技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

特許情報と市場情報を組合せた新製品開発と事業提案書の作り方

特許情報と市場情報を組合せた新製品開発と事業提案書の作り方

~パテントマップ、ポジショニングマップはどのように新規事業に活かすか? / 商品開発の失敗事例から見る成功する事業の秘訣とは?~
東京都 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、失敗事例等を通して新商品開発の成功ポイントや基本的な考え方を理解していただきます。
また、特許情報と市場情報を用いて開発動向を把握し、新製品開発へ活用する流れを解説いたします。

開催日

  • 2019年3月20日(水) 10時00分 16時30分

修得知識

  • 新商品開発の考え方・成功のポイント
  • 市場情報の集め方、捉え方
  • 特許情報の種類・加工方法
  • 事業計画の作り方・考え方
  • 提案書ストーリーの作り方

プログラム

 企業成長のためには新商品を開発して、新たな収益モデルを作ることが極めて重要です。既存の事業の上に胡坐をかいているとやがてはじり貧となり企業の存続を危うくしかねません。しかし、利益が十分に得られる新商品の開発は非常に困難がともない、成功させることは容易ではありません。新商品と称するものが「単なる改良品」だったり、「モノマネ」だったりして利益を生み出さないことを多く見受けます。
 このセミナーでは、特許情報と市場情報を用いて新商品のためのアイデアの出し方、事業可能性の見分け方を紹介します。特に特許情報が単なる発明の把握ではなく、新規事業に必要な技術動向、市場動向、顧客情報の把握など多岐に活用できることを理解していただきます。
 さらに、失敗事や成功事例を通して新商品開発の成功ポイントや基本的な考え方を理解していただきます。その結果、新商品開発リーダーの立場で会社上層部に対しどのような事業提案をすべきか、ストーリーの組み立て方等を理解できるようになります。

  1. 事業提案書の要件
    1. 何をやるのか?
    2. なぜやるのか?
    3. どのようにやるのか?
      • 【演習】パテントマップ作成
  2. 機会と市場のとらえ方
    1. 市場情報とは?
    2. 市場情報の見方
    3. 市場情報全体を概観するには?
    4. 顧客と競合とを分析するには?
      • 【演習】ポジショニングマップ作成
  3. 商品開発の失敗事例から見る成功のポイント
    1. 商品開発の失敗事例・失敗のポイント
    2. 商品開発の成功事例・成功のポイント
  4. 事業提案書のポイント
    1. どのように作るのか?
    2. どのように売るのか?
    3. どのくらい利益が出るのか?
    4. どの程度の期間・リソースでやるのか?
      • 【演習】事業提案書作成演習

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/16 ボトムアップによる新規事業アイデアの創出と評価の考え方・方法 東京都
2019/10/17 基礎から学ぶ新規事業開発の実践法講座 東京都
2019/10/21 医薬品の開発早期における患者数・市場規模予測とその精度向上 東京都
2019/10/23 他社特許の活かし方と"強い"特許を得る方法 東京都
2019/10/24 商品企画・開発・設計担当者および新規事業担当者のための「新商品アイデア創出・選別」の方法と仕組みづくり 東京都
2019/10/24 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか? 東京都
2019/10/28 医薬品マーケティング計画の立案 東京都
2019/10/29 メーカー技術者・研究者のための技術マーケティング入門 東京都
2019/10/29 研究開発ポートフォリオの構築とその活用・マネジメント手法 東京都
2019/10/29 パテントマップの作成・活用と競業企業の分析・自社特許網の構築術 東京都
2019/10/29 バイオ医薬品の海外特許動向と権利化のポイント 東京都
2019/10/29 費用対効果評価 (HTA) の基礎と実践 東京都
2019/10/30 潜在ニーズの抽出と製品開発への応用 東京都
2019/10/30 R&D部門、知財部門に対する知財教育の進め方、意識の変え方 東京都
2019/10/31 起業家、発明家、創造的イノベーターに学ぶユニークブレインラボ 東京都
2019/10/31 不確実性の高いR&Dテーマの選定・評価と必要な指標の揃え方・根拠の示し方 東京都
2019/10/31 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスと成功のポイント 東京都
2019/10/31 他社特許をヒントにした特許出願の方法 東京都
2019/11/11 適切な知財コストの考え方と保有特許の権利維持、放棄の決め方 東京都
2019/11/13 MaaS・移動×観光×未来事業創造 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書