技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電動化・自動運転化に対応するための車載電子機器のEMC対応設計

電動化・自動運転化に対応するための車載電子機器のEMC対応設計

~大電流・高電圧・高周波に対応するための設計トラブル解決のコツ~
東京都 開催

開催日

  • 2018年12月14日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 車載電子機器の状況
  • 電磁環境に関する概要
  • 電子機器の対EMC設計
  • DRに必要なシステム~コンポーネント設計における考え方
  • 各要素における設計の基本事項

プログラム

 電動車両の増大や自動運転化の趨勢において、これから自動車はますます大電力機器、高周波機器、高速通信線等が狭い車体内部にぎっしり詰め込まれ、そのEMC対応は一層困難になると考えられます。これに対応するためには幅広い技術力が要求されますが、ここでは一度基礎に立ち返る必要があると考え、事例を含めながら、回路基板パターン設計からグラウンドの取り扱いを始めとし、シールドも含めた電子機器の構造やシールド線等の配線材の取り扱いまで、極力物理的考察を加えた上で、車載電子機器のEMC対応設計について述べさせて頂きます。

  1. 車載電気電子システムの概要と取り巻くEMC環境
    1. 車載電気電子システムの現状と将来動向
    2. 取り巻くEMC環境と自動運転化時代を見据えたEMCの課題
  2. 電子機器単体と自動車へ搭載した場合のEMC設計要件
    1. 車載電子システムが作る低周波と高周波の雑音とその特徴
    2. 自動車内におけるノーマルモードとコモンモードの雑音電流
    3. 電子機器単体設計時のポイントと車載化における設計のポイント
  3. 電子機器単体におけるEMC設計
    1. ノーマルモード雑音電流流入出の低減検討
      • 配線における電力伝送の物理的考察
      • 雑音電流流入出の少ない回路基板パターンの設計
      • 低周波大電力回路と高周波小信号回路の両立
      • マイコンからの流出雑音電流の低減事例
      • デカップリング用デバイスの考察
    2. コモンモード雑音電流流入出の低減検討
      • コモンモード雑音電流を抑える筐体構造と回路グラウンドの取り扱い
      • 放熱を必要とする素子の取り扱い
    3. 放射雑音の抑制
      • 電磁シールド材の種類と原理
      • 金属筐体による電磁シールドの効果とその弊害
      • 金属筐体化した場合に増加する入出力伝導雑音電流の抑制検討
  4. 自動車への搭載状態におけるEMC性能の確保
    1. 自動車内の装着場所の電磁環境に関わる環境への配慮
      • 高周波システム間での配線間クロストークによる不具合対策事例と考察
      • 低周波の電磁誘導による不具合対策事例と考察
    2. コモンモード雑音電流流入出による不具合対策事例と考察
      • コモンモード雑音電流によるEMIとEMSの対策
      • モータのPWM制御におけるコモンモード雑音電流の対策
    3. HEVのシステム構成例とコモンモード雑音電流の考察
  5. 配線の検討
    1. 対雑音性能を考慮した配線材と自動車内における取り扱いの現状
    2. シールド線の電磁遮蔽原理と取り扱い
      • 不平衡 – 平衡変換とインピーダンス不整合によるノイズの放射と対策検討
      • 一点接地と多点接地の評価とその物理的考察
    3. 自動車内におけるワイヤハーネスの配策と雑音電流伝送の考察
  6. EMC設計の手順とDRのポイント
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 前野 剛
    株式会社クオルテック EMC技術研究室
    室長

会場

大田区産業プラザ PiO

6F D会議室

東京都 大田区 南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ PiOの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/6/26 自動運転技術の現状と今後の法的課題 東京都
2019/6/27 自動車用防振ゴムの劣化メカニズムと耐久性試験・寿命予測 東京都
2019/6/28 車載ディスプレイの曲面化動向とそれに対応する部材・技術の開発 東京都
2019/6/28 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/7/2 車載機器・部品の信頼性向上を実現する放熱・耐熱技術 東京都
2019/7/10 自動車用塗料の新しいニーズと開発事例 東京都
2019/7/10 次世代自動車における熱マネジメント技術 東京都
2019/7/10 LiDARによる自己位置推定技術 東京都
2019/7/11 5Gインパクトに対応するFPC新技術とその市場動向 東京都
2019/7/11 ADAS (先進運転支援システム) 用センサの技術動向と今後の展望 東京都
2019/7/12 ノイズ対策技術 パワエレ機器におけるノイズ対策の実際 神奈川県
2019/7/12 次世代ミリ波システムとそれを支えるミリ波材料の基礎、評価 東京都
2019/7/19 周辺環境センシング技術と悪天候対応 東京都
2019/7/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と高機能化 東京都
2019/7/24 クルマのEV化・自動運転化および、モビリティサービス化 (CASE/MaaS)を実現する技術・事業戦略 東京都
2019/7/24 自動車の電動化に向けた、SiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2019/7/25 ノイズ・EMCの基礎と対策 東京都
2019/7/25 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/7/25 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウムイオン電池原料の今後 東京都
2019/7/29 自動車の操縦安定性における基礎理論と快適性向上に向けた評価・設計 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望