技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチックの破壊メカニズムと強度試験・評価法

プラスチックの破壊メカニズムと強度試験・評価法

東京都 開催

概要

本セミナーでは、2名の講師がプラスチックの破壊メカニズム、衝撃特性、強度設計からそれらの試験・評価法までを幅広く解説いたします。

開催日

  • 2016年9月29日(木) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • プラスチック製品の設計、成形、品質、評価に関連する技術者
    • 自動車・自動車内装
    • 家電
    • 携帯電話・スマートフォン
    • PC
    • 食品容器
    • 部品トレー
    • 建材
    • 看板 など
  • プラスチックの破壊、強度設計で課題を抱えている方

修得知識

  • プラスチックの破壊の基礎
  • タフニングのアプローチ
  • プラスチックの強度・衝撃特性の試験・評価手法

プログラム

第1部. プラスチックの破壊機構と強度設計

(2016年9月29日 10:00~12:35)

 プラスチックの強度は勿論高分子材料の構造とその構造の安定性に依存する。どのようにプラスチックの構造を設計すれば、信頼性の高い製品を作ることが出来るかは、プラスチックの破壊のメカニズムを理解することが基本的である。本セミナーでは高分子材料の破壊機構を解説する。

はじめに

  1. 固体高分子材料の弾性変形
  2. 高分子材料の塑性変形と破壊機構
    1. 結晶性高分子材料の塑性変形
    2. 非晶性ガラス状高分子材料の塑性変形
    3. 高分子材料のソフトニングとネッキング
    4. 配向硬化
    5. 延性破壊
      1. 熱可塑性高分子の延性破壊
      2. 熱硬化性高分子の破壊
    6. 変形速度が一軸伸張の塑性変形に及ぼす影響
    7. クリープ負荷での塑性変形
  3. 高分子構造材料のぜい性的破壊の機構
    1. ひずみの拘束による応力集中の機構
      1. 弾性変形による応力集中
      2. 塑性変形による応力集中
    2. ボイドの形成によるぜい性的な破壊
      1. 非晶性高分子のぜい性的な破壊
      2. 結晶性高分子のぜい性的な破壊
    3. 変形速度が破壊挙動に及ぼす影響
    4. 切り欠きを持つ結晶性高分子のクリープによるぜい性破壊
    5. アルミニュウム合金の破壊との比較
    6. 高分子材料の破壊条件と破壊力学
  4. デサインの調整によるタフニング
    1. 構造体のひずみの拘束と変形の安定性
    2. 非晶性ガラス状高分子 (ポリカーボネィト (PC) ) の強度設計
      1. PCの真応力 – ひずみ曲線の推定
      2. PC構造体の破壊条件の推定
      3. 種々の境界条件でのPC構造体のタフネスの予測
        1. 切り欠き先端半径の効果
        2. リガメントの厚さの効果
        3. 試験片の幅の効果
    3. 結晶性高分子 (ポリオキシメチレン (POM) ) の強度設計
      1. POM の真応力 – ひずみ曲線とボイドの形成と拡張状態の推定
      2. POMの破壊条件の推定
      3. 種々の境界条件でのPOM構造体のタフネスの予測
        1. 切り欠きの先端半径の効果
        2. リガメントの厚さの効果
        3. 試験片の幅の効果
    • 質疑応答・名刺交換

第2部. プラスチックの強度・衝撃特性とその試験・評価手法

(2016年9月29日 13:25~16:00)

 プラスチック材料の強度測定は、ほとんどの材料において測定されています。各メーカーのカタログを閲覧すると数値で記載されており、大変参考になるデータです。これらのデータは、静的荷重と言われ、規格で推奨されている試験方法で行われています。この試験によるデータは上記の通り、参考になるデータなのですが、実製品の使用では、低荷重が長時間かかる現象や高荷重が短時間でかかる現象が多くあります。
 本講演では、静的試験と動的試験の違いを説明し、短時間で高荷重がかかる現象 (衝撃) を多く取り扱い、静的荷重試験との比較を行いながら、実際の衝撃試験の様子のビデオを見ながら説明する予定です。

  1. プラスチックの基礎知識
    1. プラスチックとは
  2. 主な強度特性とその測定方法
    1. 静的試験
    2. 動的試験
    3. 材料試験における破壊
    4. 材料試験における応力集中
      1. 応力拡大係数について
      2. 楕円孔による応力集中
  3. 事例紹介
    1. プラスチック材料の強度試験
      1. プラスチック材料における静的強度試験のポイントと進め方
      2. プラスチック材料における衝撃試験のポイントと進め方
      3. 事例紹介
    2. 複合材料の強度試験
      1. 複合材料についての注意事項
      2. 複合材料における静的強度試験のポイントと進め方
      3. 複合材料における衝撃試験のポイントと進め方
      4. 事例紹介
        1. 炭素繊維系複合材料の事例
        2. 天然繊維系複合材料の事例
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区産業会館

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/4/27 架橋技術の入門講座 東京都
2018/4/27 原子間力顕微鏡 (AFM) の基礎とポリマー材のナノスケール力学物性評価 東京都
2018/5/10 高分子材料の残留応力メカニズムと低減化 東京都
2018/5/14 高分子材料の赤外スペクトル解釈 東京都
2018/5/14 自動車用高分子の衝撃試験 東京都
2018/5/15 樹脂中強化繊維の配向制御とその予測、評価 東京都
2018/5/16 高分子の延伸における分子配向・結晶化のメカニズムと物性制御 東京都
2018/5/17 高分子分野の新規開発テーマ 見つける・育てる・実らせる 愛知県
2018/5/17 プラスチック成形品、フィルムにおける残留応力・歪み発生メカニズムとアニール処理による対策 東京都
2018/5/18 トライボロジーの基礎講座 東京都
2018/5/18 高分子材料の難燃化技術と配合設計・プロセシング 東京都
2018/5/21 ゴム・プラスチック材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2018/5/21 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2018/5/21 自動車用防振ゴムの劣化メカニズムと耐久性試験・寿命予測 東京都
2018/5/21 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 東京都
2018/5/22 水性ポリウレタンの樹脂設計と架橋、フィラー複合化 東京都
2018/5/22 高分子の架橋反応メカニズムと物性制御、架橋パラメータの解析技術 東京都
2018/5/23 自動車マルチマテリアル化 最前線 東京都
2018/5/24 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発 東京都
2018/5/25 高分子材料の上手な溶媒への溶かし方 東京都