技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用

核融合 (フュージョン) のイノベーション技術と産業応用

オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

貴重な地下資源の消費を抑えつつ二酸化炭素を排出しない等の利点をもち、次世代原子炉の一つとして期待される核融合炉。
本セミナーでは、核融合炉の実現に向けた現状と今後の展望に関して、核融合の基礎から、エネルギー問題・脱炭素問題を同時に解決するフュージョン発電の最新動向、磁場閉じ込め方式、レーザー核融合方式で求められるイノベーション技術について解説いたします。

開催日

  • 2024年5月27日(月) 13時00分 17時00分

修得知識

  • 地球環境問題、エネルギー問題に関する情報の確認
  • 核融合炉開発に関する最近の動向と今後の展望

プログラム

 地球温暖化への対応として、世界は脱炭素化に向けて猛スピードで変化している。最近のEV (電気自動車) 市場の急拡大はエネルギー政策に大きな転換を促している。エネルギーと脱炭素化の両課題を同時に解決するイノベーションが小型核融合 (フュージョン) 発電である。「夢のエネルギー」である核融合発電への数千億円単位の巨額な投資資金をベースに40社以上の核融合ベンチャー (スタートアップ) 企業が約20年以内の実用炉の早期実現に向けて挑戦をしている。
 本講演では、投資資金が多く注目度の高い欧米のベンチャー企業のもつ画期的なイノベーション技術と応用展開について分かり易く紹介する。

  1. 核融合 (フュージョン) エネルギーとは何か?
    1. 脱炭素化時代の核融合エネルギー開発
    2. 核融合発電のしくみ
    3. 原子力 (分裂炉) 発電とどう違うのか?
    4. 核融合開発はどこまで進んでいるのか?
    5. 核融合反応を起こす高温プラズマとは何か?
    6. 高温プラズマを磁場で閉じ込める方法
    7. レーザーで核融合発電の方法
    8. プラズマを高温、高密度かつ定常にする方法
  2. 核融合ベンチャーへの過熱する投資と支援
    1. 今なぜ核融合発電が注目されているのか?
    2. 核融合ベンチャーへの巨額の民間投資と波及効果
    3. 核融合ベンチャーの支援活動状況
    4. 欧米と日本の核融合ベンチャーの違い
  3. 小型で経済的な核融合炉に向けた技術課題と革新的アプローチ
    1. イーター国際協力で進展するトカマク型核融合炉の技術課題とは何か?
    2. 中心構造物のないコンパクトなプラズマ閉じ込め方式の利点
    3. 磁化ターゲット核融合への新しいアプローチ
    4. 常温超電導強磁場コイルの利用
    5. 中性子フリーの魅力的な核融合反応の利用と新エネルギー回収法
  4. 核融合ベンチャーのイノベーション技術
    1. 常温超電導コイルによるトカマクの強磁場化技術と小型化
      • Commonwealth Fusion Systems (米国)
      • Tokamak Energy (英国)
    2. 中性粒子ビーム入射でFRC (反転磁場配位プラズマ) の加熱と定常化技術
      • Tri Alpha Energy Technologies (米国)
    3. プラズモイド (FRC) の加速、衝突合体と急速磁気圧縮と誘導型エネルギー回収技術
      • Helion Energy (米国)
    4. 磁化プラズマガンを用いたコンパクトトーラスの衝突合体圧縮技術
      • General Fusion (カナダ)
    5. シアフロー安定化Zピンチで超高密度・高温プラズマ生成技術
      • Zap Energy (米国)
    6. 液体金属用いた遮蔽、エネルギー回収と燃料増殖の炉工学技術
      • General Fusion (カナダ)
      • Zap Energy (米国)
      • First Light Fusion社 (英国)
  5. 核融合イノベーション技術の応用
    1. 高電圧大電流のパルスパワー装置
    2. 宇宙推進機
    3. 高温超電導モータによる電動化航空機
  6. まとめと今後の課題

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 ゼロから学ぶ再エネビジネス基礎講座 (全2回) オンライン
2024/5/23 FIP、コーポレートPPA等、2023年4月施行を踏まえて抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/24 核融合の開発競争とビジネスインパクト 東京都 会場・オンライン
2024/5/29 エクセルギーの基礎と実践的な計算・解析方法 オンライン
2024/5/30 EVを始めとした次世代自動車の普及展望とリチウム、コバルトなどLiB用金属資源の今後 オンライン
2024/5/30 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 東京都 会場・オンライン
2024/5/30 e-fuelはモビリティー脱炭素化の切り札となるか オンライン
2024/6/4 核融合炉 (フュージョン・エネルギー) の最新動向と構成材料の課題 オンライン
2024/6/4 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/6/4 ゼロから学ぶ電気事業と需給調整市場 東京都 会場・オンライン
2024/6/13 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 オンライン
2024/6/17 中高温用蓄熱技術の最前線 オンライン
2024/6/17 国内浮体式洋上風力の今後の展開とサプライチェーン展望 東京都 会場・オンライン
2024/6/28 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2024/6/28 次世代キャパシタ・高速蓄電デバイスの進化 オンライン
2024/7/8 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン
2024/7/9 脱炭素で注目の水素エネルギー: その活用のための「水素取り扱いの基礎」 東京都 会場・オンライン
2024/8/2 30兆円新市場で儲けるためのバイオメタネーション農業の基礎知識 オンライン
2024/9/26 アルカリ水電解の開発状況・課題と国内外の動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/2/25 2024年版 水素エネルギー市場の実態と将来展望
2024/1/26 2024年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2023/11/24 2024年版 脱炭素エネルギー市場・技術と将来展望
2023/9/8 2024年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2023/6/9 2023年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2023/5/31 アンモニアの低温・低圧合成と新しい利用技術
2023/3/10 2023年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2023/2/17 2023年版 水素エネルギーの市場予測と将来展望
2023/1/20 2023年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術
2022/11/21 海洋エネルギーの活用技術 (CD-ROM版)
2022/11/11 2023年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2022/9/30 水素の製造とその輸送、貯蔵、利用技術
2022/7/15 2022年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/11/19 世界のカーボンニュートラル燃料 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望