技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化

固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化

東京都 開催

塩溶解メカニズム、イオン輸送現象、高次構造の影響、イオン伝導度の測定、デバイスの軽量化、薄膜化など、次世代イオニクス材料の実用化について詳解する技術セミナー!

概要

本セミナーでは、高分子の構造、塩溶解メカニズム、イオン輸送現象、高次構造の影響、イオン伝導度の測定技術など SPE の基礎から解説し、実用化に向けた問題点と課題、最新の研究成果について詳解いたします。

開催日

  • 2011年6月2日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • SPE の応用製品の技術者
    • リチウムイオン二次電池
    • 色素増感太陽電池
    • 固体高分子形燃料電池 など
  • SPE の研究開発者

修得知識

  • SPE の基礎
    • 高分子の構造
    • 塩溶解メカニズム
    • イオン輸送現象
    • 高次構造の影響
    • イオン伝導度の測定技術 など
  • SPE 実用化に向けた問題点、今後の課題
  • SPE の最新の研究成果

プログラム

 固体高分子電解質 (SPE) は、ポリエーテルなどの極性高分子と塩 (イオン源) から構成される新しい電解質材料である。これまでの電解質材料は、有機溶媒や無機系固体が主流であった。SPEは、液体などの漏洩が無く、かつ高分子特有の柔軟性を活かすことができる。このような特徴は、デバイスの軽量化や薄膜化につながるため、次世代イオニクス材料として注目されている。
 本講演では、SPEの基礎 (高分子の構造、塩溶解メカニズム、イオン輸送現象、高次構造の影響、イオン伝導度の測定技術など) を紹介し、実用化に向けた問題点や今後の課題について述べる。また、演者により進められている最新の研究成果についても紹介する。

  1. 基礎編
    1. 電解質材料とは
    2. 電解質材料の分類 (液体電解質と固体電解質)
    3. 固体高分子電解質の本質的な特徴
    4. 固体高分子電解質のはじまりと歴史
    5. 固体高分子電解質の構成素材
    6. 固体高分子電解質の種類
    7. 固体高分子電解質の構造
    8. 固体高分子中における塩解離とイオン生成
    9. 固体高分子中のイオン移動メカニズム
    10. 錯体形成と高次構造解析
  2. 測定・評価編
    1. イオン伝導度
      1. 測定法 (交流法と複素インピーダンス測定)
      2. 測定用セルの構造
      3. 測定システムの基本構成
      4. データ解析と結果の解釈
    2. イオン輸率
      1. 測定法の種類
      2. 測定システムの基本構成
      3. データ解析と結果の解釈
    3. その他の測定・評価
  3. 応用編
    1. 固体高分子電解質の応用【1】~リチウムイオン二次電池~
    2. 固体高分子電解質の応用【2】~色素増感太陽電池~
    3. 固体高分子電解質の応用【3】~固体高分子形燃料電池~
    4. 固体高分子電解質の応用【4】~その他の応用例~
  4. 研究の新展開編
    1. 現状のまとめと課題
    2. 最近の研究動向
    3. 富永研究室の研究紹介
      1. 二酸化炭素の応用 (1) 溶媒利用によるイオン伝導度の改善
      2. 二酸化炭素の応用 (2) 原料利用による新規高分子の合成
      3. 高分子/無機フィラー複合体の可能性
      4. メソポーラス化合物を充填した燃料電池膜用高分子複合体
      5. 固体高分子電解質を利用した帯電防止ポリマーアロイの開発
      6. その他
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 富永 洋一
    東京農工大学 大学院 工学研究院 応用化学部門
    教授

会場

東京流通センター

2階 第4会議室

東京都 大田区 平和島6-1-1
東京流通センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 47,250円 (税込)
複数名
: 38,000円 (税別) / 39,900円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/15 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2019/10/15 プラスチックおよびエラストマーの赤外スペクトルの読み方 東京都
2019/10/17 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2019/10/18 濃厚系・非水系・多成分系での微粒子/ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2019/10/18 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都
2019/10/18 全固体電池の基礎と最新の研究動向 東京都
2019/10/21 アクリレートモノマー・オリゴマーの種類、特徴、重合と新しい分子設計の考え方 東京都
2019/10/21 リチウムイオン電池の安全性評価と各国試験規格の基礎 東京都
2019/10/24 エポキシ樹脂の変性・分子設計による高耐熱化技術 東京都
2019/10/25 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2019/10/25 高分子材料・応用製品 難燃化の基礎と最新技術動向 東京都
2019/10/25 海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計 東京都
2019/10/25 微生物燃料電池の基礎と応用展開および微生物電気分解・電気合成の最新動向 東京都
2019/10/28 水・熱・光による高分子の劣化・変色メカニズムとその評価 東京都
2019/10/28 バッテリマネジメントとセルバランス技術 東京都
2019/10/28 高吸水性樹脂の特性・原理・製造・課題および生分解性付与と応用展開 東京都
2019/10/29 熱分解分析法による高分子材料分析 東京都
2019/10/29 プラスチックフィルムの表面処理・改質技術と接着性の改善・評価方法 東京都
2019/10/29 ゲル化剤の基礎、設計・調製と活用技術 東京都
2019/10/29 高分子材料の設計、高機能化と特性制御 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望