技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリアミド樹脂の改質、成形加工と自動車部材へのを中心とした応用

ポリアミド樹脂の改質、成形加工と自動車部材へのを中心とした応用

東京都 開催

開催日

  • 2016年10月12日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • ポリアミド樹脂の基礎
  • セルロースナノファイバーとポリアミドの複合化
    • ポリアミド12 (低融点ポリアミド)
    • ポリアミド11 (低融点・バイオポリアミド)
    • PA6 (汎用エンプラ)

プログラム

第1部 射出発泡ポリアミド樹脂の外観不良抑制と自動車部材への応用

(2016年10月12日 10:30〜12:00)

  1. ポリアミド樹脂の特長 – 強度、耐薬品性、成形性 –
  2. 射出発泡成形に向けたナイロン樹脂の設計、改質
    1. 剛性向上
    2. 成形性向上
    3. 外観不良防止
  3. ポリアミド樹脂の射出発泡成形事例
    1. ガスの種類、発泡方法
    2. 発泡性
    3. 発泡セルの均一性
    4. 軽量化率
  4. 自動車部材への応用
    • 質疑応答

第2部 ポリアミド樹脂とセルロースナノファイバーの複合化とその特性

(2016年10月12日 12:45〜14:15)

  1. 透明樹脂
  2. 高強度樹脂
  3. バイオプラスチック
  4. スーパーエンプラ
  5. 重縮合
  6. 光反応
  7. 光分解
  8. 微生物
  9. ポリアミド
  10. ポリイミド

第3部 ポリアミド樹脂とセルロースナノファイバーの複合化とその特性

(2016年10月12日 14:30〜16:00)

 ポリアミドは、熱可塑性樹脂の中では親水性が高く、様々なフィラーとの複合化が比較的容易であることが知られている。ポリアミドには様々な種類があり、融点、親水性、流動性が大きく異なる。これら特性の異なるポリアミドとセルロースナノファイバーの複合例を示す。

  1. セルロースナノファイバー (CNF) の基礎と開発状況
    1. CNF材料の特性・性状
    2. 開発の現状
  2. 様々なポリアミドとの複合化
    1. ポリアミド12とカチオン変性CNFの複合化
      1. カチオン変性CNFの耐熱性
      2. 複合材料の物性
    2. ポリアミド11とカチオン変性CNFの複合化
      1. CNFバイオコンポジット
      2. 複合材料の物性、摺動性など
      3. 自動車用アロイ材料との比較
    3. ポリアミド6と疎水変性CNFの複合化
      1. 疎水変性CNFの耐熱性
      2. 複合化方法
      3. 複合材料の物性
  3. CNFと様々なポリアミドの複合化の可能性
    - セルロースには、どのようなポリアミドが適しているのか –
    • 質疑応答

講師

  • 祢宜 行成
    ユニチカ 株式会社 樹脂生産開発部 エンプラ開発グループ
  • 金子 達雄
    北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 環境・エネルギー領域
    教授
  • 仙波 健
    地方独立行政法人 京都市産業技術研究所 高分子系チーム
    チームリーダー / 研究副主幹

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 液晶ポリマーの材料設計と複合化、応用技術、高周波特性評価 東京都
2019/4/23 プラスチックの劣化評価・診断方法と成形品の破損トラブル解析 東京都
2019/4/23 車体軽量化の技術ロードマップと未来予測 東京都
2019/4/24 ポリウレタンの材料設計と分子構造・物性の制御 東京都
2019/4/25 プラスチック製品の強度設計 東京都
2019/4/25 レオロジーの必須基礎知識と測定・解析技術 1日速習講座 東京都
2019/4/25 レオロジー入門講座 東京都
2019/4/25 プラスチック・エラストマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 : 実践ガイド 東京都
2019/4/26 生分解性バイオマスプラスチックの基礎と構造制御による高性能化 東京都
2019/4/26 高分子ゲル材料の設計・構造制御および機能化 東京都
2019/4/26 イソシアナート活用のための総合知識と応用技術 東京都
2019/4/26 持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 東京都
2019/5/9 3Dプリンタ用フィラメントの材料設計と応用事例 東京都
2019/5/10 ポリマーアロイ、ブレンドの構造解析、物性評価 東京都
2019/5/13 高分子材料の耐衝撃性向上と評価 東京都
2019/5/13 ラミネート技術の基礎、応用と産業ニーズへの対応 東京都
2019/5/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2019/5/13 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2019/5/13 マレイミド樹脂の材料設計と合成 東京都
2019/5/14 放熱材料のための熱物性値測定・評価のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望