技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法

高機能化、高性能化のための表面処理法の基礎と表面分析法

~表面処理の基礎から処理条件検討や分析評価ノウハウまで~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、表面処理の基礎から解説し、耐摩耗性、潤滑性、耐食性、耐熱性、接着性、密着性など機能性の向上、処理条件の検討や分析評価のノウハウまで、様々な局面で必要となる表面処理を分類・整理して詳解いたします。

開催日

  • 2024年4月22日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 研究開発部門、分析部門、製造部門、品質保証部門など技術部門全般
  • 若手から中堅を中心とした担当者
  • 部署マネジメント、部下を教育する管理者、マネージャー

修得知識

  • 表面処理の基礎
  • 表面処理のポイント
  • 表面処理のための分析の基礎と活用法
  • 目的別分析手法の使い分け
  • トラブル解析

プログラム

 表面はあらゆる技術や製品の基盤となるものであり、現在扱われる材料やプロセス、技術、商品で表面が関与していないものは無いと言っても過言ではありません。これは言い方を変えると、現代は表面に支配されているということにもなります。これほど重要なものであることから、様々な表面処理法が開発され、利用されています。しかし、一方で表面はまだ未解明な部分も多く、そのため表面処理も実際には試行錯誤、トライ&エラーの中で行われているとも言えます。
 本講では、表面処理の基礎、ポイントから、処理条件検討やトラブル解析に必要不可欠な分析評価まで、その姿を明らかにして利用するためのアプローチについて、技術的テクニック、コツやノウハウから、考え方、アプローチに方法まで応用アプリケーションの事例を交えて解説します。

  1. 表面に支配される現代社会
    • イントロダクションとして様々な製品や技術と表面、海面の関係について整理します。
  2. 表面と表面処理
    • 表面の定義から、表面処理によってコントロールする表面の要素、表面処理に位置付けなどについて解説します。
      1. 表面 (薄膜) とは?
      2. 表面・界面の代表的事象
      3. 表面の要素
      4. 表面を支配するには
      5. 表面処理の背景 など
  3. 表面処理法の分類
    • 多種多様な表面処理法について、その全体像を理解するためにプロセスや用途などによって分類整理しながら解説します。
      1. 表面処理とは
      2. 代表的な表面処理
      3. 表面処理の分類
      4. 表面処理と目的
      5. 代表的金属の表面処理
      6. 金属表面処理の特徴
      7. 洗浄
      8. 洗浄処理のポイントと注意点
      9. 化成処理
      10. エッチング など
  4. 主な表面処理法の基本と特徴
    • 代表的な表面処理法について、その原理、プレセスや特徴から、注意点、得て不得手など適切な表面処理方法の選択を含めながら解説します。
      1. UV・オゾン洗浄
      2. UV洗浄の例
      3. UV処理と酸素量
      4. 「めっき」とは
      5. めっきの種類
      6. めっきの特徴
      7. 代表的めっき工程
      8. めっき処理のポイントと注意点
      9. プラズマ処理の原理
      10. プラズマ処理で発現する機能
      11. プラズマ処理と酸素量
      12. PVD (物理蒸着:PhysicalVaporDeposition)
      13. CVD (化学蒸着:ChemicalVaporDeposition)
      14. PVD v.s. CVD
      15. 成膜の主な用途と膜種
      16. スパッタリング
      17. 蒸着
      18. その他のプラズマ
      19. 溶射
      20. コロナ処理
      21. プラズマ処理とコロナ処理
      22. イオン注入
      23. グラフト重合 など
  5. シランカップリング反応
    • もっとも広範囲に利用されている表面処理方の一つであるシランカップリング処理について、より詳細に解説します。
      1. シランカップリング剤
      2. シランカップリング反応
      3. 代表的な処理方法
      4. 処理条件 など
  6. 接着のための表面処理
    • 表面処理の代表的用途である接着を例として、実際にどのような表面処理が行われているか、その効果などについて解説します。
      1. 機械的処理
      2. 化学的処理
      3. UV処理と剥離強度
      4. シランカップリング処理と剥離強度
      5. 注意点・ポイント など
  7. サンプルの取り扱い
    • 特に慎重な取り扱いが要求され試料の取り扱いにおける注意点、ポイント、ノウハウを解説します。
  8. 代表的表面分析手法
    • 表面処理最適化において欠かすことのできない表面分析手法について、個々にその原理、特徴、分析・解析のポイントなどに解説します。
      1. 表面分析の分類
      2. 多種多様な表面・界面分析手法について、その特徴や用途などによって分類すると共に、手法選択の考え方について解説します。
        1. 表面分析に用いる主な手法と選び方
        2. 表面・微小部の代表的分析手法
        3. 手法の選択
      3. X線光電子分光法 (XPS、ESCA)
        1. XPSの原理
        2. XPSの検出深さ
        3. XPSの特徴
        4. 元素同定
        5. 化学状態の同定
        6. 主な用途
        7. プラズマ処理 (XPS)
      4. オージェ電子分光法 (AES)
        1. AESの原理
        2. AESスペクトル
        3. AES測定例
        4. 主な用途
        5. XPSとAESの手法の比較
      5. X線マイクロアナライザ (EPMA)
        1. EPMAの原理
        2. 元素分布分析 (被着体金属基板の断面)
        3. 微小領域の元素分析手法
      6. フーリエ変換赤外分光法 (FT-IR)
        1. 赤外分光法 (IR) の原理
        2. FT-IRの長所・短所
        3. 測定法
        4. 周辺環境の影響
        5. 主な吸収帯
        6. 赤外分光の構造敏感性
        7. 全反射法 (ATR法)
        8. ATR法と検出深さ
        9. ATR測定における注意点
        10. In-situ FT-IR
      7. 飛行時間型二次イオン質量分析法 (TOF-SIMS)
        1. SIMSの概念
        2. TOF-SIMS装置の構成
        3. TOF-SIMSの概要
        4. TOF-SIMSの原理と特徴
        5. TOF-SIMSによる化学構造解析
      8. SEM
        1. SEM像
        2. 表面形状と組成
        3. SEM-EDS組成分析
      9. 走査型プローブ顕微鏡 (SPM)
        1. SPMとは
        2. 主な走査型プローブ顕微鏡
        3. 形態観察におけるAFMの位置づけ
        4. 観察例 (処理後表面)
        5. プラズマ処理 (SPM)
        6. 位相イメージング
  9. 深さ方向分析
    • 表面処理検討において欠かすことのできない深さ方向分析について、注意点、限界とこれを克服する方法について解説します。
      1. 深さ方向分析の重要性
      2. 一般的な深さ方向分析
      3. デプスプロファイルのワークフロー
      4. エッチングにおける注意点
      5. デプスプロファイル測定の設定のポイント
      6. イオンエッチングダメージ
      7. 従来法と問題点
      8. 新しいアプローチ など
  10. 解析の実例
    • 実際の解析例を用いて、表面処理とその解析の実務について解説します。
      1. 評価要素と手法 (洗浄)
      2. 評価要素と手法 (改質)
      3. 評価要素と手法 (成膜)
      4. 被膜欠陥
      5. SEM観察例 (LCD:ソース電極)
      6. プラスチックレンズの断面TEM写真
      7. UV照射による化学構造の評価
      8. 表面構造変化の解析 (XPS)
      9. 気相化学修飾法
      10. ポリイミドの表面処理層の深さ方向分析
      11. トラブル解析
  11. まとめと質疑

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 FT-IRの基礎と異物分析事例およびスペクトル解析のポイント オンライン
2024/5/24 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブル対策 オンライン
2024/5/24 高分子材料における添加剤の基礎知識と分析法、変色の特徴と分析技術 オンライン
2024/5/28 X線光電子分光法 (XPS、ESCA) の基礎と実務活用テクニック・ノウハウ オンライン
2024/5/29 ぬれ性のメカニズムと制御・測定技術 オンライン
2024/5/29 化粧品粉体の基礎と表面処理 オンライン
2024/5/30 溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術 オンライン
2024/5/30 めっき膜の密着性改善・剥離対策の考え方と分析・解析手法 オンライン
2024/5/30 高分子材料の構造・物性とラマン・赤外分光法による評価 オンライン
2024/5/30 ラマン分光法の基礎と分析事例 オンライン
2024/6/3 防汚コーティング技術の総合知識 オンライン
2024/6/4 プラズマCVD (化学気相堆積) 装置による高品質薄膜の成膜技術、および量産化対応 オンライン
2024/6/5 顔料の分散安定化と使いこなし術 オンライン
2024/6/6 めっき技術の基礎と品質トラブル対策 東京都 会場
2024/6/7 めっきの基礎および不良要因とその対策 オンライン
2024/6/7 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2024/6/10 FT-IRの基礎と異物分析への実践応用テクニックとコツ・ノウハウ オンライン
2024/6/11 塗布膜におけるぬれ・広がり挙動、乾燥中の粒子挙動とその制御 オンライン
2024/6/12 FT-IRを用いた樹脂の劣化解析と寿命予測への活用可能性 オンライン
2024/6/13 トライボロジーの基礎、メカニズムと表面分析 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/1 反射防止フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/4/1 反射防止フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2023/8/31 “ぬれ性“の制御と表面処理・改質技術
2023/5/31 塗布・乾燥のトラブル対策
2022/5/31 樹脂/フィラー複合材料の界面制御と評価
2022/5/20 コーティング技術の基礎と実践的トラブル対応
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻)
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻) (製本版 + ebook版)
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/7/30 ダイ塗布の流動理論と塗布欠陥メカニズムへの応用および対策
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/1 超撥水・超親水化のメカニズムとコントロール
2009/6/30 目的に合った界面活性剤の上手な使い方と選定方法