技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

UV-LED硬化樹脂の設計と照射のポイント

UV-LED硬化樹脂の設計と照射のポイント

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、UV硬化樹脂の硬化収縮・不良対策について詳解いたします。

開催日

  • 2018年11月20日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 紫外線硬化樹脂に関連する技術者、開発者、研究者
    • ナノインプリント
    • 電子部品・光学部品などの接着・乾燥
    • 印刷インキの乾燥
    • 塗料・塗装コーティング剤の乾燥・硬化
    • 光ファイバ等の保護コーティング
    • 光造形
    • 3Dプリンター
    • ジェルネイル等の装飾品 など
  • 紫外線硬化樹脂の初心者、これからUV硬化性樹脂の開発に携わる方
  • 紫外線硬化処理で課題を抱えている方

修得知識

* LED-UV光源の選定の仕方と最適な使用方法 * LED-UV光源の最新の技術動向

プログラム

第1部 LED-UV光源の高出力化と樹脂硬化への応用事例

(2018年11月20日 10:00〜11:30)

 高出力LED-UV光源の種類と特長をご理解していただき、それぞれの用途に応じた最適なLED-UV光源とその使用方法についてご紹介します。

  1. 産業用途向け紫外線照射光源について
    1. 紫外線硬化について
    2. 紫外線硬化応用事例
  2. 紫外線照射光源の種類
    1. LED-UV光源
    2. ランプ式UV光源
    3. その他の紫外線光源
  3. スポット型LED-UV光源とその応用事例
    1. 特徴
    2. 性能
    3. 応用事例と光源選定のポイント
  4. リニア型LED-UV光源とその応用事例
    1. 特徴
    2. 性能
    3. 応用事例と光源選定のポイント
      1. UV接着
      2. UV印刷
      3. その他
  5. LED-UV光源の信頼性について
    1. 寿命特性
    2. 最適な使用方法について
    3. 光源管理のポイント
  6. 今後のLED-UV光源の技術動向
    1. 高出力化の動向
    2. 深紫外LEDの動向
    3. 市場の動向
    • 質疑応答

第2部 UV-LED用光硬化開始剤の設計と選択方法

(2018年11月20日 12:10〜13:40)

 光硬化開始剤は感光性材料において、その硬化特性を決定する最も重要な構成成分のひとつである。 本講演では、代表的な光硬化開始剤の種類と特性およびその適切な使用方法について概説する。その中で、UV-LED光源に適したUVAに感度を持つ光硬化開始剤についても述べる。

  1. 光硬化開始剤を用いた感光性材料
    1. はじめに
    2. UV硬化樹脂組成物
    3. 光硬化反応
  2. 光開始剤の光反応過程
    1. 光硬化特性を決定する因子
    2. UV-LED光源に対する光開始剤への要求特性
  3. 光硬化開始剤の種類、特性および反応メカニズム
    1. ラジカル型硬化開始剤
    2. カチオン型硬化開始剤
  4. 光硬化開始剤の最適使用法
    1. 各種硬化条件での最適選定及び最適使用
    2. 光硬化阻害因子とその改善法 (酸素阻害)
    • 質疑応答

第3部 UVインキの高感度化とLED-UVへの対応

(2018年11月20日 13:50〜15:20)

  1. 大量エネルギー消費による硬化システムから省エネルギー (省電力) 硬化技術へ
    1. 既存 UVと省エネ UV (LED含む)
    2. 高感度 UVインキ開発のコンセプト
  2. 商業印刷への進出に必須となった「ジャパンカラー (油性近似色) インキ」の開発
    1. パッケージ色相から,ジャパンカラー基準色相へ
    2. 油性に近い色を持った UV硬化型インキ
  3. 環境に優しい高感度インキ (non-VOC とエコマークの取得)
    1. 高感度 UVインキの環境マーク取得
    2. 脱墨の度合いが環境マークのレベルを決める
    3. 環境マーク以外にも“環境“に優しい省エネ UV (LED含む) システム
  4. 新たな処方技術・生産技術への挑戦
    1. 不可能と言われた演色性の実現
    2. 紙面向上とは違う判断が必要となる「再販製品の品質再現性」
    3. UVインキの理想的な性能,その現実と今後
  5. 今後の省エネ UV (LED含む) システムと高感度インキの展望
    • 質疑応答

第4部 UV-LEDに対応した光硬化材料の開発と応用

(2018年11月20日 15:30〜17:00)

 UV-LEDは省エネルギーかつ小型の優れた光源だが、従来の水銀ランプと比較して硬化性に劣る問題がある。本セミナーでは、UV-LEDに対応した光硬化材料について説明し、併せて最近開発した新商品と応用例を紹介する。

  1. 光硬化材料の概要
  2. 重合系の違い
    1. ラジカル重合系
    2. カチオン重合系
    3. その他
  3. 硬化性アップの手法
  4. 新商品紹介
    • 質疑応答

講師

  • 松井 良太郎
    浜松ホトニクス株式会社 電子管事業部 第4製造部 第38部門
    専任部員
  • 鮫島 かおり
    BASFジャパン株式会社 ディスプレイマテリアルズ 開発グループ
  • 沖野 雄一
    東洋インキ株式会社 機能材営業本部 UVインキ営業部
    主任
  • 大房 一樹
    東亞合成 株式会社 製品研究所

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/5 シランカップリング剤の反応メカニズムと被覆状態の評価 東京都
2020/6/5 ブリードアウト不良の原因と対策 オンライン
2020/6/8 プラスチック強度設計の基礎知識 大阪府
2020/6/9 樹脂やフィルムにおける透明性と耐熱性の両立と応用 東京都
2020/6/9 高分子結晶化の基礎と解析技術 大阪府
2020/6/11 二軸押出混練機のスクリュ設計と混練技術 オンライン
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/15 高分子材料の耐候性試験ノウハウ 東京都
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/16 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/6/19 新機能・新規応用の可能性が拡がるマイクロ・ナノカプセル 東京都
2020/6/19 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2020/6/23 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2020/6/23 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/26 高分子材料の熱履歴解析と活用例 東京都
2020/6/26 ポリウレタン活用とトラブル対策のための充実入門 東京都
2020/6/26 二軸押出機スクリューの基本構造と混練事例 東京都
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術