技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

先端半導体パッケージ向けガラス基板の動向と導体層形成、微細加工技術

先端半導体パッケージ向けガラス基板の動向と導体層形成、微細加工技術

オンライン 開催

開催日

  • 2024年7月19日(金) 10時30分 17時00分

修得知識

  • 半導体市場の動向
  • 半導体パッケージの技術の動向
  • ガラスの特徴
  • ガラスインターポーザの特徴
  • ガラス微細加工技術
  • シリコン・ガラス・有機インターポーザのメリット・デメリット
  • 3次元実装関連材料
  • ナノ粒子
  • 塗料
  • めっき
  • ガラスコア
  • ガラス基板加工の必要性、既存技術
  • 独LPKF社が開発したLIDE (Laser Induced Deep Etching) 技術とその応用

プログラム

第1部 先端半導体パッケージの技術動向とガラスインターポーザ

(2024年7月19日 10:30〜12:00)

 半導体市場は年々拡大しており、2023年実績は〜70兆円、2030年には100兆円に迫る勢いで成長を続けている。半導体の更なる高性能化・小型化には半導体素子の微細化が必須であるが、電気的課題・プロセス複雑化・高コスト化により更なる微細化は限界に近づきつつあると言われている。当該課題に対し、ロジックやメモリなど機能の異なる複数チップを1つの基板上に高密度実装し、スケーリングを保ちつつ高密度化・高性能化・低コスト化を実現する現実的な方法として2.x/3Dパッケージング技術が注目されており、そのキーコンポーネントとしてチップと基板を電気的に接続するインターポーザへの関心が高まっている。インターポーザ材料としては、シリコン・ガラス・樹脂があり、バンプの狭ピッチ化、配線の微細化等、多様化するパッケージ構造へ対応すべく精力的な開発が関連企業・研究機関で進められている。そして、このインターポーザが今後の先端半導体パッケージ高性能化において重要な役割を果たすと考えられている。
 本講演では、従来のシリコンインターポーザに対し、高速信号の伝送特性に優れ、かつ、低コスト化が期待されるガラス&樹脂インターポーザについて比較解説するとともに、インターポーザ製造に関わる要素技術 (穴あけ加工、メッキ等) についてガラスインターポーザを事例に述べる。また、3次元実装関連材料の動向についても触れる。

  1. 市場環境
    1. 半導体市場の動向
    2. 半導体パッケージ技術の動向
  2. ガラスインターポーザ
    1. ガラス物性
    2. ガラス微細加工技術
    3. Si・ガラス・有機インターポーザのメリット・デメリット
    4. ガラスインターポーザ製造要素技術 (穴あけ加工など)
    5. 次元実装材料の動向
  3. まとめ
    • 質疑応答

第2部 めっきプライマーのガラス貫通基板への適用

(2024年7月19日 13:00〜14:10)

 半導体基板のサブストレート、インターポーザーとしてガラスへの代替が有望視されている。ガラスへの導電化方法が各種提案されており、現行技術の課題とめっきプライマーの優位性について紹介する。

  1. めっきプライマーについて
    1. 構成要素
    2. 優位性
    3. 活用事例
  2. ガラス貫通基板について
    1. ガラスインターポーザー
    2. ガラスサブストレート
    3. 低誘電基板
  3. めっきプライマー「メタロイド」 のガラスへの適用
    1. 密着性、耐熱性
    2. 平滑性、寸法安定性
    3. 光学特性、誘電特性
    4. 絶縁信頼性、相関密着性
    5. ガラス貫通基板への適用
  4. 今後の開発動向
    1. ガラス貫通基板の将来性
    2. めっきプライマーの将来性
    • 質疑応答

第3部 ガラス基板への穴あけ、微細加工技術

(2024年7月19日 14:30〜15:40)

 次世代のパッケージ基板コア材としてガラス素材が注目されている。現在使用されている有機材料ではパッケージの大型化に対応が難しいためである。しかしながら従来のガラス加工方法では小径の貫通孔 (TGV) 加工の難点が多く、加工コストの上昇が懸念されていた。LPKFが開発したLIDE工法で高速かつ安定してTGVが製造できるようになった。TGV以外のガラスの微細加工技術を紹介する。

  1. LPKF会社案内
  2. 半導体先端パッケージ
    1. 半導体の微細化の必要性
    2. 半導体の微細化+パッケージ技術開発
    3. ガラスパッケージ例
  3. ガラスを使用する理由
    1. ガラス素材の利点
    2. パッケージ材料の比較
    3. 従来のガラス加工方法
  4. LIDE工法について
    1. TGV
    2. ガラスカッティング
    3. Cavity加工
    4. ダイシングライン加工
    5. 応用例
  5. LPKFビジネスモデル
    • 質疑応答

第4部 ガラス基材へのDry技術による導体層形成技術

(2024年7月19日 16:00〜17:00)

 AI技術などの発展における半導体パッケージング技術が大きく変わろうとしている。その中でもガラス基材の採用と関連技術の確立は、次世代以降の新しい半導体パッケージング技術のスタートとして非常に重要な状況にある。
 ここでは、次世代以降の半導体パッケージングに欠かせないガラス基材への導体層形成技術として、ガラス基材への高密着性、TGVへのカバレッジ性を実現するPVD技術について概説する。

  1. MV-PVD技術概要
    1. MV-PVD技術の開発経緯
    2. MV-PVD技術のメリット
    3. MV-PVD装置の特長
    4. MV-PVDプロセス
  2. ガラスへの導体層形成技術
    1. 導体層形成技術
    2. 高密着導体層技術
    3. TGVへのカバレッジ技術
    4. 回路形成技術
    5. 信頼性特性
  3. 前後プロセス関連技術
    1. アニール技術
    2. フォトリソ
    3. エッチング特性
  4. MV-PVD装置概要
    1. 販売概要仕様
    2. 装置構成とランニングコスト
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 竹田 諭司
    MirasoLab
    代表
  • 中辻 達也
    株式会社イオックス 研究開発部 複合材料グループ
    グループ長
  • 上舘 寛之
    LPKF Laser&Electronics 株式会社
    セールスディレクター
  • 上山 浩幸
    株式会社 JCU 総合研究所
    新規技術開発部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/8/6 ガラスの破壊と強度 オンライン