技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CFRPの界面設計とその制御

CFRPの界面設計とその制御

~界面接着性、層間の強度と靱性~
東京都 開催

開催日

  • 2018年11月7日(水) 10時30分 16時00分

受講対象者

  • CFRP の応用製品に関連する技術者、開発者
    • 自動車
    • 航空機、ヘリコプター
    • 船舶
    • ロケット、航空宇宙機、人工衛星
    • 軍用機
    • リニアモーターカーの車体、内装
    • 太陽電池パネル
    • 風力発電
    • プラント
    • 機械部品
    • 電池部材
    • 電子電気部品
    • 医療機器
    • 住宅・土木・建築材料
    • スポーツ用品 (自転車、釣具、ゴルフ、ラケットなど)
  • CFRP により軽量化、高強度化、振動減衰、耐疲労などを求めている方
  • CFRP に関連する技術者

修得知識

  • 最近の関連研究動向
  • 炭素繊維、CFRP (CFRTP) の基本
  • 炭素繊維-樹脂の界面接着性改善の考え方
  • 炭素繊維・樹脂および炭素繊維強化樹脂複合材料における界面制御方法
  • 界面制御した各材料の力学特性評価結果
  • CFRPの評価技術

プログラム

第1部 炭素繊維強化複合材料の課題と界面の重要性

(2018年11月7日 10:30〜12:00)

 近年、自動車用CFRPの開発が進められる中で、熱可塑性樹脂を母材とした 炭素繊維強化熱可塑性樹脂 (CFRTP) への期待が高まっている。CFRPにおいて 炭素繊維と母材樹脂の界面接着力が、その力学物性を大きく左右する重要な因子となる。 特にCFRTPでは作製工程で化学反応を伴わないため、界面接着力の制御は非常に難しい。 本講座では、関連研究の最近の動向、炭素繊維やCFRPの基本から紹介するとともに、CFRP中における界面接着力の重要性について解説する.また、特に近年注目が高まるCFRTPに おける界面制御手法について自身の研究を踏まえて紹介する。

  1. 炭素繊維・CFRPの基本
    1. 炭素繊維とCFRPの歴史
    2. 炭素繊維の強さの由来
    3. CFRPの考え方と界面の重要性
  2. 炭素繊維・CFRPの研究開発動向
    1. 国内外で実施される関連研究開発動向
    2. 低価格炭素繊維への挑戦
    3. CFRPの高速成形を可能とする熱可塑性樹脂の適用
    4. CFRPのリサイクル技術
    5. 炭素繊維への表面・サイジング処理の現状
  3. CFRTP中における界面接着力の改善手法
    1. 熱可塑性樹脂を母材とする難しさ
    2. 新しい炭素繊維 – 樹脂界面接着力の改善手法
    3. CFRPのリサイクルと界面
    • 質疑応答

第2部 炭素繊維および炭素繊維強化樹脂複合材料の界面制御

(2018年11月7日 12:45〜14:15)

 炭素繊維強化複合材料の新たな力学・機能特性の発現には、繊維/樹脂/複合材 料等の様々なスケール (マルチスケール) に存在する界面をいかに利用・制御する かが重要な技術である。本講演では、炭素繊維強化複合材料における界面制御につ いての研究成果を概説する。

  1. 背景
  2. 目的
  3. 繊維側からのアプローチ
    1. ポリイミドコーティング
    2. カーボンナノチューブ析出
    3. 単繊維での引張試験結果
    4. 複合材料化
    5. 複合材料での引張試験結果
    6. 繊維側からのアプローチまとめ
  4. 樹脂側からのアプローチ
    1. ナノ粒子混入樹脂
      1. 作製
      2. 試験結果
      3. 破壊過程検討
    2. 層間樹脂フィルム挿入
      1. 作製
      2. 試験結果
      3. 破壊過程検討
    3. 樹脂側からのアプローチまとめ
  5. まとめ
    • 質疑応答

第3部 CFRPの評価技術

(2018年11月7日 14:30〜16:00)

 炭素繊維がCFRPになるまでに、どのような評価がなされているか、 および評価値の違いが何に影響するのか、分析事例を交えて紹介します。

  1. CFRPの機械特性
    1. CFRPの種類
    2. 機械特性の支配因子
  2. 炭素繊維の表面/界面
    1. 炭素繊維が出来るまで
    2. 炭素繊維の表面処理と評価
    3. 炭素繊維の樹脂密着性評価
  3. CFRPの層間
    1. CFRPの構造と層間
    2. 層間の強度
    3. 層間の靱性
    4. CAI
  4. CFRPのその他機械特性評価
    • 質疑応答

講師

  • 入澤 寿平
    名古屋大学 大学院 工学研究科
    助教
  • 内藤 公喜
    国立研究開発法人 物質・材料研究機構 高分子系ハイブリッド複合材料グループ
    グループリーダー
  • 近藤 豊
    JFEテクノリサーチ株式会社 機能材料ソリューション本部 マルチマテリアル評価センター 自動車材料解析グループ
    副課長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/11/15 マルチマテリアル化の動向と適用技術 東京都
2018/11/16 自動車・マルチマテリアルにおける接着・接着剤技術 東京都
2018/11/21 熱可塑性CFRPの欧米最新動向と材料・成形加工技術 東京都
2018/11/26 技術・特許情報、環境規制から読み解くEVシフト・モビリティ化動向とこれからの知財戦略の在り方 東京都
2018/11/26 高せん断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 東京都
2018/11/28 プラスチックの成形不良対策 東京都
2018/11/29 セルロースナノファイバーの基礎と複合化技術 東京都
2018/11/30 CFRPの基礎およびインダストリアルCFRPと熱可塑性CFRPの最新技術動向 東京都
2018/11/30 高分子における耐衝撃性向上技術と衝撃特性解析 東京都
2018/12/5 ポリプロピレンの強度向上と自動車部材への応用 東京都
2018/12/5 注目の新規バイオプラスチック 京都府
2018/12/11 自動運転車レベル4~5動向 変わる技術と業界・消費者意識・内装デザイン 東京都
2018/12/12 自動車軽量化・マルチマテリアル化技術動向の特許・知財分析 東京都
2018/12/13 セルロースナノファイバーの樹脂への均一分散性 東京都
2018/12/14 高分子コンポジットの高導電化と高熱伝導化 東京都
2018/12/17 プラスチックの残留応力の発生機構と応力解放に伴う各種事象の予測法 東京都
2018/12/18 プラスチックレンズの設計・成形の基礎と勘どころ 東京都
2018/12/20 3Dプリンターを利用した複合材料成形と応用展開 東京都
2019/1/17 繊維強化プラスチックの疲労メカニズムと長期耐久性予測の基礎 東京都
2019/1/18 航空宇宙分野における樹脂および炭素繊維複合材料の設計、採用、信頼性評価 東京都