技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

柔らかいロボットとその材料開発

柔らかいロボットとその材料開発

~ソフトアクチュエータ / フレキシブルセンサ / 柔軟機構~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2017年3月10日(金) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 高分子アクチュエータ・ EAP ・誘電エラストマー・人工筋肉の応用分野の技術者、開発者、研究者
    • 機械
      • アクチュエータ
      • ポンプ
      • モータ
      • ブレーキ
      • ロボット
      • 位置決め
    • 電子機器
      • センサ
      • 携帯用オートフォーカス・ズーム機構
      • 大型平面ディスプレィ
      • スピーカー
      • 携帯電話向けバイブレータ
      • ノイズリダクション・システム
      • MEMS/MEMS EAPスイッチ
      • EAPアパチャー
      • EAPバルブ
    • 医療機器・医療用器具
      • 内視鏡
      • カテーテル
      • 使い捨て器具
    • エネルギー・ハーベスティング
      • 高効率人工筋肉発電システム
      • エナジーシューズ
      • 化学反応を利用した人工筋肉発電
      • 潮力発電・風力発電 など
  • 高分子アクチュエータ・ EAP ・誘電エラストマー・人工筋肉に関連する技術者、研究者
  • 高分子アクチュエータで課題を抱えている方
  • これから高分子アクチュエータに携わる方

プログラム

第1部 細径人工筋肉が拓くソフトロボティクス

(2017年3月10日 10:00〜11:30)

  1. 細径マッキベン型人工筋
    1. マッキベン人工筋の構造と動作原理
    2. 細径人工筋肉
    3. ソフトロボティクス
  2. 筋骨格ロボットへの応用
    1. ヒトと類似した運動特性を持つロボット機構の実現
  3. 超長尺超軽量ロボットへの応用
    1. ジャコメッティロボットアーム
    2. ジャコメッティ歩行ロボット
  4. アシストスーツへの応用
    • 質疑応答

第2部 磁性ソフトマテリアルの弾性変化機構とその応用

(2017年3月10日 12:10〜13:40)

 “柔らかい”特徴を持つ磁性ソフトマテリアルは、人間に優しいソフトアクチュエータ、ソフトインターフェイス、高効率なソフトマシンに応用できる。
 本講では、磁性ゲルの伸縮運動、回転運動などのアクチュエータ機能について紹介し、弾性率が劇的に変化する磁性ゲル、ドライ環境で使える磁性エラストマーの可変粘弾性について解説する。

  1. 磁性ソフトアクチュエータ
    1. 磁性ゲルの伸びと磁性強度の関係
    2. 応用例
  2. 磁性ゲルの可変粘弾性
    1. 磁性ゲルの貯蔵弾性率とひずみの関係
    2. 磁性ゲルの複素弾性率の磁場応答性
    3. 磁場印加による磁性粒子の移動
    4. 応用例
  3. 磁性エラストマーの可変粘弾性
    1. 磁性エラストマーの磁場応答性
    2. 応用例
    • 質疑応答

第3部 柔軟触覚センサの構造、原理、特徴と応用展開

(2017年3月10日 13:50〜15:20)

  1. 3軸触覚センサ
    1. 原理
    2. 構造
    3. 製造プロセス
    4. 特徴
  2. やわらかさを活かしたアプリケーション
    • 質疑応答

第4部 ソフトロボットの機構と力学 ~弾性体の飛び移り座屈を利用した瞬発力発生機構の場合~

(2017年3月10日 15:30〜17:00)

 弾性体を撓ませて両端にトルクを加えることにより、急激な変形が生じることがある。飛び移り座屈と呼ばれるこの現象が起こる際に、急激な変形に伴う放出エネルギをうまく仕事におきかえることで、この柔軟機構は、極めてシンプルな瞬発力発生装置として機能し、例えば、跳躍ロボットなどに利用することができる。
 本講演では、ソフトロボットの一例として、弾性体の飛び移り座屈を利用した瞬発力発生機構を紹介するとともに、その力学的な取り扱いについても解説する。

講師

  • 鈴森 康一
    東京工業大学 工学院
    教授
  • 三俣 哲
    新潟大学 工学部 機能材料工学科
    准教授
  • 中井 亮仁
    東京大学 大学院 情報理工学系研究科
    特任助教
  • 望山 洋
    筑波大学 大学院 システム情報系
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/23 発泡プラスチックの基礎 オンライン
2022/5/23 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 オンライン
2022/5/23 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 オンライン
2022/5/25 時間-温度換算則を活用した高分子材料の強度・変形予測、諸特性の加速試験方法 オンライン
2022/5/25 フィルム延伸時の分子配向と結晶化のメカニズムと制御方法 オンライン
2022/5/26 廃プラスチックの最新リサイクル技術の動向 オンライン
2022/5/27 摩擦振動 (スティックスリップ) の基礎、発生メカニズムと摩擦振動・異音の対策技術 オンライン
2022/5/27 ポリマーの接着性を改良する架橋技術 オンライン
2022/5/30 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 オンライン
2022/5/30 熱分解分析法 オンライン
2022/5/30 樹脂成型の知識 オンライン
2022/5/30 高分子材料の結晶・非晶構造と物性、構造制御、高性能化の分子設計及び高分子加工プロセスへの展開 オンライン
2022/5/30 高分子合成におけるラジカル重合の基礎講座 オンライン
2022/5/30 ポリビニルアルコール (PVA) の構造・物性および高機能化 オンライン
2022/5/30 ポリマーアロイの最新技術動向 オンライン
2022/5/31 1日速習:プラスチックの基礎 オンライン
2022/5/31 高感度化フォトレジスト材料の設計術 オンライン
2022/5/31 高分子複合材料のレオロジーの基礎と応用 オンライン
2022/5/31 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/5/31 ポリマーブラシの基礎と応用に関する技術 オンライン