技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

臨床試験で求められるデータインテグリティ対応

臨床試験で求められるデータインテグリティ対応

~コンピュータ化システムバリデーション実施 ・紙データ・電子データの取り扱いや管理~
東京都 開催

開催日

  • 2018年5月18日(金) 10時30分 17時00分

プログラム

第1部. 臨床試験で求められるCSVとデータインテグリティ対応

(2018年5月18日 10:30〜14:45)

 数年前よりデータインテグリティの様々なガイダンスが発行され、また当局査察でもデータインテグリティという切り口での指摘が多くみられるようになってきた。臨床試験では人の関与が多く、データインテグリティの確保をするためにやらなければならないことは多く、特にコンピュータ化システムバリデーション (CSV) を適切に実施することは必須である。
 本講座では、臨床試験においてデータインテグリティを確保するために必要なことを基礎から丁寧に解説する。

  1. データインテグリティ
    1. データインテグリティの要件
    2. ALCOA原則
    3. 英国MHRA、米国FDA、PIC/Sのガイダンス
    4. ICH R2の改訂
    5. 米国FDAウォーニングレターに見る重要ポイント
    6. データライフサイクル
  2. ER/ES規制対応
    1. ER/ES規制の背景
    2. 三極のER/ES規制
    3. EDC管理シート
    4. 電磁的記録管理要件
    5. セキュリティ
    6. 監査証跡
    7. 電磁的記録の保管
    8. 電磁的記録の移行
    9. システムチェック
    10. 電磁的記録の交付
    11. オープンシステムとクローズシステム
    12. 電子署名管理要件
    13. 電子署名の定義
    14. 電子署名における個人の特定
    15. 電子署名要素の明示
    16. 電子署名と電磁的記録のリンク
    17. Part 11 Q&A ガイダンス
    18. 電子サービス
    19. モバイル技術
    20. ウォーニングレターの傾向
    21. 組織としての取り組み
  3. コンピュータ化システムバリデーション
    1. なぜCSVが必要か
    2. 三極のCSV規制・ガイドライン
    3. コンピュータ化システム導入・開発フェーズ
    4. コンピュータ化システム運用フェーズ
    5. EDCシステムのCSV
    6. ベンダー監査の実施
    7. アジャイル開発 vs. ウォータフォール開発
  4. クラウド対応
    1. クラウド利用時の留意点
    2. SaaSのリスクと対応
    3. クラウドサービスの評価
    • 質疑応答

第2部. 査察を想定した紙データ・電子データの取り扱い/管理のポイント

(2018年5月18日 15:00〜17:00)

 査察において、従来のような紙データのみならず電子データからの説明を求められることも多くなってきている。そのような状況のもとでは紙媒体と電子媒体とを効率よく管理する必要性に迫られている。今回は査察で必要とされるデータの取り扱い、保管管理についてポイントを取りまとめてみたい。

  • 近年の状況
  • 査察をする側の立場
  • 査察をうける側の立場
  • 査察のあり方
  • 査察への事前の準備と事後の記録
  • 査察官チェック事項の傾向
  • 査察を想定した留意すべき文書類
  • 紙データ・電子データの取扱い
  • 電子媒体、電子データの構造
  • 効率的な保管管理
  • よくある国内、海外特有の指摘/コメント
  • 適切な回答の示し方
  • 事例から学ぶ国内外査察対応
  • Q&A など
  • 質疑応答

講師

  • 第1部: 中野 健一
  • 第2部: 外資系大手製薬企業 臨床試験/安全性情報 担当者
  • 中野 健一
    アズビル 株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー エンジニアリング本部 プロジェクト部
    部長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/3/22 医薬品製造現場における逸脱発生事例と具体的対応手法 東京都
2019/3/22 凍結乾燥製剤のスケールアップ技術とバリデーション実施のポイント 東京都
2019/3/22 変形性関節症の病態 / 治療・診断技術の現状と臨床現場が望む新薬像 東京都
2019/3/25 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間) 東京都
2019/3/25 治験薬GMP 入門講座 東京都
2019/3/25 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」 東京都
2019/3/25 Excelで実践する医薬品の販売数量予測と価格予測 東京都
2019/3/26 再生医療の最新技術・市場動向 東京都
2019/3/26 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点と解決 東京都
2019/3/26 「タンパク質溶液の凝集と液-液相分離」「凝集体最小化・微粒子発生抑制」コース 東京都
2019/3/26 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「規格及び試験方法」及び「分析法バリデーション」 東京都
2019/3/26 タンパク質溶液の凝集と液-液相分離 東京都
2019/3/27 バイオ医薬品における凝集体発生の予測/測定と凝集体最小化・微粒子発生抑制 東京都
2019/3/27 CSV (コンピュータ化システムバリデーション) とデータインテグリティの実務理解 東京都
2019/3/27 はじめから学ぶ薬剤経済学 東京都
2019/3/27 動物用医薬品開発の為の人用医薬品試験データの活用法と評価 東京都
2019/3/27 国際共同試験実施の実際と必要な実践英語 東京都
2019/3/27 AI技術を利用した医薬品開発における特許戦略の新たな動向 東京都
2019/3/27 再生医療のための足場材料研究開発の現状と展望 東京都
2019/3/28 効率的なコンピュータ化システムバリデーションとは 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 PMDA要求「EDC管理シート」記載方法と適合性調査対応
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル