており、具体例として、BMWの電気自動車で採用した炭素繊維強化樹脂車体開発状況、材料展望を紹介する。

  1. 自動車に係る規制動向
    1. 排出ガス規制
    2. 二酸化炭素の排出規制
    3. 衝突安全
    4. 将来予想される規制
  2. 近年及び今後の自動車用パワートレイン
    1. ダウンサイジング
    2. 電動化
    3. 水素燃料ほか代替燃料
  3. 車両の軽量化に係る動向
    1. 高剛性車体設計
    2. 高張力鋼やレーザー溶接による車体軽量化
    3. アルミニウムボディやアルミ – 鉄ハイブリッド車体
    4. GFRP、CFRPおよび樹脂車体
    5. 車体外皮及び塗装
    6. 車体以外の材料転換
  4. 材料に係る技術課題
  5. 将来の自動車に必要となる新たな課題
    1. クルマの所有形態の変化の影響
    2. 自動運転自動車に必要な材料

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,907円 (税別) / 21,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額 (税込 21,500円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 59,722円(税別) / 64,500円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,889円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 樹脂・ゴム材料中におけるブリードアウト&ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/26 CFRPリサイクルとLCA オンライン
2024/2/27 プラスチック/フィルムにおける応力・ひずみ発生のメカニズムとその評価、応用 オンライン
2024/2/28 半導体製造用ナノインプリント技術の開発状況と課題、対策 オンライン
2024/2/28 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/28 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 オンライン
2024/2/28 プラスチックリサイクル技術の現状・課題・最新動向 オンライン
2024/2/29 高分子・複合材料の熱膨張メカニズムと低膨張化 オンライン
2024/3/5 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/3/6 イオン交換樹脂を使いこなすための必須知識と応用のポイント オンライン
2024/3/8 EV熱マネジメントシステムの最適化とモータ・インバータ・電池の冷却技術 オンライン
2024/3/8 「大型3Dプリンター」を用いた新しい市場、求められる成形材料、その可能性 オンライン
2024/3/8 トヨタの動きと国内外OEM動向の対比 オンライン
2024/3/8 車載半導体の最新技術と今後の動向 オンライン
2024/3/8 プラスチック系の複合材料を使いこなす勘所 オンライン
2024/3/11 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 オンライン
2024/3/12 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/3/12 自動車産業のサプライチェーンと業界動向 オンライン
2024/3/13 自動車の軽量化に向けた構造接着剤の設計と評価 オンライン
2024/3/14 単細胞緑藻細胞を直接的に利用し生産される細胞プラスチックス オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/12/31 容器包装材料の環境対応とリサイクル技術
2022/10/5 世界のプラスチックリサイクル 最新業界レポート
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/6/28 GFRP & CFRPのリサイクル技術の動向・課題と回収材の用途開発
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/31 樹脂/フィラー複合材料の界面制御と評価
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕 (CD-ROM版)
2021/8/2 CFRP (炭素繊維強化プラスチック) 〔2021年版〕
2021/6/4 CFRPの用途別動向とビジネス戦略の再構築
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/12/25 CFRP/CFRTPの界面制御、成形加工技術と部材応用
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望