技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

特許オープン・クローズ戦略を実践するための「初めの一歩」

特許オープン・クローズ戦略を実践するための「初めの一歩」

東京都 開催

開催日

  • 2018年9月27日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 知財マネジメントに直接・間接に関わる担当者
  • 知財部門とコミュニケーションを円滑にしたいと考える研究・開発、技術部門担当者

修得知識

  • オープン・クローズ戦略
  • 知財リスクについての整理された知識と視点

プログラム

 オープン・クローズ戦略実践の阻害要因のうち一番大きいのは、クローズにした部分について他社が特許権を獲得することで自社実施が妨げられるかもしれないというリスクである。
 そこで、オープン・クローズ戦略を自社戦略に落とし込むための「初めの一歩」を提供したい。すなわち、知財リスクを可及的に見える化することによって、戦略の実践性を高められることが本講座の目的である。
 講師の専門は、知財コミュニケーション論である。テレビ朝日系アナウンサースクールで磨いたトークスキルで分かりやすく間をとりながら講義をしていく。受講者が社内でプレゼンする場合などの参考になると自負している。

  1. オープン・クローズ戦略
    1. オープン・クローズ戦略の簡単なレビュー
      1. オープン・クローズ戦略の目的
      2. 「見せない、出さない、話さない」クローズ
      3. 「特許を取って使わせない」クローズ
      4. 公衆開放のオープン
      5. 他社に開放のオープン
      6. 他社から導入のオープン
      7. あなたの会社はどのタイプ?
      8. このセミナーでのオープン・クローズ
    2. そもそも戦略論とは
      1. 戦略論は羅針盤 (オープン・クローズ戦略論も同じ)
      2. 実践的戦略各論の立案・実践
    3. オープン・クローズ戦略の実践
      1. あなたは、オープン・クローズ戦略に賛成?
      2. あなたの会社でオープン・クローズは成功していますか?
      3. オープン・クローズ領域は誰が決める?
      4. オープン・クローズ領域はどうやって決める?
      5. 「聞いて、理解して、何もしない」では何も変わらない (実践)
    4. オープン・クローズ戦略の障害
      1. 成功しない理由は何だと思いますか?
      2. 中小企業に学ぶオープン・クローズ戦略成功のコツ
      3. 安心・安全のクローズはあり得るか?
      4. 経済活動の本質は何か?
      5. オープン・クローズ戦略の障害について講師の考え
  2. オープン・クローズ戦略のポイントとなる、知財リスクの扱い方
    1. そもそもリスクとは何か?
      1. 一般的リスクの概念
      2. 知財リスクの概念 (私見)
      3. 各分野におけるリスクの議論
      4. 知財リスクの特徴 (私見)
    2. 新井式知財リスクマネジメントの紹介
      1. 新井式知財リスクマネジメント提唱の経緯
      2. 新井式知財リスク学の定義
      3. 新井式知財リスクマネジメントの目的
    3. 知財リスクのエンドポイントの見える化事例
      1. 前提
      2. 発生確率
      3. 訴訟提起・原告勝訴の確率
      4. 仮説の設定
      5. 仮説の検証
      6. 考察
      7. コンプライアンスとの関係
      8. 米国デポジッションのリスク (講師の経験)
  3. 講師が考える成功への途

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/22 研究開発ポートフォリオの軸設定と仕組み構築およびマネジメント手法 東京都
2018/10/23 IPランドスケープの手法と効果的な活用の仕方 東京都
2018/10/24 未来予測の思考法 東京都
2018/10/24 潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用 東京都
2018/10/25 AI / IoT 開発競争を勝ち抜くための海外特許動向と発明発掘・権利化のポイント 東京都
2018/10/26 研究開発テーマにおける費用対効果の考え方とその算出方法 東京都
2018/11/7 新規事業テーマの発掘とその進め方 東京都
2018/11/8 後発で勝つための知的財産・事業参入戦略 愛知県
2018/11/9 知財 (IP) ランドスケープの分析、評価、活用法 東京都
2018/11/12 空飛ぶ車の実用化と求められる新材料、新技術 東京都
2018/11/13 自分で出願できますか? 権利化できますか? 東京都
2018/11/14 オープン&クローズ戦略と知財マネジメントの実施 東京都
2018/11/16 再生医療、細胞治療における細胞培養技術の特許戦略 東京都
2018/11/20 技術者・研究者のための拒絶理由通知対応ノウハウ 東京都
2018/11/21 新事業、新商品開発を実現する戦略策定とプロジェクトマネジメント 東京都
2018/11/21 技術シーズ・潜在ニーズの抽出法と商品アイデア創出への活用 東京都
2018/11/22 データ分析で読み解く潜在ニーズと新事業テーマの立案、提案の仕方 東京都
2018/11/22 メーカー技術者・研究者のためのマーケティング入門 東京都
2018/11/26 技術・特許情報、環境規制から読み解くEVシフト・モビリティ化動向とこれからの知財戦略の在り方 東京都
2018/11/26 自動車電動化の舵を取る環境規制と電池産業への波及、車載用電池の技術開発・特許動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)