技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マイクロLEDの基礎と今後の展開

マイクロLEDの基礎と今後の展開

東京都 開催

概要

本セミナーでは、LCD (液晶ディスプレイ) や有機EL等の先行するディスプレイ技術、QLED (量子ドットLED) やGaNナノコラム発光デバイス等次世代ディスプレイ技術等との比較をしながら、また自発光型ディスプレイ開発の変遷をなぞりながら、マイクロLEDの開発動向と今後の展望を解説いたします。

開催日

  • 2018年2月27日(火) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • ディスプレイ業界の関係者
  • 光伝送 (光信号による情報伝達) 関連の技術者
  • 化合物半導体 (特にGaN on Si) 関連の技術者

修得知識

  • μ-LEDの開発動向、開発状況と課題
  • ディスプレイ業界の相関図
  • 自発光型ディスプレイ開発の変遷 (SED、PDP、OLED等)

プログラム

 マイクロLED (μ-LED) が、OLEDに代わる民生用の次世代ディスプレイ用自発光型光源として注目されている。OLEDは輝度、耐湿性等で問題があり、大型画面や屋外使用の面で限界が指摘されている。また、OLEDディスプレイは変形固定できるが、折り曲げ対応=フレキシブル化は難しいと認識されてきた。このため、これら課題を解決すべくμ-LEDに関心が集まってきた。但し、μ-LEDの製品化には実用面およびコスト面で高い障壁があるとされている。
 今回、μ-LEDの開発状況、技術課題およびその対策に関して説明する。また、OLEDからμ-LEDに走る業界事情等についても解説する。そして、過去のディスプレイ開発経緯および競合技術 (QLED等) についても概要を述べる。

  1. 既存のディスプレイ技術;特徴と比較
    1. LCD
    2. LED
    3. OLED
      • 白色OLED
      • RGB-OLED
    4. LCD vs OLED
  2. μ-LED;概要の説明
    1. 発光原理
    2. 自発光型ディスプレイ
    3. 課題
      • 発光 (遮光)
      • 集積化 (回路)
  3. μ-LEDの製法; 技術提案、試作例の紹介
    1. スモール化 (小型LED)
    2. マイクロ化 (集積LED:㎜→μm)
  4. OLEDの課題;μ-LEDに関心が集まる理由および背景
    1. 技術面;発光性能、耐湿性
    2. 事業面;韓国 vs 米国 (台湾) そして中国大陸
  5. 競合技術;過去の歴史および今後の技術案件紹介
    1. SED (表面伝導型電子放出素子ディスプレイ)
    2. PDP (プラズマディスプレイ)
    3. QLED (量子ドットLED)
    4. GaNナノコラム
  6. 実用光源の開発経緯;μ-LED実用化への課題を成功例に学ぶ
    1. LED
    2. OLED
    3. 単面発光源
      • RCLED
      • VCSEL (垂直共振器面発光レーザ)
      • LD (レーザーダイオード)
    • 質疑応答

講師

  • 越部 茂
    有限会社アイパック
    代表取締役

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

関連する出版物