技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

IoT / M2M / Industry4.0 / CPS時代に対応する小型 / 薄型アンテナ設計と実装技術・最新動向

IoT:Internet of Things, M2M:Machine to Machine, CPS:Cyber Physical Systems

IoT / M2M / Industry4.0 / CPS時代に対応する小型 / 薄型アンテナ設計と実装技術・最新動向

~アンテナの基礎から小型・薄型化、マルチバンド化、広帯域化、実装技術の解説~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、アンテナの小型・薄型化、マルチバンド化、広帯域化、人体の影響、EMCなどを含めたアンテナ実装技術について、基礎から実践までわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2016年6月29日(水) 10時00分 17時00分

プログラム

 近年、身のまわりのすべての機器・モノをネットワーク接続するIoT (Internet of Things) /M2M (Machine to Machine) に注目が集まっています。また、こうした技術を産業分野に拡大し、CPS (Cyber Physical Systems) を構築し、米国や欧州などでは高度技術戦略と位置づけ、Industrial InternetやIndustry 4.0 などへと展開しています。
 特に、IoT/M2M機器の根幹となるモバイル/ウェアラブル機器、小型センサネットワーク機器においては、3G/4GやLTE, 無線LAN, RFID, ZigBee, WiMAX, UWBなど利用周波数帯の異なる複数の通信システムが搭載・共用されます。
 これらのシステムにおいて、アンテナは、電波の出入り口となるキーデバイスとなり、機器の小型化のためには、アンテナの小型・薄型化やマルチバンド化、広帯域化が重要となります。
 本講演では、IoT / M2M / Industry 4.0 / CPS (Cyber Physical Systems) 時代に対応するモバイル/ウェアラブル機器、小型センサネットワーク機器などのワイヤレスシステムにおけるアンテナをターゲットとし、アンテナの小型・薄型化や、マルチバンド化、広帯域化などに有効なテクニックを解説し、さらには、機器筐体の曲面部分へのアンテナ配置やアンテナ形状の変化に対する特性変動、人体の影響、EMCなどを含めたアンテナ実装技術について、アンテナ設計や研究開発に携わった経験をもとに、基礎から実践までわかりやすく解説します。

  1. アンテナの基礎
    1. 電磁放射発生のメカニズム~伝送線路からアンテナ
    2. 共振の利用
    3. アンテナの種類・分類
  2. アンテナの測定・評価パラメータ
    1. リターンロス特性、VSWR特性など
    2. 入力インピーダンス特性など
    3. 放射パターン、指向性利得、放射効率など
    4. 生体安全性、SARなど
  3. IoT/ M2Mにおける通信技術概要
    1. 第3、4世代移動通信
    2. WiMAX
    3. 無線LAN
    4. Bluetooth
    5. ZigBee
    6. RFID
    7. Ultra Wideband、Wireless USB
    8. Body Area Network、人体通信
  4. アンテナ設計の具体的なテクニック
    1. 小型化の手法
    2. マルチバンド化の手法~単一共振から複数共振へ
    3. 広帯域化の手法~複数共振から広帯域共振へ
    4. アンテナの具体的な設計・開発事例
  5. モバイル/ウェアラブル/センサ機器へのアンテナ実装技術
    1. アンテナ内蔵時の特性変動
    2. 機器筐体曲面部へのアンテナ配置と形状変化に対する特性変動
    3. 人体の近接による影響
    4. モバイル/ウェアラブル/センサ機器のEMC
  6. モバイル/ウェアラブル/センサ機器用アンテナの最新動向
    1. 筐体自体をアンテナとする手法
    2. メタマテリアルを利用したアンテナ
    3. ボディエリアネットワーク用アンテナ

講師

  • 越地 福朗
    東京工芸大学 工学部 基礎教育研究センター
    准教授

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/17 メタマテリアルの設計と応用 オンライン
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/8/28 LPWA (Low Power Wide Area) の詳細・最新動向・将来展望 オンライン
2020/8/31 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/9/2 電波吸収体の設計・測定 東京都
2020/9/4 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2020/9/4 非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術 オンライン
2020/9/9 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都
2020/9/9 生体情報計測による感情の可視化と活用事例 東京都
2020/9/16 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2020/9/18 メーカーにおけるAI・IoTに関するデータ利活用の法務の最新事情 東京都
2020/9/23 工場の改善とIoTによる設備自動化ライン構築の基本 オンライン
2020/9/23 5G、及びBeyond 5Gで求められる高周波対応材料の技術動向 オンライン
2020/9/24 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望 オンライン
2020/9/24 5Gの仕組みとビジネスチャンス オンライン
2020/9/28 5G/ローカル5Gの最新技術動向と6G (2030年) への展望 東京都
2020/9/28 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 オンライン
2020/9/30 5Gアンテナの実装設計 オンライン
2020/9/30 次世代のミリ波材料、ミリ波システム開発の為の必須知識 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書