技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ライトフィールドカメラ/ライトフィールドディスプレイの基礎理論と最新動向

ライトフィールドカメラ/ライトフィールドディスプレイの基礎理論と最新動向

~その次のカメラ、その次のディスプレイへの革新技術へ~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、ライトフィールドの基本的な考え方から、理論的背景、解析方法、最新技術動向まで詳解いたします。

開催日

  • 2017年9月14日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • ライトフィールドの全体像
  • ライトフィールドを取り扱うための理論的基礎
  • ライトフィールドカメラとライトフィールドディスプレイの原理と研究動向
  • ライトフィールドの応用先

プログラム

 ライトフィールドは、光を電磁場などの物理的な場と同様に捉える考え方であり、かつ、光を記述する関数でもある。一般には、ライトフィールドは、2次元の位置と、2次元の方向の4次元の情報で表さられ、様々な処理や解析を行う。
 1996年にコンピュータグラフィックス分野で本格的に研究が始まったライトフィールドは、当初は、複数枚の画像から新しい画像を生成するイメージベースドレンダリングの一手法という位置付けであった。しかしながら、現在は、多くの研究によりコンピュータグラフィックスやコンピュータビジョン、画像処理だけでなく、光学設計、ディスプレイ、カメラ、他分野でも有用であることがわかってきた。ライトフィールドは理論的な解析も進んできており、今まで以上に幅広い領域に応用が広がりつつある。近い将来、関連分野では必須の知識・技術となると予想される。一方で、ライトフィールドの日本語での解説は少なく、国内では十分な認知がされているとは言いがたい状況である。
 そこで、本セミナーでは、ライトフィールドの基本的な考え方から、記法、理論的背景、解析方法について説明し、続いて、ライトフィールドの主な応用先である、カメラとディスプレイについて最新の研究結果も交えながら解説を行う。

  1. ライトフィールドの基礎
    1. ライトフィールドとは何か
    2. ライトフィールドの背景・歴史
    3. ライトフィールドの理論的基礎・特性
  2. ライトフィールドの理論
    1. 光線空間
    2. ライトフィールドの定式化
    3. ライトフィールドの座標系
    4. ライトフィールドのサンプリング理論
    5. ライトフィールドの処理
  3. ライトフィールドカメラ
    1. ライトフィールドカメラの原理
    2. ライトフィールドカメラの実装例
      1. カメラアレイ方式
      2. レンズアレイカメラ方式
  4. ライトフィールドディスプレイ
    1. ライトフィールドディスプレイの原理
      1. 標本化方式ディスプレイ
      2. 積層方式 (テンソル) ディスプレイ
    2. ライトフィールドディスプレイの実装例
    3. ライトフィールドディスプレイの応用
      1. 立体ディスプレイ
      2. 焦点調節機能付きライトフィールドディスプレイ
      3. ヘッドマウントディスプレイへの応用
      4. メガネ型ディスプレイへの応用
  5. ライトフィールドの可能性と今後
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第3講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/21 機械学習による画像物体認識の仕組みと最新動向 東京都
2019/2/21 マイクロLEDの課題と展望 東京都
2019/2/21 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、自己位置推定への応用 東京都
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/26 質感・色彩の測定・評価技術と製品開発および管理への応用 東京都
2019/2/27 ディスプレイ用光学フィルムの技術動向と開発のポイント 東京都
2019/2/27 光学設計の入門・基礎講座 東京都
2019/2/28 ウェアラブルデバイス / センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開 東京都
2019/2/28 次世代プリンタの画像処理 東京都
2019/3/4 画像データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 東京都
2019/3/6 3次元点群からの特徴抽出と高能率レジストレーション 東京都
2019/3/11 ヒトの「顔・表情」の解析ノウハウと製品開発への応用 東京都
2019/3/11 パターン認識・画像認識の基礎と応用 東京都
2019/3/14 有機ELディスプレイ・照明技術と今後の展望 東京都
2019/3/18 画像処理技術を用いた外観検査・目視検査の自動化 東京都
2019/3/19 進むディスプレイのフレキシブル化 技術動向と今後の展望 東京都
2019/3/19 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/3/28 フレキシブルデバイス・ディスプレイの材料や部材のフレキシブル化対応、今後の展望 東京都
2019/3/28 ヘッドアップディスプレイにおけるドライバの安全性評価と視覚情報制御 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)