技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

クラウドWebサービス入門

クラウドWebサービス入門

~gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、クラウドのWebサービス化を実現するgaedirectの基本機能とプログラミング、HTML5との連携やGoogle Mapsとのマッシュアップ方法について解説いたします。

開催日

  • 2012年6月28日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • Webアプリケーション開発技術者
  • Google App Engineを使用したシステム設計/アプリケーション開発に携わる技術者・開発者
  • これからGoogle App Engineを使用したシステム設計/アプリケーション開発に携わる予定のある方
  • Google App Engineのプログラミングに課題・関心があるプログラマ、SE、ITアーキテクトの方

修得知識

  • gaedirectの基本機能
  • gaedirectによるプログラミング
  • gaedirectとHTML5との連携
  • gaedirectによるマッシュアップの方法

プログラム

 クラウドをWebサービス化することによって、スケーラブルで高度の可用性を維持するクラウドアプリケーションを、サーバ側のコーディングなしで作成することができます。
 このようなクラウドのWebサービス化を実現するツールとしてgardirectというものがありますが、gaedirectを使用することによって、GoogleのPaaS型クラウドApp EngineのNoSQL (Bigtable) を、ブラウザ側JavaScriptの簡単な記述のみで操作することができます。具体的にはNoSQLへのデータ登録 (永続化) ・参照・更新・削除、や条件検索などがJavaScriptの記述のみでできるようになります。さらにgaedirectでは、サーバプッシュによる動的データ表示や画像・動画データのクラウド環境アップロードもJavaScriptの記述だけで行うことができます。またこのようにして実現されるクラウドWebサービスと、HTML5や他のWebサービスを連携・マッシュアップすることによって、これまでにない強力なブラウザUI機能を実現することができます。
 本セミナーでは、クラウドのWebサービス化を実現するgaedirectの基本機能とプログラミング方法について解説し、次にHTML5との連携やGoogle Mapsとのマッシュアップ方法について説明を行います。

  1. クラウドWebサービス化の意義
    1. クラウドのサービスモデルと問題点
      1. クラウドのサービスモデル
      2. 分散キー・バリュー型データストアの特徴
      3. クラウドのWebサービス化
    2. クラウドのWebサービス化のメリット
      1. データストア構造の柔軟性
      2. 既存Webサービスとの連携
      3. HTML5クライアントとの連携
      4. 既存Webサービス+HTML5クライアントとの連携
    3. クラウドのWebサービス化の具体例
      1. 既存Webサービスとの連携サンプル
      2. HTML5クライアントとの連携サンプル
      3. クラウドWebサービスと既存Webサービス+HTML5でのアプリケーション作成
  2. インストールと設定
    1. Eclipse環境でgaedirectを使用する
      1. Java SEのインストール
      2. Eclipseのインストール
      3. Eclipse用のGoogle Pluginをインストール
      4. gaedirect20.zipの解凍とインポート
      5. クラウド環境で最初のプログラムを実行
      6. クラウド環境で最初のプログラムを実行
      7. クラウド環境での動作確認
  3. gaedirectを使った登録・参照・更新・削除処理 (基本編)
    1. gaedirectを使用した「標準エンティティ登録」
    2. gaedirectを使用した「標準エンティティ参照」
    3. gaedirectを使用した「標準エンティティ更新」
    4. gaedirectを使用した「標準エンティティ削除」
    5. スマートフォンでのCRUD処理 (基本スタイル)
    6. Hiddenフィールドを使用した登録・更新処理 (基本スタイル)
  4. 登録・参照・更新・削除処理 (展開編)
    1. UIコントロールを使用したサンプル
    2. ソフトスキーマとリストプロパティを使用したサンプル
      1. 登録処理
      2. 参照処理
      3. 更新処理
    3. 長文テキストデータの登録・参照・更新・処理
    4. 連想配列を使用したデータ処理 (スマートフォン)
    5. gaedirectオリジナル関数でのCRUD処理
  5. 条件検索
    1. 全件参照
    2. 合計額で昇順ソート
    3. メニューに「2」を含むエンティティを選択
    4. 料金で降順ソート・オフセット=3
    5. 人数で降順ソート・オフセット=2・リミット=5
    6. 料金で昇順ソート・料金が3000円以上
    7. 合計額で降順ソート・10000円≦料金<20000
    8. メニューが「3」 (洋食) 以外を含む
    9. メニューが「2」 (洋食) または「3」 (中華) を含む
  6. Google Maps APIによる動画記録の地図表示 ※マッシュアップサンプル
    1. Google Maps APIでの地図表示
      1. Google Maps APIでの地図表示
      2. 地図にマーカ表示・吹き出しを表示
      3. 複数マーカと吹き出し表示
    2. Google Maps APIでgaedirectを使用する
      1. Google Maps APIでgaedirectを使用する
      2. Google Maps API用のgaedirectを使用したCRUD処理
    3. gaedirectによる津波不亡の記録
  7. Channel APIとHTML5などの複合組み合わせで作る多機能チャット※HTML5連携サンプル
    1. Web Workersによるバックグラウンド処理
      1. バックグラウンド処理画面
      2. バックグラウンド処理プログラム
    2. Web SQL Databaseによるローカルストレージアクセス
      1. ローカルストレージアクセス画面
      2. ローカルストレージアクセスプログラム
    3. Channel APIとHTML5で作る多機能チャット
      1. 多機能チャットサンプル画面
      2. 多機能チャットプログラム

講師

会場

オームビル
東京都 千代田区 神田錦町3-1
オームビルの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 43,000円 (税別) / 45,150円 (税込)
1口
: 55,000円 (税別) / 57,750円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 57,750円(税込) (3名まで受講可能)
  • 早期申込割引:
    2012年3月26日 17:00までのお申込は、
    1名受講・1口受講とともに受講料から10%割引となります。

テキストについて

テキストとして、「 クラウドWebサービス入門―gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ 」 (3,360円) を使用いたします。
テキストが必要な方は、お申し込みのテキスト希望欄から「必要」をご選択下さい。
受講料と、テキスト代(実費)を合わせて請求させていただきます。

クラウドWebサービス入門―gaedirectによるHTML5連携とマッシュアップ

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

これから開催される関連するセミナーがありません。