技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

MATLABプログラム事例解説Ⅲ アレーアンテナ

MATLABプログラム事例解説Ⅲ アレーアンテナ

目次

第1章 アダプティブアレーアンテナとアレーモデル

  • 1. 移動通信とアダプティブアレーアンテナ
  • 2. アダプティブアレーアンテナの動作としくみ
  • 3. アダプティブアレーと解析信号
  • 4. アダプティブアレーアンテナモデルとベクトル表示
  • 5. アレーアンテナとFIRフィルタ
  • 6. アダプティブアレーモデルとベクトル行列表示
  • 7. アダプティブアレー信号処理におけるベクトル行列演算
  • 8. MATLABによる通信信号の作成
  • 9. アレーアンテナ受信信号の計算

第2章 アレービームフォーミング

  • 1. アンテナビームパターンの導出
  • 2. 主なアレーアンテナビームフォーミング手法
    • 2.1 古典的手法
    • 2.2 参照信号型ビームフォーミング
    • 2.3 LMSアルゴリズム
    • 2.4 最大SNR法
    • 2.5 線形拘束付最小分散法 (Linearly constrained minimum variance, LCMV)
    • 2.6 CMA
  • 3. MATLABを使ったビームフォーミングのシミュレーション
  • 4. 周期定常性とビームフォーミング
    • 4.1 通信信号と周期定常性
    • 4.2 周期定常を利用したビームフォーミング (SCOREアルゴリズム)
    • 4.3 周期定常を使ったシミュレーション

第3章 到来方向 (Direction-of-arrival, DOA) 推定

  • 1. 到来方向推定
  • 2. Capon法を用いた方向推定 (従来法)
  • 3. Caponの最小分散法による推定
  • 4. 線形予測法
  • 5. 固有ベクトルに基づく手法
  • 6. 空間平均法による相関信号の到来方向推定
  • 7. 周期定常性を利用したDOA推定
  • 8. MATLABによるシミュレーション

第4章 信号の個数判定

  • 1. AICとMDL
  • 2. ABIC

執筆者

辻 宏之

独立行政法人 通信総合研究所
横須賀無線通信研究センター
無線アクセスチーム

主任研究官

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-R 117ページ

発行年月

2001年7月

販売元

tech-seminar.jp

価格

49,600円 (税別) / 54,560円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/17 ミリ波材料の基礎・評価方法およびミリ波回路設計・ミリ波システムへの応用 オンライン
2024/4/22 AI・IoT時代のデジタル信号処理 : 基本技術から応用例まで オンライン
2024/4/24 脳波計測・処理・解析・機械学習の基礎と応用および脳波データの活用方法 オンライン
2024/4/24 アナログとディジタルのフーリエ変換と信号処理 オンライン
2024/4/25 カルマンフィルタの実践 オンライン
2024/4/25 5G高度化とDXを支える半導体実装用低誘電特性樹脂・基板材料の開発と技術動向 オンライン
2024/4/26 電磁界シミュレーションの導入から活用まで 東京都 会場
2024/5/2 脳波計測・処理・解析・機械学習の基礎と応用および脳波データの活用方法 オンライン
2024/5/9 ウェアラブル生体情報センシングと感覚フィードバックを組み合わせたサービス展開 オンライン
2024/5/15 光変調器の基礎と技術動向 オンライン
2024/5/20 5G / ローカル5G、Beyond 5G / 6G最新動向 会場
2024/5/21 基礎からわかる生体信号の計測と情報解析・データマイニングのコツ オンライン
2024/5/21 シリコン系光導波路とフォトニクスデバイス集積技術の開発 オンライン
2024/5/27 シリコン系光導波路とフォトニクスデバイス集積技術の開発 オンライン
2024/5/28 インターフェアのメカニズムとEMC設計の基礎技術 会場
2024/5/29 非侵襲脳機能計測法を用いた神経科学の基礎とウェアラブル脳波計の最新動向・脳波の計測手法 オンライン
2024/6/11 メタマテリアル・メタサーフェスの光、電波制御への応用、今後の展望 オンライン
2024/6/14 Co-Packaged Opticsの最新動向と実装、光結合技術 オンライン
2024/6/14 光信号処理技術と光電変換デバイス最新動向 オンライン
2024/6/17 5G/6Gに向けた光ファイバ伝送技術の基礎と最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/6/30 生産プロセスにおけるIoT、ローカル5Gの活用
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/1/20 画像ワーピング技術とその応用
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書