技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

水系コーティング液のトラブル原因と添加剤による対策

水系コーティング液のトラブル原因と添加剤による対策

~材料設計と塗布・膜特性を左右する添加剤の特徴と最適な選定法 / 水系化に伴う分散、塗工、乾燥不良の対策法 / バイオマス原料、再生可能原料を用いた添加剤の配合とその効果~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、塗料やインキに加え、電極スラリーなどコーティング液の製造・調整から塗布乾燥までのプロセスにおいて、各局面で発生する問題について、その原因と対策を解説いたします。

開催日

  • 2023年11月15日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 粒子の分散安定化
  • 塗布工程の作業性向上
  • 塗工膜の平滑化
  • 外観不良対策
  • すべり性の向上
  • 撥水/親水性の制御
  • 耐擦傷性の向上

プログラム

 塗料やインキに加え電極スラリーなど、コーティング液の製造・調整から塗布乾燥までのプロセスにおいて、各局面で発生する問題について、その原因と対策を解説する。
 特に水系材料は液の状態では高極性、塗布乾燥後には相対的に低極性塗膜となるように、極性の変化や表面張力の変化が大きな材料系である。非極性粒子の濡れ及び分散安定化、基材への濡れ性、泡の抑制・除去、レオロジー特性の制御など、多くの単位技術が盛り込まれている。ここではよく見られるプロセス上の技術的問題と対策を、添加剤技術を中心に紹介する。
 化学が専門でない方にも理解していただけるよう、基礎的な概念をおさえたうえながら、できる限りわかりやすく説明したい。技術的課題解決の紹介にあたっては、塗料・インキ・インクジェット・電池・接着剤の分野など、その例を幅広く取り上げる。またカーボンニュートラルやSDGs達成の視点から、バイオベース製品に有用な、再生産可能原料を使用した添加剤も紹介する。

  1. 水系コーティング液の調整時の課題は
    1. 濡れ性がまず課題となる有機顔料と安定化が課題の無機顔料・フィラー
    2. 粒子の沈降の防止も大きな課題
    3. 粒子の分散安定化の基礎的な考え方
    4. 分散安定化を図る湿潤分散剤の構造と特徴点
  2. 水系コーティング液の塗布・乾燥時の課題
    1. 下地への濡れ不良と表面張力
    2. 汚染物によるはじきの不具合を改善する
    3. 必須課題である泡の問題の解決には
    4. マイクロフォームとマクロフォーム除去の消泡剤
    5. 環境負荷低減 バイオベースの消泡剤
    6. 形状を保持する、たれを抑制するレオロジーコントロール技術
    7. レオロジーコントロール剤・増粘剤の構造と特徴
    8. 層状ケイ酸塩とセルロース系増粘剤の相互作用
    9. 層状ケイ酸塩LAPONITEによるピッカリングエマルジョンの利用
    10. 増粘剤の選定では粒子や他の材料との相互作用にも注意
  3. 膜の特性と評価
    1. 表面の平滑性を向上するには
    2. 表面調整剤による膜特性の向上
      • スリップ
      • 撥水
      • 超親水性
    3. 塗り重ねでの不具合
    4. バイオベースワックス系粒子による表面保護・タック防止
    5. 層状ケイ酸塩LAPONITEによるバリア効果・帯電防止効果付与
    6. 膜の評価方法
      • 透明性
      • 平滑性
      • 光沢
      • ヘイズ
    • 質疑応答

講師

  • 若原 章博
    ビックケミー・ジャパン株式会社 イノベーションディベロプメント
    統括

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン
2024/3/6 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/8 ウェットコーティング・単層、重層塗布方式の基礎とダイ膜厚分布・特許・塗布故障 オンライン
2024/3/12 接着制御・メカニズム解析の考え方と分析評価法 オンライン
2024/3/13 ぬれ性の基礎知識と測定・制御方法 オンライン
2024/3/14 ポリマー表面へのタンパク質吸着制御と評価、表面設計 オンライン
2024/3/14 スラリーの特性・挙動と評価・制御の勘どころ 会場・オンライン
2024/3/14 (ナノ) カーボン材料の分散制御・表面処理技術とその評価法 オンライン
2024/3/14 「濡れる」現象の本質理解 オンライン
2024/3/15 ぬれの基礎と実用的な撥水・撥油/親水処理技術の最新研究開発動向 オンライン
2024/3/15 乳化重合・ソープフリー重合の基礎とポリマー微粒子の合成技術 オンライン
2024/3/18 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2024/3/19 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/21 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策 オンライン
2024/3/22 めっきの基礎および処理方法とトラブル対策 オンライン
2024/3/26 コールドスプレーの原理・メカニズムと応用事例 オンライン
2024/3/26 増粘剤・ゲル化剤の基礎およびその特性・用途・評価方法 オンライン
2024/3/26 スラリー中粒子の分散・凝集状態制御と評価技術 オンライン
2024/3/26 液膜の塗布・乾燥プロセスで生じる各種膜厚ムラの形成機構と抑制法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/8/31 分散剤の選定法と効果的な使用法
2022/5/20 コーティング技術の基礎と実践的トラブル対応
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻) (製本版 + ebook版)
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻)
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/7/30 ダイ塗布の流動理論と塗布欠陥メカニズムへの応用および対策
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2012/10/31 ハイブリッド・デュアルUV硬化の実践的活用
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/1 超撥水・超親水化のメカニズムとコントロール