技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望

2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望

~大容量(二次電池・キャパシタ)市場実態・予測・関連部材~

ご案内

 電力小売りの全面自由化の実施は2016年からですが、自由化をにらんだ企業の動きはすでに加速しています。
 東日本大震災を受けて、エネルギー政策の方向性として、クリーンエネルギーへの重点シフトが打ち出されています。すなわち、原発依存度を低減し、化石燃料依存度を下げるべく、省エネルギーを進めるとともに、再生可能エネルギーや蓄電システム等にエネルギー構造の重点を大きくシフトしてとされています。
 2012年1月に、経済産業大臣及び国家戦略担当大臣の先導(イニシアチブ)のもと、横断的な「蓄電池プロジェクトチーム」が発足しています。2020年に世界(ワールドワイド)全体の蓄電池市場規模の5割のシェアを日本の関連メーカーが獲得するのを目標としています。また、市場の獲得目標のみならず、目指すべき社会像を掲げることが重要との認識から、エネルギー・環境会議における検討等を踏まえつつ、蓄電池戦略では、蓄電池の普及により社会像を実現していくことも目標としています。
 大型(定置用)二次電池では、NAS電池が生産を再開、レドクッスフロー電池は13年度、溶融塩電池が15年度中に販売を計画しています。小型(民生・車載用)二次電池では、リチウムイオン電池(LiB)が、安全性の向上によって、応用市場の拡大と連携、今後も成長が予測されます。大型・電力用蓄電池(2020年度世界市場で1兆5,700億円を予測)への応用も期待されます。

目次

序章 大容量蓄電池注目市場の最新動向

  • 大容量蓄電池(二次電池・キャパシタ)関連市場

第Ⅰ章 大容量二次電池市場の動向と展望

  • 1. 大容量二次電池世界/国内市場の動向と実態(2011~20年度)
    • (1) 二次電池世界/国内市場概況(2013~2014年)
      • ① 二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ② 二次電池世界メーカーシェア(数量・金額)
      • ③ 大容量二次電池世界市場推移・予測(金額)
      • ④ 車載用二次電池別世界世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ⑤ 車載用二次電池出荷金額構成比率
      • ⑥ 産業用二次電池別世界市場推移・予測(容量・金額)
      • ⑦ 産業用二次電池出荷金額構成比率
      • ⑧ 車載用蓄電池別世界世界市場推移・予測
      • ⑨ 産業用蓄電池別世界世界市場推移・予測
  • 3. 大容量二次電池の種類と特徴
    • (1) リチウムイオン電池の特徴と種類
    • (2) リチウムイオン電池の課題と今後
    • (3) リチウムイオン電池の新材料の動向
    • (4) 大型ニッケル水素電池(Ni-MH)電池の動向
    • (5) レドックス・フロー電池の動向
    • (6) NAS電池(ナトリウムイオン電池)の動向
  • 3. タイプ別二次電池世界市場推移・予測(全体)
    • (1) タイプ別二次電池出荷数量推移・予測
    • (2) タイプ別二次電池出荷数量構成比率
    • (3) タイプ別二次電池出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別二次電池出荷金額構成比率
  • 4. タイプ別二次電池世界市場推移・予測(個別)
    • (1) タイプ別二次電池世界市場推移・予測(数量・金額)
    • (2) リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量・金額)
    • (3) リチウムイオン電池世界メーカーシェア(数量・金額)
    • (4) タイプ別リチウムイオン電池世界市場推移・予測
    • (5) ニッケル水素電池世界市場推移・予測(数量)
    • (6) ニッケル水素電池世界メーカーシェア(数量・金額)
    • (7) タイプ別ニッケル水素電池世界市場推移・予測
    • (8) 鉛蓄電池世界市場推移・予測(数量・金額)
    • (9) 鉛蓄電池世界メーカーシェア(数量・金額)
    • (10) NAS電池世界市場推移・予測(数量・金額)
    • (11) レドックス・フロー電池世界市場推移・予測(数量・金額)
  • 5. 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測
    • (1) 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量)
    • (2) 用途別リチウムイオン電池出荷数量構成比率
    • (3) 用途別リチウムイオン電池世界市場推移・予測(金額)
    • (4) 用途用リチウムイオン電池出荷数量構成比率
    • (5) 車載用リチウムイオン電池世界市場推移・予測(数量・金額)
    • (6) 車載用リチウムイオン電池メーカーシェア(容量・金額)
    • (7) 産業用リチウムイオン電池世界市場推移・予測(容量・金額)
    • (8) 産業用リチウムイオン電池メーカーシェア(容量・金額)
  • 6. メーカー別二次電池出荷数量・金額一覧(表)
    • (1) メーカー別二次電池出荷数量推移・予測
    • (2) メーカー別二次電池出荷金額推移・予測
  • 7. タイプ別二次電池メーカー出荷数量推移・予測
    • (1) リチウムイオン電池メーカー別出荷数量推移・予測
    • (2) ニッケル水素電池メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 鉛蓄電池メーカー別出荷数量推移・予測
  • 8. タイプ別二次電池メーカー出荷金額推移・予測
    • (1) リチウムイオン電池メーカー別出荷金額推移・予測
    • (2) ニッケル水素電池メーカー別出荷金額推移・予測
    • (3) 鉛蓄電池メーカー別出荷金額推移・予測
      【参 考】二次電池統計資料(経済産業省機械統計)I

第Ⅱ章 大容量キャパシタ市場の動向と展望

  • 1. 大容量キャパシタ(EDLC)市場の動向
    • (1) 電気二重層キャパシタの最新動向
    • (2) 電気二重層キャパシタの市場概況と動向(2008~20年度)
      • 世界市場推移・予測/世界シェア(各数量・金額)
      • 国内市場推移・予測/国内シェア(各数量・金額)
  • 2. 大容量キャパシタ(LiC)市場の動向
    • (1) リチウムイオンキャパシタの技術動向
    • (2) リチウムイオンキャパシタの特徴と用途例
    • (3) リチウムイオンキャパシタの市場概況と動向(2008~20年度)
      (世界市場推移予測/シェア(各数量・金額)/メーカー別出荷数量・金額推移・予測/用途別出荷数量・金額推移・予測/大容量キャパシタ/車載用/産業用)
  • 3. 大容量キャパシタ世界市場推移・予測
  • 4. 電気二重層キャパシタ実態調査集計資料
    • (1) 主要国内メーカー別出荷金額一覧(2011~16年度)
    • (2) 主要国内メーカー別出荷数量推移・予測
    • (3) 主要国内メーカー別出荷金額推移・予測
    • (4) タイプ別電気二重層キャパシタ市場推移・予測(全体)
      (タイプ別出荷数量推移・予測/構成比率(数量)/タイプ別出荷金額推移・予測/タイプ別構成比率(金額))

第Ⅲ章 大容量蓄電池部材市場の動向と展望

  • 1. リチウムイオン電池構成部材市場の最新動向
    • (1) リチウムイオン電池部材の最新動向動向
    • (2) リチウムイオン電池部材の概要と動向
    • (3) リチウムイオン電池構成部材の供給関係
      • ① リチウムイオン電池構成部材世界市場推移予測(数量・金額)
      • ② リチウムイオン電池構成部材世界市場構成比率(金額)
  • 2. リチウムイオン電池正極材の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池正極材の動向と実態
      • ① リチウムイオン電池正極材世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ② リチウムイオン電池正極材世界メーカーシェア(金額)
      • ③ リチウムイオン電池正極材メーカー出荷金額推移・予測
  • 3. リチウムイオン電池負極材の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池負極材の動向と実態
      • ① リチウムイオン電池負極材世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ② リチウムイオン電池負極材世界メーカーシェア(金額)
      • ③ リチウムイオン電池負極材メーカー出荷金額推移・予測
  • 4. リチウムイオン電池電解液の動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池電解液の動向と実態
      • ① リチウムイオン電池電解液世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ② リチウムイオン電池電解液世界メーカーシェア(金額)
      • ③ リチウムイオン電池電解液メーカー出荷金額推移・予測
  • 5. リチウムイオン電池セパレータの動向と展望
    • (1) リチウムイオン電池セパレータの動向と実態
      • ① リチウムイオン電池セパレータ世界市場推移・予測(数量・金額)
      • ② リチウムイオン電池セパレータ世界メーカーシェア(金額)
      • ③ リチウムイオン電池セパレータメーカー出荷金額推移・予測
  • 6 .キャパシタ用構成部材の動向と展望
    • (1) キャパシタ用構成部材の動向と実態
    • (2) キャパシタ用部材世界市場推移予測(~2020年度)/シェア
      • ① キャパシタ用部材世界市場推移予測/比率推移
      • ② キャパシタ別材世界市場推移予測/比率推移
      • ③ キャパシタ部材別世界市場推移予測/比率推移
      • ④ キャパシタ用電極材世界市場推移予測/シェア
      • ⑤ キャパシタ用電解液世界市場推移予測/シェア
      • ⑥ キャパシタ用セパレータ世界市場予測/シェア
  • 7. キャパシタ用部材メーカー出荷金額推移予測
    (電極材メーカー/電解液メーカー/セパレータメーカー)
  • 8. リチウムイオンキャパシタ関連技術の動向
    • (1) ナノハイブリッドキャパシタの技術動向
    • (2) ハイブリッドキャパシタの技術動向

第Ⅳ章 大容量蓄電池部材メーカーの動向と展望

※調査項目:企業概要、販売金額、事業・開発・生産動向等

  • 1. リチウムイオン電池正極材メーカーの動向と展望
    • (1) JX日鉱日石金属 株式会社
    • (2) 住友金属鉱山 株式会社
    • (3) 株式会社 田中化学研究所
    • (4) 戸田工業 株式会社
    • (5) 日亜化学工業 株式会社
    • (6) 日本化学工業 株式会社
    • (7) 新日本電工 株式会社
    • (8) 三菱化学 株式会社
  • 2. リチウムイオン電池負極材メーカーの動向と展望
  • 1 )JFEケミカル 株式会社
    • (2) 昭和電工 株式会社
    • (3) 東海カーボン 株式会社
    • (4) 東レ 株式会社
    • (5) 三井金属鉱業 株式会社
    • (6) 三菱化学 株式会社
  • 3. リチウムイオン電池電解液メーカーの動向と展望
    • (1) 宇部興産 株式会社
    • (2) 関東電化工業 株式会社
    • (3) ステラケミファ 株式会社
    • (4) セントラル硝子 株式会社
    • (5) 三菱化学 株式会社
    • (6) 森田化学工業 株式会社
  • 4. リチウムイオン電池セパレータメーカーの動向と展望
    • (1) 旭化成イーマテリアルズ 株式会社
    • (2) 宇部興産 株式会社
    • (3) 住友化学 株式会社
    • (4) セルガード(米国)
    • (5) 帝 人 株式会社
    • (6) 東レバッテリーセパレータフィルム 合同会社
    • (7) 三菱化学 株式会社
  • 5. 有力蓄電池部材メーカーの動向と展望
    • (1) エア・ウォーター 株式会社
    • (2) 三洋化成工業 株式会社
    • (3) 日本ゴア 株式会社
    • (4) 日本重化学工業 株式会社
    • (5) 古河電工 株式会社

第Ⅴ章 大容量蓄電池メーカーの動向と展望

  • 1. 二次電池国内メーカーの動向と展望
    • (1) NECエナジーデバイス 株式会社
    • (2) FDK 株式会社
    • (3) エリーパワー 株式会社
    • (4) 川崎重工業 株式会社
    • (5) 株式会社 GSユアサ
    • (6) 新神戸電機 株式会社
    • (7) 住友電気工業(株)
    • (8) 株式会社 東 芝
      (9日本ガイシ 株式会社
    • (10) パナソニック 株式会社
    • (11) 古河電池 株式会社
  • 2. 車載用リ二次電池メーカーの動向と展望
    • (1) オートモーティブエナジーサプライ 株式会社
    • (2) 日立ピークルエナジー 株式会社
    • (3) プライムアースEVエナジー 株式会社
    • (4) 株式会社 リチウムエナジージャパン
  • 3. 二次電池海外主要メーカーの動向と展望
    • (1) SKイノベーション(韓国)
    • (2) LG化学(韓国)
    • (3) BYD
  • 4. 大容量キャパシタメーカーの動向と展望
    • (1) エルナー 株式会社
    • (2) 岡谷電機 株式会社
    • (3) 株式会社 指月電機製作所
    • (4) ニチコン 株式会社
    • (5) 日本ケミコン 株式会社
    • (6) ルビコン 株式会社
  • 5. 大容量リチウムイオンキャパシタメーカーの動向と展望
    • (1) 旭化成FDKエナジーデバイス 株式会社
    • (2) JMエナジー 株式会社
    • (3) 新神戸電機 株式会社

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 210ページ

発行年月

2015年2月

販売元

tech-seminar.jp

価格

70,000円 (税別) / 75,600円 (税込)

媒体と価格

印刷版 70,000円(税別) 75,600円(税込)
CD-ROM (PDF) 70,000円(税別) 75,600円(税込)
プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 90,000円(税別) 97,200円(税込)
印刷版 + CD-ROM (PDF) 95,000円(税別) 102,600円(税込)
印刷版 + プレミアムCD-ROM (PDF + Excel) 110,000円(税別) 118,800円(税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 車載半導体・電子部品の品質保証 5時間集中講座 東京都
2019/9/25 自動車部品 (内燃機関系) メーカーが持つべき思考、成長戦略の構築とその実行 東京都
2019/9/25 車載電子製品・部品における放熱・耐熱技術と将来動向 東京都
2019/9/26 スラリー調製・分散評価の要点 東京都
2019/9/27 全固体電池の界面設計とイオン伝導性向上 東京都
2019/9/27 インピーダンス、パルス測定の基礎とリチウムイオン二次電池のデータ解析のポイント 東京都
2019/9/27 自動車用パワーエレクトロニクス技術 東京都
2019/9/27 高齢ドライバ時代における運転支援システム開発 東京都
2019/9/27 基礎から学ぶ内燃機関の高効率化・電動化対応技術の理論と実際 東京都
2019/10/4 LiDARにおける展望、市場動向と自動車の周辺認識技術 東京都
2019/10/4 ドライバ状態モニタリング / センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2019/10/8 自動車用エンプラ・スーパーエンプラの技術動向と応用展開 大阪府
2019/10/17 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都
2019/10/17 個別半導体車載認定規格: AEC-Q101, AQG324, JEITA ED-4711を中心とした信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/10/18 リチウムイオン電池 & 全固体電池製造技術の最新動向と展望 東京都
2019/10/18 駆動系潤滑油・添加剤の基礎と実用技術 東京都
2019/10/18 全固体電池の基礎と最新の研究動向 東京都
2019/10/21 リチウムイオン電池の安全性評価と各国試験規格の基礎 東京都
2019/10/23 誘導モータの基礎と応用の実際 東京都
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場