技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

座り心地の良さを追求する自動車用シートの快適性向上

座り心地の良さを追求する自動車用シートの快適性向上

~消費者の嗜好に合わせた色・デザイン・触感で製品価値を向上させる~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2016年2月10日(水) 10時30分 16時10分

受講対象者

  • 製品のデザインに関わる担当者
    • 化粧品
    • 自動車
    • 家電
  • 自動車をはじめ、電車や新幹線、航空機、船舶など輸送機器の座席の研究・開発に関する方
  • 座ることを目的とする医療・福祉機器や椅子の研究開発、設計、評価に関わる方

修得知識

  • 人間工学の基礎
  • 日常生活における着座姿勢
  • 自動車シート用テキスタイルの触感 (風合い) 評価の方法
  • 人体の構造と特徴に基づく肉体疲労低減の考え方とシート開発の事例

プログラム

第1部 「自動車用シートの人間工学とその機能条件 – 座りの研究からのアプローチ – 」

(2016年2月10日 10:30〜12:00)

 シートに腰かける姿勢は、無理のある人体に相応しい姿勢ではない。如何に機能的なシートであっても、着座時間の限界は、2時間30分程度である。そこで、シート設計の基礎として人間工学の視点からこれまでの着座調査・実験結果をもとにシートの在り方を概説する。

  1. 人間工学の意味
  2. 生活姿勢と身体負担
  3. 座姿勢と身体構造
  4. 椅子のプロトタイプ 寸法・角度
  5. クッションの三層構造
  6. クッション材と姿勢保持
  7. シートの評価法
  8. シートに具備すべき条件
  9. いす・シートへの苦言
  10. 座育のすゝめ
  11. その他
    • 質疑応答

第2部 「自動車シート用布地/皮革の触感 (風合い) 評価 」

(2016年2月10日 13:00~14:30)

 触感 (風合い) のよい自動車シートの製品設計のために、シートの材料である布地や皮革の材料特性と人間の触感との関係を捉え、触感 (風合い) の評価方法を学ぶ。

  1. テキスタイルの触感 (風合い) の定義
  2. 触感の主観評価の方法
  3. 布の特性とその特性
  4. 布の触感の定量評価と評価式
  5. 応用例
    1. 自動車シート用布地の客観評価
    2. 自動車シート用皮革の客観評価
  6. 様々な測定装置及び測定部品
  7. まとめ
    • 質疑応答

第3部 「人間特性に基づく疲労低減シートの開発」

(2016年2月10日 14:40〜16:10)

 自動車シートは、乗員が最も長く広く接する部品であり、シートの快適性は、クルマの良し悪しを左右する非常に大切な性能の一つです。このシート快適性を向上するためには、人間特性を科学し、より深く理解して開発を行うことが非常に重要です。
 今回は、人間工学,生体力学,生理学的手法を用いた長時間走行時に疲れにくいシートの開発について解説します。

  1. 人間特性に基づく快適キャビン開発の考え方
  2. 疲れにくいシートの考え方
  3. 疲労低減運転姿勢の開発
  4. 長時間運転時の肉体疲労の定性および定量的評価
  5. 体幹部支持を考慮した疲労低減シート“ゼログラビティシート“の開発
    • 質疑応答

講師

  • 上野 義雪
    上野研究室
    主宰
  • 井上 真理
    神戸大学 大学院 人間発達環境学研究科
    教授
  • 平尾 章成
    日産自動車 株式会社 カスタマーパフォーマンス&CAE・実験技術開発本部 カスタマーパフォーマンス&実験技術部 HMI&エルゴノミクス実験技術開発グループ
    主担

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5階 第2講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 51,300円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,000円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 51,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 81,000円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/23 官能評価実験の計画、実施とデータの読み解き方 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/6 自動車室内VOC、においの規制動向とその分析 オンライン
2022/9/6 e-Axleの技術と市場展望 オンライン
2022/9/14 BEV・HEV用PCUとモータの冷却・放熱技術 東京都 会場
2022/9/15 パワーコンバータ用インダクタ/トランスの最新技術とその設計法 オンライン
2022/9/20 車載用電池市場における事業競争力と技術動向 オンライン
2022/9/22 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2022/9/22 LiDARを用いた自己位置推定の基礎と高度自己位置推定システム オンライン
2022/9/27 車載電子機器の放熱性を確保するための各種熱設計と封止技術 オンライン
2022/9/28 自動車の脱炭素化に向けた水素&eFuelの活用の可能性と課題 オンライン
2022/9/29 EV (電動化) の今後の動向とイーアクスルや、 EV用電池等の主要製品の今後の展望 オンライン
2022/9/29 触覚情報フィードバックの基礎と応用 オンライン
2022/10/3 自動車の電動化動向とLIB (リチウムイオン電池) 、関連部材の事業動向および日本の課題 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/11/30 ヒトの感性に寄り添った製品開発とその計測、評価技術
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/6/30 VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/2/26 高級感を表現する要素技術と評価法
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用