技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

洗浄剤 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

洗浄剤 技術開発実態分析調査報告書

~テーマ別動向予測シリーズ~

概要

本調査報告書は、洗浄剤に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
洗浄剤 技術開発実態分析調査報告書のPDF版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「洗浄剤」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
(1) どの洗浄剤関連企業にどのような技術の公開があるか
(2) 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか
(3) 最近注目する技術は何なのか
(4) 各企業間の連携状況はどのようになっているか
等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集と処理

本調査報告書は、「空調機」に関する過去約10年間 (国内公開日:1999年~2008年) に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」 ((株)日立情報システムズ製) を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」 (インパテック (株) 製) を使用した。特許情報公報の総数は10,771件である。

3. 報告書の構成

本報告書は次の三つの部分から構成されている。

  • (1) パテントマップ編
    • A.全般分析
    • B.詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
      ※キーワードにおいては、下記4グループの観点から分析を行った。
      • (A) 対象系キーワード (皮膚、身体など11個)
      • (B) 物理・化学量系キーワード (粘度、温度など8個)
      • © 特性・性質系キーワード (洗浄性、安全性など14個)
      • (D) 目的・効果系キーワード (簡易・容易、安定化など10個)
  • (2) パテントチャート編
  • (3) 総括コメント

4.本報告書の特徴

  • 「洗浄剤」に関する技術動向が分かりやすく把握できる
  • パテントマップ等で視覚的に理解しやすい
  • パテントチャートにて、特許の詳細情報が一覧できる

パテントマップ実例、本文中の実際のページ例

目次

Ⅰ. パテントマップ編

  • A. 全般分析
    • A-1. 公開件数の推移 (年次)
    • A-2. 公開件数の推移 (累計)
    • A-3. 出願人数の推移 (年次)
    • A-4. 出願人数の推移 (累計)
    • A-5. 新規発明者数の推移 (年次)
    • A-6. 新規発明者数の推移 (累計)
    • A-7. 新規FIメイングループ分類数の推移 (年次)
    • A-8. 新規FIメイングループ分類数の推移 (累計)
    • A-9. 新規FIサブグループ分類数の推移 (年次)
    • A-10. 新規FIサブグループ分類数の推移 (累計)
    • A-11. 新規Fターム分類数の推移 (年次)
    • A-12. 新規Fターム分類数の推移 (累計)
    • A-13. 出願人別公開件数ランキング (上位100)
    • A-14. 発明者別公開件数ランキング (上位50)
    • A-15. FIメイングループ分類別公開件数ランキング (上位50)
    • A-16. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-17. Fターム分類別公開件数ランキング (上位100)
    • A-18. 出願人別参入・撤退状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. FIメイングループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-20. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位40)
    • A-21. Fターム分類別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
    • A-22. 出願人別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-23. FIメイングループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差5件以上)
    • A-24. FIサブグループ分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
    • A-25. Fターム分類別公開件数伸長率 (上位50、件数差10件以上)
  • B. 詳細 (出願人、特許分類、キーワード) 分析
    • B-1. 上位20出願人比較分析
      • B-1-1. 公開件数の推移 (累計)
      • B-1-2. 新規発明者数の推移 (累計)
      • B-1-3. 新規FIサブグループ分類数の推移 (累計)
      • B-1-4. 新規キーワード数の推移 (累計)
      • B-1-5. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
      • B-1-6. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
      • B-1-7. 上位20Fターム分類との公開件数相関
      • B-1-8. 対象系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-9. 物理・化学量系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-10. 特性・性質系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-11. 目的・効果系キーワードとの公開件数相関
      • B-1-12. 対象系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-13. 物理・化学量系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-14. 特性・性質系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-15. 目的・効果系キーワードとの発明者数相関
      • B-1-16. 公開件数占有率
      • B-1-17. 公開件数の伸びと構成率比較
    • B-2. 上位5出願人個別分析
      • B-2-1-*. FIサブグループ分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-2-*. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-2-3-*. FIサブグループ分類別出現・消失状況 (最近40)
      • B-2-4-*. Fターム分類別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-5-*. 独自FI メイングループ分類別公開件数ランキング
      • B-2-6-*. 独自FI サブグループ分類別公開件数ランキング
      • B-2-7-*. 独自キーワード別公開件数ランキング (上位50)
      • B-2-8-*. キーワード別出現・消失状況 (最近40、公開件数5件以上)
      • B-2-9-*. 共同出願人との連携
    • B-3. 花王、ザプロクターエンドギャンブル、ライオンの3社分析
      • B-3-1. 3社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移 (年次)
      • B-3-2. 3社の花王上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-3. 3社のザプロクターエンドギャンブル上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-4. 3社のライオン上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • B-3-5. 3社のFIサブグループ分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-6. 3社のFターム分類別出現・消失状況 (公開件数上位20)
      • B-3-7. 花王の公開件数伸長率変遷
      • B-3-8. ザプロクターエンドギャンブルの公開件数伸長率変遷
      • B-3-9. ライオンの公開件数伸長率変遷
    • B-4. 上位特許分類分析
      • B-4-1. FIメイングループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-2. FIサブグループ分類別公開件数の推移 (上位20、累計)
      • B-4-3. FIメイングループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-4. FIサブグループ分類別出願人数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-5. FIメイングループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-6. FIサブグループ分類別発明者数の推移 (上位20、年次)
      • B-4-7. FIメイングループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-8. FIサブグループ分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
      • B-4-9. Fターム分類別公開件数占有率 (公開件数上位20)
    • B-5. 特定特許分類分析
      FIサブグループ分類:C11D3/37 (公開件数ランキング1位) 、A61K8/00 (同3位)
      Fターム分類:4H003BA12 (公開件数ランキング2位) 、4H003DA01 (同3位)
      • B-5-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-2. 特定Fターム分類の公開件数の推移 (年次)
      • B-5-3. 特定FIサブグループ分類の出願人数の推移 (年次)
      • B-5-4. 特定Fターム分類の出願人数の推移 (年次)
      • B-5-5. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-6. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移 (累計)
      • B-5-7. 特定FIサブグループ分類C11D3/37の公開件数伸長率変遷
      • B-5-8. 特定FIサブグループ分類A61K8/00の公開件数伸長率変遷
      • B-5-9. 特定Fターム分類4H003BA12の公開件数伸長率変遷
      • B-5-10. 特定Fターム分類4H003DA01の公開件数伸長率変遷
      • B-5-11. 特定FIサブグループ分類C11D3/37の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-12. 特定FIサブグループ分類A61K8/00の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-13. 特定Fターム分類4H003BA12の出願人別公開件数ランキング (上位50)
      • B-5-14. 特定Fターム分類4H003DA01の出願人別公開件数ランキング (上位50)
    • B-6. キーワード分析
      ① 対象系キーワード、② 物理・化学量系キーワード、③ 特性・性質系キーワード、④ 目的・効果系キーワード
      • B-6-1. キーワード別公開件数ランキング (上位100)
      • B-6-2. キーワード別出現・消失状況 (最近200、公開件数10件以上)
      • B-6-3. 対象系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-4. 物理・化学量系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-5. 特性・性質系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-6. 目的・効果系キーワードの公開件数の推移 (累計)
      • B-6-7. 対象系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-8. 物理・化学量系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-9. 特性・性質系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-10. 目的・効果系キーワードの出願人数の推移 (累計)
      • B-6-11. 対象系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-12. 物理・化学量系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-13. 特性・性質系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-14. 目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移 (累計)
      • B-6-15. 対象系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-16. 物理・化学量系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-17. 特性・性質系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-18. 目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
      • B-6-19. 対象系キーワードと物理・化学量系キーワードの公開件数相関
      • B-6-20. 対象系キーワードと特性・性質系キーワードの公開件数相関
      • B-6-21. 対象系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関

Ⅱ. パテントチャート編

  • 資生堂の時系列チャート分析 (2007年~2008年)
  • 三洋化成工業の時系列チャート分析 (2007年~2008年)
  • 資生堂の上位3キーワードと上位3FIサブグループ分類のマトリクスチャート (2007年~2008年)
  • 三洋化成工業の上位3キーワードと上位3FIサブグループ分類のマトリクスチャート (2007年~2008年)

Ⅲ. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : パテントマップの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 193ページ

発行年月

2009年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/31 化学・材料分野における拒絶理由通知への対応力向上セミナー オンライン
2022/2/10 半導体洗浄のメカニズムと微小パーティクルの除去、清浄度評価 オンライン
2022/2/15 医薬品製造におけるヒューマンエラー・逸脱事例と未然防止策 オンライン
2022/2/16 半導体洗浄の工学的基礎と要点、トラブル対策の視点 オンライン
2022/2/17 進歩性の意味、理解できていますか? オンライン
2022/2/17 AI/デジタルヘルスにおける特許戦略で考慮すべき事項と最新動向 オンライン
2022/2/18 データサイエンスで導くイノベーションと研究開発マネジメント オンライン
2022/2/21 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2022/2/24 機能水洗浄のメカニズムと進め方、機能水の選定、不純物分析 オンライン
2022/2/24 IPランドスケープ®実践に役立つ知財情報戦略 オンライン
2022/2/24 核酸医薬品・ペプチド医薬品などの 中分子医薬品における国内外の特許動向・分析 オンライン
2022/2/25 医薬品ライセンス契約のドラフティングと紛争回避・解決のポイント オンライン
2022/2/25 医薬品モダリティのライフサイクルマネジメント (LCM戦略) オンライン
2022/2/25 技術者、研究者のための特許請求の範囲の読み方 オンライン
2022/2/28 バイオフィルムを中心とした「ヌメリ」形成のポイントと評価・除去対策 オンライン
2022/2/28 戦略的知財ポートフォリオの立て方とライセンスイン・アウト時の注意点 オンライン
2022/3/3 特許の読み方、書き方超入門 オンライン
2022/3/8 日本および海外における体外診断薬特許戦略 オンライン
2022/3/10 微生物管理における同定試験向上のためのポイントと検査員教育法 オンライン
2022/3/14 効率的な特許調査・対策と有効な自社出願への進め方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)