技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

機能性UV硬化樹脂設計の勘どころ

機能性UV硬化樹脂設計の勘どころ

~UV硬化技術の基礎から材料設計・フィラー配合 & 今後発展する新規応用分野に対応する、UV硬化樹脂の未来~
東京都 開催

開催日

  • 2018年9月27日(木) 13時00分 16時30分

修得知識

  • UV硬化技術の仕組み
  • UV樹脂をはじめとする構成成分の性質や役割、機能
  • UV硬化を効率的に活用する技術

プログラム

 1970年代に本格化したUV硬化システムは、その発展とともに広範な市場展開を推し進めており、刷版材料、各種コーティング剤、多層配線板、粘・接着剤、封止剤、レジスト材料を始め多種多様な様々な新規材料が世代交代し、発展してきた。
 本講では、時代に合わせた最適UV硬化樹脂を設計するにあたり、先ず、これまで発展してきたUV硬化技術について私自身の経験も取り入れながらレビューした上で、複合材料など最新の応用分野に如何に活かすかについて、また、講演前に頂いた質問にも対応しながら、参加者とゆっくりディスカッションさせていただく予定です。

  1. はじめに UV硬化システムは如何に発展してきたか
    1. UV硬化の原理と技術、その基礎と有用性
    2. 「モノマーデパート」から見た我が国のUV樹脂開発の歩み
    3. UV硬化を支える技術
  2. UV硬化の光源 光を使いこなすための第一歩
    1. UVとは
    2. 光源
    3. 光を使いこなす
  3. UV硬化の化学 各種UV硬化反応の概要、長所、短所など特長について
    1. UVラジカル硬化反応
    2. UVカチオン硬化反応
    3. UVアニオン硬化反応
  4. UV硬化樹脂の構成成分 ラジカル反応を中心に
    1. ベースレジン:ベースが組成物の物性を左右する
    2. 架橋剤:構造はよく似ていても少しの違いで働きは全く異なってしまう
    3. モノマー:希釈剤、ただ薄めるだけではない
    4. 光重合開始剤:組み合わせで全く変わる硬化性
    5. 樹脂とフィラーの働き ~樹脂とフィラーの組み合わせ方〜
      1. 樹脂の働き
      2. フィラーの働き
      3. 添加剤:添加剤でフィラーは変わる
      4. 硬化方法:UV硬化と光熱デュアル硬化
  5. 具体例 これまでに開発した機能性複合材料の最新応用例を解説
    1. UVブラック
    2. 帯電防止ハードコート
    3. 熱対策
  6. UV硬化性樹脂の未来 今後急速に発展する分野に対応するために
    1. ロボティクス
    2. 光学材料
    3. AI
  7. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 池田 順一
    共栄社化学 株式会社 奈良研究所 機能性化学品事業部 研究部
    上席研究員

会場

東京流通センター

2F 第3会議室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/19 高分子における相溶性・相分離メカニズムと目的の物性を得るための構造制御および測定・評価 東京都
2019/2/20 結晶性高分子の構造解析手法 東京都
2019/2/22 ウレタン材料の基礎と構造分析 東京都
2019/2/22 ポリイミドの基礎知識と高性能化技術 東京都
2019/2/22 ベンゾオキサジン樹脂の分子間反応と材料設計 東京都
2019/2/25 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 東京都
2019/2/26 シランカップリング剤の反応メカニズムと使いこなし術 東京都
2019/2/26 バイオマスプラスチックの基礎から応用まで 東京都
2019/2/27 重合開始剤の種類、特徴と選び方、使い方 東京都
2019/2/27 高分子材料のトライボロジーの特性と摩耗・摩擦低減技術 東京都
2019/2/27 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2019/2/27 ゾル-ゲル法の総合知識 東京都
2019/2/27 ポリイミド 合成と特性の理解と高機能化 東京都
2019/2/28 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2019/2/28 固体高分子材料の動的粘弾性測定 東京都
2019/3/4 エポキシ樹脂の硬化メカニズムと配合設計のポイント 東京都
2019/3/4 シランカップリング剤の基礎と上手な活用法 大阪府
2019/3/4 樹脂・ゴム材料におけるブリード・変色・劣化のメカニズムと分析方法 大阪府
2019/3/5 生分解性プラスチックの基礎と最新技術・市場開発動向 大阪府
2019/3/5 二軸混練押出のスクリュ設計と条件設定 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発