技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新しいサーボ制御の基礎と実用化技術

新しいサーボ制御の基礎と実用化技術

目次

第1章 制御回路解析のための基礎数学

  • 1 基礎解析 (物理モデルから微分方程式へ)
  • 2 連続系の数学 (微分方程式から伝達関数へ)
    • 2.1 ラプラス変換とは
    • 2.2 ラプラス変換から伝達関数へ
    • 2.3 ラプラス変換の定理 (初期値定理と最終値定理)
    • 2.4 伝達関数とブロック線図
    • 2.5 オペアンプを用いた伝達関数の作り方
    • 2.6 複素関数とラプラス逆変換
  • 3 現代制御の数学 (伝達関数法から状態空間法へ)
    • 3.1 伝達関数の展開による多元式形
    • 3.2 状態方程式
    • 3.3 状態方程式の解法
    • 3.4 状態方程式の対角比
    • 3.5 状態方程式の正準形
    • 3.6 補説 (制御系の解析で有用な行列および行列式の数理)
  • 4 離散系の数学 (変換と差分方程式)
    • 4.1 ディジタル演算
    • 4.2 変換の計算法
    • 4.3 差分方程式とディジタル制御回路
    • 4.4 差分方程式を変換で解く逆変換の例解)

第2章 サーボ制御回路の理論と図式解析

  • 1 モータの伝達関数 (1次系伝達関数)
  • 2 フィードバックの物理と技術
  • 3 2次系自動制御 (速度制御と位置制御)
    • 3.1 1型速度サーボ回路の負荷試験 (オンラインシミュレーション)
    • 3.2 伝達関数の同定 (実験データからの推計と考察)
    • 3.3 サーボモータの電流ループ
    • 3.4 2次系伝達関数特性のまとめ
  • 4 伝達関数形の一般的考察
  • 5 古典制御と現代制御の相互変換
    • 5.1 1型サーボ (古典手法) に対する状態フィードバック (現代手法)
    • 5.2 現代制御的補 (拡張1型サーボ)
    • 5.3 古典制御的補償 (I-PD制御)

第3章 ディジタルサーボ回路の理論と図式解析

  • 1 アナログ制御からディジタル制御へ
  • 2 変換とディジタルサーボ回路の解析
    • 2.1 変換とパルス伝達関数
    • 2.2 連続系から離散系への変換
    • 2.3 実用的変換表示 (機能別変換表示)
  • 3 連続制御と離散制御の違い
    • 3.1 制御理論の立場からみた比較
    • 3.2 実用化技術の立場からみた比較
    • 3.3 実験技術の立場から
  • 4 離散系制御回路の動特性と安定解析
    • 4.1 純ディジタル制御系
    • 4.2 サンプルホールド制御系
  • 5 ソフトウェアサーボ実現技術

第4章 ロバスト制御技術-Ⅰ―古典制御方式による動特性改善実験

  • 1 ロバスト制御技術とは何か
  • 2 制御系の誤差 (偏差)
  • 3 古典的安定補償技術 (主としてPID補償について)
    • 3.1 安定補償の考え方
    • 3.2 自己改善形フィードバック (マイナーループのフィードバック)
    • 3.3 実現技術からみたPID補償
    • 3.4 実用的PID回路
  • 4 古典的PID回路
  • 5 電流ループと速度ループの共存性
  • 6 外乱抑制制御の基礎
    • 6.1 力学的構造
    • 6.2 外乱抑制技術の基礎
  • 7 実用的補償技術
    • 7.1 フィードフォワード (先回り制御)
    • 7.2 内部構造可変制御 (古典的立場から)

第5章 ロバスト制御技術-Ⅱ―ハイテク制御方式と外乱抑圧実験

  • 1 ハイゲイン方式 (負荷無応答方式)
  • 2 外乱オブザーバを用いたセルフチューニング方式
  • 3 加速度制御方式
  • 4 IPD制御方式

第6章 新しい制御技術を用いた実用化 (ファジィ制御からH∞制御まで)

  • 1 ファジィ制御と学習制御
    • 1.1 ファジィ制御
    • 1.2 学習制御 (繰返し制御、学習的制御、ニューラルネットワーク)
  • 2 最適制御とH∞制御

執筆者

本田昭制御技術指導センター
センター長
技術士 (電子応用)
自動制御工学分野
本田 昭

本田昭制御技術指導センター
インストラクター
城谷 聡美

監修

本田昭制御技術指導センター
センター長
技術士 (電子応用)
自動制御工学分野
本田 昭

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-R 202ページ

発行年月

1993年3月

販売元

tech-seminar.jp

価格

48,400円 (税別) / 53,240円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/2/20 連続生産におけるプロセス制御・品質分析技術とIoT・AI活用 東京都
2020/2/20 工場へのIoT、AI導入による自動化、省人化の進め方 東京都
2020/2/21 機械学習の手法と導入のポイント 超入門 東京都
2020/2/25 カルマンフィルタの実践 東京都
2020/2/27 マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータベース構築と記述子設計 東京都
2020/2/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 東京都
2020/2/28 実習セミナー Pythonで学ぶ機械学習と異常検知への応用 東京都
2020/3/2 機械学習による論文・特許文書解析と技術/市場動向の抽出 東京都
2020/3/2 小規模データセットのための実践的ディープラーニング 東京都
2020/3/3 人工知能による画像の品質評価と製品開発への応用 東京都
2020/3/5 BOM、3D-CAD、CAE、AIを活用した設計の効率化・高度化技術 東京都
2020/3/5 ディープラーニングの基礎と実践 大阪府
2020/3/5 PythonとExcelで理解するデータ分析入門 東京都
2020/3/6 Pythonを使った時系列データ分析 東京都
2020/3/6 エンジニアのための実験計画法 & Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 大阪府
2020/3/6 スパースモデリングの基礎、導入のポイントと実践 東京都
2020/3/9 テキストマイニングの進め方と研究開発業務への活用 東京都
2020/3/10 ディジタル信号処理によるノイズ・雑音の低減 / 除去技術 東京都
2020/3/10 機械学習の基礎と応用が分かる一日速習セミナー 東京都
2020/3/11 人工知能を活用した研究開発業務の効率化と導入のポイント 東京都