技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新しいサーボ制御の基礎と実用化技術

新しいサーボ制御の基礎と実用化技術

目次

第1章 制御回路解析のための基礎数学

  • 1 基礎解析 (物理モデルから微分方程式へ)
  • 2 連続系の数学 (微分方程式から伝達関数へ)
    • 2.1 ラプラス変換とは
    • 2.2 ラプラス変換から伝達関数へ
    • 2.3 ラプラス変換の定理 (初期値定理と最終値定理)
    • 2.4 伝達関数とブロック線図
    • 2.5 オペアンプを用いた伝達関数の作り方
    • 2.6 複素関数とラプラス逆変換
  • 3 現代制御の数学 (伝達関数法から状態空間法へ)
    • 3.1 伝達関数の展開による多元式形
    • 3.2 状態方程式
    • 3.3 状態方程式の解法
    • 3.4 状態方程式の対角比
    • 3.5 状態方程式の正準形
    • 3.6 補説 (制御系の解析で有用な行列および行列式の数理)
  • 4 離散系の数学 (変換と差分方程式)
    • 4.1 ディジタル演算
    • 4.2 変換の計算法
    • 4.3 差分方程式とディジタル制御回路
    • 4.4 差分方程式を変換で解く逆変換の例解)

第2章 サーボ制御回路の理論と図式解析

  • 1 モータの伝達関数 (1次系伝達関数)
  • 2 フィードバックの物理と技術
  • 3 2次系自動制御 (速度制御と位置制御)
    • 3.1 1型速度サーボ回路の負荷試験 (オンラインシミュレーション)
    • 3.2 伝達関数の同定 (実験データからの推計と考察)
    • 3.3 サーボモータの電流ループ
    • 3.4 2次系伝達関数特性のまとめ
  • 4 伝達関数形の一般的考察
  • 5 古典制御と現代制御の相互変換
    • 5.1 1型サーボ (古典手法) に対する状態フィードバック (現代手法)
    • 5.2 現代制御的補 (拡張1型サーボ)
    • 5.3 古典制御的補償 (I-PD制御)

第3章 ディジタルサーボ回路の理論と図式解析

  • 1 アナログ制御からディジタル制御へ
  • 2 変換とディジタルサーボ回路の解析
    • 2.1 変換とパルス伝達関数
    • 2.2 連続系から離散系への変換
    • 2.3 実用的変換表示 (機能別変換表示)
  • 3 連続制御と離散制御の違い
    • 3.1 制御理論の立場からみた比較
    • 3.2 実用化技術の立場からみた比較
    • 3.3 実験技術の立場から
  • 4 離散系制御回路の動特性と安定解析
    • 4.1 純ディジタル制御系
    • 4.2 サンプルホールド制御系
  • 5 ソフトウェアサーボ実現技術

第4章 ロバスト制御技術-Ⅰ―古典制御方式による動特性改善実験

  • 1 ロバスト制御技術とは何か
  • 2 制御系の誤差 (偏差)
  • 3 古典的安定補償技術 (主としてPID補償について)
    • 3.1 安定補償の考え方
    • 3.2 自己改善形フィードバック (マイナーループのフィードバック)
    • 3.3 実現技術からみたPID補償
    • 3.4 実用的PID回路
  • 4 古典的PID回路
  • 5 電流ループと速度ループの共存性
  • 6 外乱抑制制御の基礎
    • 6.1 力学的構造
    • 6.2 外乱抑制技術の基礎
  • 7 実用的補償技術
    • 7.1 フィードフォワード (先回り制御)
    • 7.2 内部構造可変制御 (古典的立場から)

第5章 ロバスト制御技術-Ⅱ―ハイテク制御方式と外乱抑圧実験

  • 1 ハイゲイン方式 (負荷無応答方式)
  • 2 外乱オブザーバを用いたセルフチューニング方式
  • 3 加速度制御方式
  • 4 IPD制御方式

第6章 新しい制御技術を用いた実用化 (ファジィ制御からH∞制御まで)

  • 1 ファジィ制御と学習制御
    • 1.1 ファジィ制御
    • 1.2 学習制御 (繰返し制御、学習的制御、ニューラルネットワーク)
  • 2 最適制御とH∞制御

執筆者

本田昭制御技術指導センター
センター長
技術士 (電子応用)
自動制御工学分野
本田 昭

本田昭制御技術指導センター
インストラクター
城谷 聡美

監修

本田昭制御技術指導センター
センター長
技術士 (電子応用)
自動制御工学分野
本田 昭

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-R 202ページ

発行年月

1993年3月

販売元

tech-seminar.jp

価格

48,400円 (税別) / 53,240円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/15 化学研究と人工知能技術の融合に関する基礎と応用事例 東京都
2020/4/17 AIを利用した医療機器における国内外の市場動向および開発のポイント 東京都
2020/4/21 Pythonで学ぶ「外れ値検出」の基礎 東京都
2020/4/23 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント 東京都
2020/4/24 メーカーにおけるAI・IoTに関するデータ利活用の法務の最新事情 東京都
2020/4/24 ベイズ最適化の基礎と応用およびPythonによる実装 東京都
2020/4/27 時系列データ分析の基礎・モデル化と異常検知・機械学習への応用 東京都
2020/4/28 カルマンフィルタの基礎から応用まで 東京都
2020/5/12 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 東京都
2020/5/13 音による故障検知および故障予知 東京都
2020/5/13 蒸留技術の要点とAIを活用した応用研究 東京都
2020/5/14 製造現場で使える実用的な人工知能技術とその実践 東京都
2020/5/14 AIによる顔画像識別技術の基礎原理と実際 東京都
2020/5/15 自然言語処理の基礎と活用方法 東京都
2020/5/18 実務に使えるスモールデータ解析 東京都
2020/5/18 ディープラーニング入門講座 : ディープラーニングの考え方と重要な基礎技術紹介 東京都
2020/5/19 機械学習を用いた分析スペクトルデータ解析の進め方 東京都
2020/5/19 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 東京都
2020/5/20 事業化成功・失敗例を踏まえたAI (人工知能) を用いた医療機器開発戦略とレギュレーション対応 東京都
2020/5/21 強化学習の基礎とPythonによるアルゴリズム実装 東京都