技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

セルロースナノファイバーの特徴と樹脂複合化による実用化展開

セルロースナノファイバーの特徴と樹脂複合化による実用化展開

東京都 開催

開催日

  • 2017年1月19日(木) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • CNF成形等加工機、試験・分析機器関連の技術職・営業職
  • 自社製品にCNFの応用・実用化検討したい方
  • プラスチック成形加工、コンパウンドメーカー
  • CNF関連加工技術を開発したい方
  • CNF市場を把握したい方

プログラム

 昨今、セルロースナノファイバー (CNF) のサンプル提供が本格的に開始され、一部実用化・事業化製品も出始めております。
 約10数年来、特にCNF/熱可塑性樹脂複合化技術開発に京都大学生存圏研究所矢野研究室と共に実施して来た中で、現在、今後の本格的な社会実装に向けて重要な時期を迎えていると言えます。
 本セミナーでは、CNFの特徴また現在サンプル提供されているCNF材料の特徴、樹脂複合化の開発過程とその実際、国内外における社会実装化に向けての動向、自社製品にどのようにCNFを取込んで行くかのポイント等についてご紹介、お話しさせて頂きます。

  1. ナノセルロースについて
    1. セルロースナノファイバー (CNF) の特徴とその製法及び原料
      1. シングルセルロースナノファイバー (化学処理/解繊)
      2. セルロースナノファイバー (機械的解繊)
    2. セルロースナノクリスタル (CNC) の特徴とその製法
    3. 現在サンプル供給を開始しているCNFメーカー10社の特徴と提供サンプル等のご紹介
      1. A3一覧表の配布によるご紹介(2016/9/20改訂2版)
  2. ナノセルロース研究開発の世界的動向とISO国際標準化の動向
  3. CNF/熱可塑性樹脂ナノコンポジットの開発
    1. 粉末法による[親水性]CNFと[疎水性]熱可塑性樹脂の複合化
    2. CNFの化学変性によるナノコンポジットの高性能化
      1. 化学変性の考え方
      2. 変性CNFによる性能アップ
      3. 変性パルプを用いたCNF化解繊/ナノ分散同時混錬法の開発
      4. CNFナノコンポジット用熱可塑性樹脂種の横展開について
    3. 「京都プロセス」における変性パルプ及びCNF/樹脂MBの製造とサンプル提供
  4. 変性CNF/熱可塑性樹脂の微細発泡成形
    1. 超臨界CO2バッチ発泡法による微細発泡基礎技術の開発
    2. 変性CNFナノコンポジットを用いた超臨界N2射出発泡成形
  5. CNFの染色と材料着色CNF/熱可塑性樹脂ナノコンポジットの開発
    1. CNFの染色とサンプル見本
    2. 材料着色事例とサンプル見本
  6. CNF材料の社会実装化動向
    1. 経済産業省主導「ナノセルロースフォーラム」の設立とその活動
    2. 地域におけるCNFに関する取組みの活発化
      1. 近畿地域における「部素材産業 – CNF研究会」の取組みとご紹介
      2. 他地域での取組みとその連携について
  7. CNF材料を使いこなす/どのように自社製品に取込んで行くかのポイントについて
    1. その方向性と実際例について
    2. どこのCNF材料から触るか、取り入れるか?
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/24 ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術 東京都
2019/7/25 高分子材料の末端基・構造解析テクニック 東京都
2019/7/26 SiCパワーデバイス実装と高耐熱樹脂材料の開発動向 東京都
2019/7/29 ゴムの架橋と特性解析・制御 東京都
2019/7/29 炭素繊維強化プラスチックス (CFRP/CFRTP) の技術動向とマーケット 東京都
2019/7/29 高分子材料設計におけるマテリアルズインフォマティクス適用の最新動向 東京都
2019/7/30 ポリウレタンの化学/構造・物性発現とキャラクタリゼーションノウハウ 東京都
2019/7/31 エポキシ樹脂の配合設計と硬化剤の選び方、使い方 東京都
2019/7/31 レオロジー測定の基礎と応用 東京都
2019/7/31 マイクロプラスチック問題解決に向けての紙材料・生分解性プラスチック 東京都
2019/7/31 人工皮革・合成皮革の入門講座 東京都
2019/7/31 酸化防止剤・光安定剤 活用のコツ 東京都
2019/8/1 レオロジー入門講座 東京都
2019/8/2 プラスチックフィルムの巻き取りプロセス設計とトラブル対策 東京都
2019/8/2 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2019/8/7 高分子劣化・変色のメカニズムと添加剤の選び方、使い方 東京都
2019/8/7 自動車における異材接合の現状・課題と将来展望 東京都
2019/8/9 自動車室内VOC・においの低減法と濃度分析 東京都
2019/8/9 ゴム材料の各種環境劣化メカニズムとその対策 東京都
2019/8/19 高分子材料トライボロジーの基礎と制御・評価方法 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/26 エンプラ市場の分析と用途開発動向 2013
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発