技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

UV硬化樹脂の硬化プロセスと硬化度評価・解析手法

UV硬化樹脂の硬化プロセスと硬化度評価・解析手法

東京都 開催

概要

本セミナーでは、UV硬化樹脂の構成成分、硬化プロセス・硬化度評価、硬化収縮と不良対策を基礎から解説いたします。

開催日

  • 2018年10月22日(月) 10時30分 15時45分

受講対象者

  • 紫外線硬化樹脂に関連する技術者、開発者、研究者
    • ナノインプリント
    • 電子部品・光学部品などの接着・乾燥
    • 印刷インキの乾燥
    • 塗料・塗装コーティング剤の乾燥・硬化
    • 光ファイバ等の保護コーティング
    • 光造形
    • 3Dプリンター
    • ジェルネイル等の装飾品 など
  • 紫外線硬化樹脂の初心者、これからUV硬化性樹脂の開発に携わる方
  • 紫外線硬化処理で課題を抱えている方

修得知識

  • UV樹脂を構成する成分の性質や役割、機能
  • 光重合開始剤の種類とその特徴
  • 適切な光重合開始剤の選定方法
  • UV硬化が可能なプロセス
  • UV硬化波長の考え方
  • UV硬化条件の抽出
  • 不具合が発生したときのアプローチ
  • 分析装置の特徴と分析チャートの見方

プログラム

第1部 フィラーを含むUV硬化樹脂の開発と応用

 UV硬化樹脂にフィラーを組み込むことで発現しがちな脆弱性、低硬化性など様々な課題を解決するためにはベースとなるUV樹脂をしっかり設計する必要がある。本講座では30年余りのUV樹脂設計の経験を通して得た様々なUV樹脂の性質や役割、機能を、四方山話やコラムをふんだんに取り入れて具体的にわかりやすく解説する。
 無溶剤型UV硬化樹脂をベースとし、機能性フィラーを組み込んだ複合材料の設計に際し、強度アップや機能を最大限に発揮させるため、UV樹脂をはじめとする構成成分の性質や役割、機能を理解し、効率的に活用する技術が習得できます。

  1. はじめに
    1. モノマーデパートから見たUV樹脂開発の歩み
    2. なぜ、いまフィラーを含むUV樹脂が必要か
  2. UV樹脂の構成成分 ~各種構成成分の働き、種類、特長~
    1. ベースレジン:ベースが組成物の物性を左右する
    2. 架橋剤:構造はよく似ていても少しの違いで働きは全く異なってしまう
    3. モノマー:希釈剤、ただ薄めるだけではない
    4. 光重合開始剤:組み合わせで全く変わる硬化性
    5. フィラー:無機、カーボン・・・。如何に組み込むか
    6. 添加剤:添加剤でフィラーは変わる
  3. 樹脂とフィラーの働き ~樹脂とフィラーの組み合わせ方~
    1. 樹脂の働き
    2. フィラーの働き
  4. 具体例 ~これまでに開発した機能性複合材料~
  5. まとめ
    • 質疑応答

第2部 光重合開始剤の種類と最適な選定

 光硬化技術は工業的に広く利用されており、その用途は多岐にわたります。光重合開始剤は、光照射による重合を開始させる活性種の生成に寄与するだけでなく、光硬化物の特性にも影響を与えるため、望ましい硬化特性に合わせて選択する必要があります。本公演では、光重合開始剤の種類と代表的な光重合開始剤に関する特徴 (吸収特性や反応性) を解説し、硬化条件に応じた光重合開始剤の選定方法について紹介します。

  1. 主要な光重合開始剤の紹介
    1. 光重合開始剤の用途
    2. 光重合開始剤の要求特性
    3. 光重合開始剤の種類と特徴
  2. 光ラジカル重合開始剤の種類と特徴
    1. 単分子開裂型開始剤の光反応機構と特徴
    2. 光増感反応の利用
    3. 分子間電子移動型開始剤の特徴
  3. 光カチオン重合開始剤の種類と特徴
    1. オニウム塩の光反応機構と特徴
    2. 光増感反応の利用
  4. 各種硬化条件での選定
    1. 表面硬化と内部硬化
    2. 透明・着色組成物の光硬化
    3. 厚膜・薄膜の光硬化
    • 質疑応答

第3部 UV照射光源と照射プロセス

 UV硬化が可能なプロセスを紹介します。UV硬化が不可能なプロセスもあることも知っていただきたいために、例を述べます。UV硬化は、紫外線を当てれば良いという事ではなく、どの様な波長を照射すれば完全硬化を行えるかを説明します。
 UV硬化プロセスは、様々な条件があり材料が硬化します。その材料硬化の検証には、硬化テストが必ず必要となります。弊社テスティングルームの紹介も兼ねて説明します。

  1. UV硬化が可能なプロセス
    1. 紫外線とは
    2. UV硬化用途
    3. UV硬化が可能なプロセス
    4. UV硬化が不可能なプロセス
  2. UV硬化プロセス
    1. UV硬化に必要な波長
    2. UV硬化に悪影響を及ぼす波長
    3. UV硬化を完全に終わらせる秘訣
  3. テストによるUV硬化条件の検証
    1. UV硬化条件の定義
    2. テスト装置例
    3. 硬化検証方法
    4. 弊社テスティングルームのご紹介
    • 質疑応答

第4部 硬化樹脂の分析と評価方法

 UV硬化プロセスおよびその製品時における不良を解明する際に用いる分析手法の原理・特徴の説明とそこで得られた分析結果 (チャート) の見方の説明。FT – IR、Ramanを始めとした分光分析法とGC/MS、LC/MS、TOF – SIMSなどの質量分析を中心に、これらを用いた微小異物や微量添加剤の同定などの実例を紹介する。
 近年、樹脂の高機能化のために樹脂中にナノ材料を分散する手法が注目されているが、このナノ材料は分散性が悪く、様々な手法で評価が行われている。その中でもナノ材料の表面官能基に関する評価ニーズは高く、当社が開発した官能基評価の1手法として注目を浴びているTPD – MS法について、実例を示しながら説明する。
 不具合が発生したときのアプローチおよび、分析装置の原理特徴と分析チャートの見方が習得でき、後には分析結果を自分なりに解釈が出来るようになる。

  1. はじめに
  2. 分析法の原理と特徴
    1. 分光分析 (FT – IRとRaman)
    2. 質量分析 (GC/MSとLC/MS)
    3. 質量分析 (TOFSIMS)
  3. 各種分析法の事例
    1. 異物分析
    2. 添加剤分析
    3. ナノ材料の官能基分析
  4. まとめ
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第4展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/11/19 高分子の劣化・変色のメカニズムと寿命評価及びトラブル解析事例 東京都
2018/11/20 UV-LED硬化樹脂の設計と照射のポイント 東京都
2018/11/20 ブリードアウトとブルームのメカニズムおよび対策講座 東京都
2018/11/21 高耐熱樹脂の設計と特性改善 東京都
2018/11/22 トライボロジーの基礎講座 東京都
2018/11/26 自己修復コーティングの開発、耐久性向上と長寿命化 東京都
2018/11/26 高せん断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 東京都
2018/11/28 低燃費タイヤの材料開発技術 東京都
2018/11/28 架橋の基礎と物性制御のコツ 東京都
2018/11/28 プラスチックの成形不良対策 東京都
2018/11/28 フェノール樹脂の基礎・分子構造制御と複合化・最先端への応用展開 東京都
2018/11/28 核剤 (結晶核剤) の基礎と最適使用法 東京都
2018/11/29 UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術 東京都
2018/11/29 高分子材料・応用製品 難燃化の基礎と最新技術動向 東京都
2018/11/30 高分子における耐衝撃性向上技術と衝撃特性解析 東京都
2018/11/30 車載コネクターに向けた樹脂材料の設計と高周波対応 東京都
2018/11/30 リビングカチオン重合の基礎と高分子の精密合成および応用展開 東京都
2018/11/30 ナノインプリントの基礎・応用と材料特性への要求 東京都
2018/12/4 感光性ポリマーの設計と高解像度、高感度化 東京都
2018/12/4 プラスチック製品の強度設計における安全率設定入門 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/20 導電・絶縁材料の電気および熱伝導特性制御