技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ

高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ

概要

本商品は「高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ」セミナーを収録したDVDと、セミナーで配布しているテキスト資料のセットです。
このセミナーでは、高分子の結晶化メカニズムの解析法について、最新の放射光X線による高輝度・高強度X線を用いた解析法、中性子を用いた解析法、熱分析法、界面における結晶成長の観察法などについて詳解いたします。

ご案内

 高強度、高弾性率プラスチック材料を作製する上で、結晶に対する理解は欠かすことができない。
 高分子の結晶化プロセスは、温度条件、せん断条件など外場によってその様相は大きく変化する。その様相を完全に捕らえて、更なる材料の高機能化を図る上で、高分子の結晶化メカニズムについて明らかにすることは非常に重要である。
 ここでは、ランダムコイル状態から三次元的に配列した結晶に至るまでのプロセス、繊維作成時、成形加工時における高分子の結晶生成プロセスなどを詳述する。特に、現在、非常に大きな進歩を遂げている結晶化メカニズムの解析法について取り上げる。最新の放射光X線による高輝度・高強度X線を用いた解析法、中性子を用いた解析法、熱分析法、界面における結晶成長の観察などについてである。これらの技術を用いた高分子の結晶化メカニズムに対する基本的な考え方、解析ノウハウについて述べる。

目次

  • 1.高分子の結晶の基礎
    • 1-1.結晶を見るために
      • 1-1-1.結晶の定義
      • 1-1-2.X線、中性子線、光
      • 1-1-3.散乱法と顕微鏡法
      • 1-1-4.散乱ベクトルと逆空間
      • 1-1-5.どんな形の結晶?(結晶格子)
      • 1-1-6.結晶はどれくらい入ってる?(結晶化度)
    • 1-2.高分子の高次構造
      • 1-2-1.ナノスケールの構造(結晶格子)
      • 1-2-2.サブミクロンの構造(ラメラ構造、長周期)
      • 1-2-3.ミクロンの構造(球晶、フィブリル)
      • 1-2-4.もっと大きな構造(成形加工品)
  • 2.解析方法について
    • 2-1.高分子結晶成長メカニズム
      • 2-1-1.高分子の結晶成長メカニズムについて(概論)
      • 2-1-2.ナノスケールの解析(結晶・ラメラ構造)
      • 2-1-3.成長速度の評価(球晶成長)
      • 2-1-4.温度による変化
      • 2-1-5.空間による変化
    • 2-2.結晶核ができるまで
      • 2-2-1.核ができるまでの構造って?
      • 2-2-2.多角的な解析
      • 2-2-3.解釈について
    • 2-3.成形加工時の結晶成長メカニズム
      • 2-3-1.測定装置、方法
      • 2-3-2.シシケバブ構造、繊維構造
      • 2-3-3.粘弾性と分子量の効果
  • 3.最新の測定技術
    • 3-1.量子ビームの基礎
    • 3-2.X線解析(SPring-8, PF)
      • 3-2-1.装置の概略
      • 3-2-2.いくつかの実例の紹介
    • 3-3.中性子線解析(J-Parc, JAEA, 海外の装置)
      • 3-2-1.装置の概略
      • 3-2-2.いくつかの実例の紹介
    • 3-4.顕微鏡観察法の最近の発展
  • 4. 測定データとその解析法について
    • 4-1.結晶成長メカニズムを明らかにするために
      • 4-1-1.どこに結晶があるのか?
      • 4-1-2.多面的な解析による解明法
    • 4-2.顕微鏡法・散乱法による解析
      • 4-2-1.データの効率的な処理のコツ
      • 4-2-2.解釈のためのコツ
    • 4-3.材料改質のために
      • 4-3-1.結晶成長メカニズムの制御のために
      • 4-3-2.さらに求める材料を開発するために
  • 5.高分子結晶、測定法についての議論

執筆者

松葉 豪

山形大学
大学院 理工学研究科
機能高分子工学専攻

准教授

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判フルカラーテキスト、DVD (講演時間 約235分) 209ページ

発行年月

2012年11月

販売元

tech-seminar.jp

価格

46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/17 プラスチックの残留応力の発生機構と応力解放に伴う各種事象の予測法 東京都
2018/12/18 UV硬化型樹脂の基礎と硬化過程の測定法及び評価・解析手法 東京都
2018/12/18 高分子材料の絶縁性向上とその評価 東京都
2018/12/19 ソフトマターにおける粘弾性相分離のメカニズムと材料開発への応用 東京都
2018/12/20 晶析操作の基礎と所望の結晶を創り出す戦略 東京都
2018/12/20 高分子の耐久性向上、劣化度評価、寿命予測 東京都
2018/12/21 ブリードアウト不良の原因と対策 東京都
2018/12/21 人工筋肉・力触覚応用による人にやさしい機器開発の基礎と実践法 東京都
2018/12/21 高分子材料の合成、重合反応とそのプロセス、工業化・実用化の総合知識 東京都
2018/12/25 高分子劣化のメカニズムと寿命評価技術 東京都
2019/1/10 ポリウレタンの構造、ポリオールとイソシアネートの使い方、工業的応用、測定評価 東京都
2019/1/11 自動車用樹脂窓に向けた耐摩耗性、耐擦傷性向上技術 東京都
2019/1/15 高分子材料中の添加剤分析 東京都
2019/1/17 フィラーの樹脂中への分散・配向技術とその応用 東京都
2019/1/18 航空宇宙分野における樹脂および炭素繊維複合材料の設計、採用、信頼性評価 東京都
2019/1/18 エポキシ樹脂の化学構造と硬化剤および副資材の使い方 東京都
2019/1/21 自動車窓ガラスの樹脂窓化と耐摩耗性、耐候性の向上 東京都
2019/1/21 UV硬化の基礎、硬化不良対策、影部のUV硬化 東京都
2019/1/22 自動車産業における樹脂材料・高分子複合材料の "これから" を考える 東京都
2019/1/23 アクリレートの種類、構造と選び方、使い方 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書