技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

オープンイノベーションの創薬への活用事例

オープンイノベーションの創薬への活用事例

~知財マネジメント / 特許出願と公表 / 人材育成 / 利益相反 / イスラエル / ビジネスアライアンス~
東京都 開催

開催日

  • 2017年2月13日(月) 10時00分 17時15分

プログラム

第1部. イスラエルにおける日系企業のイノベーション活動の留意ポイント

(2017年2月13日 10:00〜11:30)

 昨今注目を集めている中東のシリコンバレーのイスラエルでのグローバル企業の動きから、そうした企業が進める現地でのオープンイノベーション活動についてお話します。
 現地では、いくつかの日系企業が活動を始めており、彼らの頭脳といかに連携するのかのポイントについてお話します。

  1. 中東のシリコンバレーイスラエルについて
  2. 最近のイスラエルの動き
  3. イスラエルのスタートアップエコシステム
  4. グローバル企業の活動
  5. アクセラータプログラムについて
  6. 研究開発の手法の変化について
  7. 日本との事例
  8. ビジネスアライアンスのポイント
  9. 日系企業の現地での活動
  10. 最後に
    • 質疑応答

第2部. 京都大学における革新的新薬創製のためのオープンイノベーションの活用

~AKプロジェクトの経験を通じた大学側の産学連携に対する視点~

(2017年2月13日 11:45〜13:15)

  1. AKプロジェクトについて
    1. AKプロジェクトの概要
    2. AKプロジェクトのマネジメント体制
    3. AKプロジェクトの研究体制
  2. AKプロジェクトにおける知的財産マネジメント
    1. 知財マネジメント体制
    2. 知財関連事項の周知
    3. 特許出願と公表のマネジメント
    4. 契約のマネジメント
  3. まとめ
    • 質疑応答

第3部. 革新的新薬創製のためのオープンイノベーションの活用

(2017年2月13日 14:00〜15:30)

 近年の製薬業界には二つのキーワードがある。まず一つは「グローバル化」、そして二つ目は「オープンイノベーション」である。このうち社内外の研究をWIN – WINの関係で有機的に結び付けようとするオープンイノベーションという概念は国内の製薬企業にも浸透しつつある。
 産学官の連携によるオープンイノベーションによるアカデミアの研究シーズの育成は需要である。特に製薬企業のような事業会社のアカデミアの研究シーズを患者さんに届けるためのサポートが大いに期待されている

  1. 医薬品の世界の現状
  2. 新薬開発はいわゆるブロックバスターモデルが終焉を迎え、新しい戦略に転換していること
  3. 医薬品開発方法の見直しがおこなわれている
  4. 医薬品開発の国内外当局の新たなるチャレンジ
  5. 医薬品開発の厳しい現状
  6. 今後アカデミアに期待すること
    • 質疑応答

第4部. 革新的創薬実現のためのオープンイノベーションの推進に向けて利益相反マネジメントの重要性

~東京医科歯科大学の取組み~

(2017年2月13日 15:45〜17:15)

  1. 医学系産学連携の現状
  2. 東京医科歯科大学の産学連携活動
    1. 産学連携サポート体制
    2. 産学連携実施状況
    3. 産学連携推進に向けた取組み
    • 質疑応答

講師

  • 加藤 清司
    株式会社ISRATECH
    代表取締役CEO
  • 早乙女 周子
    京都大学 大学院医学研究科 知的財産経営学分野
    特定教授
  • 坂田 恒昭
    塩野義製薬 株式会社
    シニアフェロー
  • 飯田 香緒里
    東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部
    教授 / 産学連携研究センター長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/24 基礎から学ぶやさしいGMP超入門 (2日間) 京都府
2019/7/24 固形製剤製造における網羅するべき粉体の物性とハンドリングテクニック 東京都
2019/7/24 敗血症の病態・診断・治療の現状と求める診断・治療薬像 東京都
2019/7/24 一変時のCTD作成/適切な記載と照会事項対応のポイント 東京都
2019/7/24 CTD作成コース「後発医薬品CTD・MF作成」「一変時のCTD作成」 (2日間) 東京都
2019/7/25 核酸医薬品の開発・国内外規制動向と品質/安全性評価のポイント 東京都
2019/7/26 GMP省令改正における「原料等の供給者管理」の対応および原薬・原料・資材各々の取決めと監査のポイント 東京都
2019/7/26 日米欧主要国の医療・薬価制度の概要と価格戦略のポイント 東京都
2019/7/26 アジア申請 (ASEAN、東アジア、インドなど) におけるACTDを含む申請のポイントと各国要求事項 東京都
2019/7/26 治験での逸脱事例を用いたRCA実施からCAPA策定ワークショップ (基本編) 東京都
2019/7/29 先発メーカー・競合他社の特許分析の仕方と弱みの見つけ方 東京都
2019/7/29 データインテグリティ指摘をふまえたスプレッドシートの効率的CSV管理と再バリデーション 東京都
2019/7/29 分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準 東京都
2019/7/29 バイオ医薬品における試験方法の設定、精度管理を踏まえた規格設定の妥当性説明及び分析法バリデーションの実施方法 東京都
2019/7/29 海外サプライヤー監査手法と盲点を少なくするための現地監査における着眼点 (事例) 東京都
2019/7/29 中堅製薬会社の生存戦略 ~ 取るべきビジネスモデルと狙うべきモダリティ戦略の考え方 東京都
2019/7/30 アトピー性皮膚炎のメカニズム研究と分子標的治療 東京都
2019/7/31 原薬を変更する際の留意点と同等性評価のポイント 東京都
2019/7/31 バイオ医薬品製造におけるプロセス開発とスケールアップ 東京都
2019/7/31 国際共同試験実施の際に必要な実践英語入門 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書