技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

反射防止・防眩フィルムの材料設計と性能評価

反射防止・防眩フィルムの材料設計と性能評価

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2016年10月27日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 ディスプレイ視認性向上のための生体模倣技術

(2016年10月27日 10:00〜12:30)

本講座では現在知られている、ディスプレイ視認性向上技術について、またそれに利用されている生物模倣技術について述べます。具体的には防汚、防曇、低反射、色再現性の向上技術について解説します。またその理解を助けるための表面化学、また分子レベルの表面の解析技術に関して化学の観点から詳細に解説します。

  1. 表面化学の基礎
    1. 界面現象
    2. 表面エネルギーの解析
      1. 表面の物理化学
      2. Zisman、Fowksの手法
      3. 具体的な表面エネルギーの算出と各種手法の比較
    3. 表面凹凸の影響
      1. Wenzelの手法
      2. Cassie – Baxterの手法
  2. 表面分析
    1. 表面分析の一般
    2. FTIR
    3. XPS
    4. Auger
  3. バイオミメティックスのディスプレイへの応用
    1. 生物表面の機能的なwettability
    2. 超撥水と超撥油による防汚
    3. 超親水性表面による防曇
    4. モスアイ表面の低反射
  4. ディスプレイ視認性向上技術
    1. ARフィルム
      1. ARフィルムの構造と製造装置
      2. 光学特性とARフィルムへの要求特性
      3. AR表面の防汚化技術
      4. 防汚材料
      5. AR表面の防汚膜
      6. 防汚メカニズム
      7. 指紋付着への影響因子
    2. 屈折率マッチング材料 (SVR)
    3. ITOパターンの非視認化
    4. 蛍光体シート
    • 質疑応答

第2部 ポリシロキサン系ハードコートの設計、屈性率制御と反射防止膜への応用

(2016年10月27日 13:15〜15:15)

  1. はじめに
  2. ハードコート (HC) の基礎
    1. なぜHCが必要か
    2. 表面硬度評価方法
    3. HC材料設計指針
    4. 代表的プラスチック用HC材料
  3. HC材料の基礎と応用
    1. HC材料開発の歴史
    2. ポリシロキサン (PS) 系HC材料
    3. PS系HC材料の実用化例
    4. PS系HC材料の課題
  4. HC材料の反射防止膜への応用
    1. 反射防止の原理
    2. HC膜の高屈折率化技術
    3. HC膜の低屈折率化技術
    4. 複層膜化による反射防止加工
  5. 今後の反射防止加工技術
    1. ワンコート反射防止膜
    2. 高機能反射防止膜
  6. まとめ
    • 質疑応答

第3部 防眩フィルムのギラツキとその制御並びに定量化技術の展開

(2016年10月27日 15:30〜17:00)

高精細パネルと防眩フィルムの組み合わせで発生するギラツキ現象を防止するための表面微細凹凸設計の考え方・手法について、具体的な応用例を挙げながら解説する。また、ギラツキを定量化する方法とそのフィルム開発への活用手段についても紹介を行う。

  1. 防眩フィルムとギラツキ
    1. 防眩フィルムの特徴
    2. ギラツキとは
    3. ギラツキ発生のメカニズム
  2. 表示デバイスの高精細化
    1. 表示体の画面解像度の変遷
    2. 防眩フィルムと液晶/有機EL表示体
  3. 防眩フィルムの設計
    1. 微細表面凹凸の設計と具体例 … 微粒子分散法
    2. 微細表面凹凸の設計と具体例 … 相分離法
    3. 微細表面凹凸の設計と具体例 … 転写法
    4. ギラツキの抑制手法
  4. ギラツキの定量化
    1. 目視による官能評価
    2. 装置による定量化
      1. 特許の紹介
      2. 市販の装置の紹介
    3. ギラツキ評価と防眩フィルム設計への活用
  5. 防眩フィルムの高性能化と今後の展開
    • 質疑応答

講師

  • 第1部: 大手ディスプレイ関連・ケミカルメーカー 研究者
  • 第2部: ティーエーケミカル 株式会社 顧問 工学博士 谷口 孝 氏 【元 東レ 株式会社 】
  • 第3部: 株式会社 ダイセル 研究開発本部 コーポレート研究センター 主任研究員 博士 (工学) 林 正樹 氏
  • 谷口 孝
    ティーエーケミカル 株式会社
    顧問
  • 林 正樹
    株式会社 ダイセル 研究開発本部 コーポレート研究センター
    主任研究員

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/5 シランカップリング剤の反応メカニズムと被覆状態の評価 東京都
2020/6/8 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2020/6/9 樹脂やフィルムにおける透明性と耐熱性の両立と応用 東京都
2020/6/10 塗布・コーティング膜の表面欠陥対策とその評価 東京都
2020/6/10 スパッタリング法による薄膜形成と内部応力抑制の勘どころ 東京都
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/12 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/17 フッ素化学入門 東京都
2020/6/18 ウェブの物性の理解とウェブの搬送および巻取りにおけるトラブルの原因と対策 東京都
2020/6/24 超親水・超撥水の制御と応用展開 東京都
2020/6/24 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/6/24 酸化物半導体薄膜技術の全て オンライン
2020/6/25 超撥水・撥油/超親水/高滑液性表面創製技術 東京都
2020/6/25 ミストCVD技術の開発と今後の可能性 東京都
2020/6/30 金属粉末3Dプリンタとその材料の技術動向 東京都
2020/6/30 異種材料接着における金属表面処理技術の基礎と応用 (耐久性および評価技術) 東京都
2020/7/2 めっきの基礎と応用 東京都
2020/7/7 シリカの分散・凝集制御とポリマー系ナノコンポジットのフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2020/7/8 高分子延伸の分子配向メカニズムと物性評価 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/9/1 マンガと写真でわかる初歩のシート成形
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2012/11/29 無電解めっき技術